Why I Came To California

20160630.jpg

時々行く都内の仕事場の窓辺。
たま〜にネコちゃんが横切ります。
昨日もパソコンに向かっていたら
なんとなく左側に動く気配を感じたので
外に目を向けると
ネコちゃんがこちらをじーっと見ていました。

手を振ると
「なんだ、こいつ?」って顔をして
しばらく固まっていましたが
2m50は高さがありそうな塀の上を
時々こちらを見て立ち止まるのを繰り返しながら
通り過ぎていきました。

きっと彼(彼女?)のいつものルートなのでしょうね。
私は時々しかこの仕事場には来ないので
時々手を振るだけの私を
新参者として見ているのでしょう。笑
早く、いつも手を振るけど何もくれない人、と
認識してもらえるといいな〜。

さてさて今日の音楽ですが、、、。
ここのところブラジル続きでしたので
原点回帰。
やっぱりブラック・ミュージックは私にとっては基本です。
そしてキーワードの年は1982年。
なぜか好きなアルバムが多い年。

その好きなアルバムの中から
今日作業中に引っ張り出して聴いていたのは
Leon Wareさんの1982年のアルバム「Leon Ware」。
ものすごいmusicianが集結している上に
曲もとっても良くてハズレ曲無し!
どこを引っ張りだしても勉強になるすごいアルバムなのです。

今日のリンク曲は
参加させていただいてる大人バンドOBもカバーしている曲
「Why I Came To California」。

マントラのジャニスさんの歌い方がめちゃかっこよくて
ソフトなリオンさんとの絡みがたまりません。
それになんといってもDavid T. Walker!
ほぼ聴こえてこないくらいですが後半のギターがたまらないっ。
流石!わかってらっしゃる!!! って泣けてきてしまう。
そしてChuck RaineyさんとJames Gadsonさんのリズム隊。
こういうのを聴くとものすごいほっとします。
最高ですT-T。


LEON WARE "Why I Came To California"

そしてもう一曲。
 ↑ のカリフォルニアではあまり聴こえなかったDavid T. Walkerさんのギターに
いきなりしびれてしまうこの曲「Words Of Love」も是非!
この音色は、たまりませんーっT-T。


Words of Love- Leon Ware

-----------------------------------
おまけ

そのOBことOut of Boundsのライブ ↓ 。
このライブの時、
体調を崩して全く声が出なくなる体験をしました。
ライブは近づいてくるのに
1週間経っても3週間経っても声が全然出なくて
「このままではみんなに迷惑をかけてしまう!!!」と
毎日目覚めるのが怖かったことを記憶しています。

前日までほとんど出なかったし、
当日も話しをすると、咳込み&ガラガラ声だったので
このライブ中になんとか声が出たのは、おそらくミラクルです。

jojoさんが録ってくださったこの映像は
「とにかくやるんだ!」ということを振り返ることのできる
私にとってはものすごく思い入れのある映像です。
私の心の日記的に今日はリンクしておきます。

みんなにとって大切なライブ本番なのに
体調の悪かった私を全く攻めること無く
「いや、体調管理しろ、って言ったって
 うまくいかないときも生きていればあるんだよ、、」と
あたたかく見守ってくださったメンバーの方にも大感謝。
「人」の優しさにも感激した一日でしたT-T。

あの時はヒヤヒヤでしたが
今思うと本当に良い経験をさせていただきました。
経験しないとわからないことばっかりですね。
恐れず今できるこの環境や仲間に感謝して
これからもいろいろトライしていきたいと思います!
何はともあれ、健康第一!


Out of Bounds - Why I Came to California

| コメント(4)

コメント(4)

ああ、声が出ない。。。そんなこともありました。
本番はそんな様子は微塵もないパフォーマンスで、いいライブになりましたね。
あそこから、少しはバンドらしく纏まった演奏が出来るようになった気がします。
こうして演奏できるのも健康ありきですね。いつまでも元気でいられるようご自愛ください。これからも宜しくです!

takemooさん

わぁ!コメントをありがとうございます。
あの時は本当にみなさんに助けていただきました。
OBはなんて大人なバンドなんだー、って実は感激しておりました。
ホント、健康第一ですよね。
takemooさんもいろいろ心配ですが、どうかどうかご自愛くださいませ。
これからもいろいろ教えてください!
どうぞよろしくお願いいたします!!

「いつも手を振るけど何もくれない人」!(笑)
きっとこのネコちゃんは今ではたまに来る「新参者」を
明らかに意識しているでしょうね。

体調が最悪の中のライブ。
お客さんやメンバーの為に!って思うと、
ミラクルって起きるんですね。
でも無理してしまうと、もっと大変なことになったかもしれません。
やっぱり健康なのが一番ですね。


このブログで紹介してくれている曲、
恥ずかしながら知らない曲が沢山(^^;)

でもこのWhy I Came To California、知ってました!
行ったことのある地名も沢山出て来るし。
メロディーもリズムもとってもいい曲ですね!

セミ博士さん

なかなかこのネコちゃんには会えないのですが
時々通るのです。
高い塀の上を絶妙なバランスで歩いていきます。
新参者と友達になってほしいな〜。笑

毎日のように歌っていた時期もありましたが
あんな声が全く出なくなったという経験は初めてでした。
迷惑をかけてしまう、という恐怖でいっぱいの日々でしたが
本番のときだけ、とりあえずなんとかなったというのは
やっぱりミラクルです。笑
ホント、健康一番ですね!!
セミ博士さんもご自愛下さいね!!

この曲、OBではワタカル、と呼んでいます。笑
そっか、セミ博士さんは住んでいたところと近いエリアの歌かな。
大好きな曲だったのでOBで出来てとっても嬉しいです。
この曲、ご存知のセミ博士さん、かなりのマニアです!笑

コメントする

2016年7月

Su Mo Tu We Th Fr Sa
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            











月別 アーカイブ