Gentle Smiles

20110726_1.jpg

夏らしい陽気が戻ってきました。
暑いのは大変だけど
やっぱり夏は暑くないと
なんかパッとしませんね。
やっぱり暑いとビールも美味いっ!ってもんです。笑

20110726_2.jpg

ベランダにいたら
バタバタと騒々しい音が近づいてきたので
空を見上げると
ヘリコプターのV字飛行が近づいてきました。
飛行練習?
こっちに向かって来たー、と思ったら
くるっと一回り方向転換して
また戻っていってしまいました。
練習、終わりかな?

20110726_3.jpg

空を飛ぶ方をもう一方ご紹介。
玉虫ちゃんです。
ベランダの前の林に
今年はすっごいたくさんの玉虫ちゃん達が
浮遊感たっぷりな感じで
ぼわーんと飛び交っています。
すごくかわいいです。
でも案外スピードが速いので
うまくカメラに収めることができません。
↑ 上の写真がやっとの一枚。
実際は本当に輝くばかりの玉虫色。
自然界の色は素晴らしいですね。

20110726_4.jpg

20110726_5.jpg

そしてそして第一号開花の
朝顔さん。
今年の第一号はピンク色でした。
続々とつぼみが出来ているので
これから毎朝がまたまた楽しみ♪


それから今朝、ちょっと感動してしまったことが...。

20110726_6.jpg
上が黒ちゃん。右下が赤ちゃん。

めだかちゃんたち。
とうとう二匹になってしまいました。
二年が過ぎ
もしかしたら寿命ということもあるかもしれませんが
それでもこの二匹はすごく元気だったんです。

でも黒ちゃんが
ここ数日、水面に上ることが大変になってきました。
今までの経験上、こうなってくると厳しい状況です。

それでもご飯を食べたくて一生懸命水面に上がってくる。
すると、なんともう一匹の赤ちゃんが
黒ちゃんをサポートしているのですよっ。

20110726_7.jpg
右ががんばっている黒ちゃんで
左が周りをくるくるまわって心配そうな赤ちゃん。
 (たくさん撮ったのだけど
 どれ一つ上手く撮れない残念な私。)

いえ、でも本当に
上のほうに行こうとする黒ちゃんの周りを
これは紛れも無く、支えてあげている状態!
...ちょっと感動してしまいました。
お魚さんだって兄弟愛があるのですだわよT-T。

赤ちゃんのためにも
黒ちゃん、がんばって T-T!!!


そんなわけで今日の音楽は兄弟で
音楽活動をしているMizellブラザーズが
プロデュースされた音楽を。
Jinさんのブログで拝見したのですが、
Mizellブラザーズのお兄様のフォンスさんが
亡くなられたのですね。
Jinさんの記事を読んでから
すごく切なくなってしまって、
Mizellブラザーズ絡みの音楽を
最近よく聴いていたりしています。
(Jinさん、愛ある記事をありがとうございますっT-T)

今日はMizellご兄弟がプロデュースされた
サックスのGary Bartzさんのアルバム
「The Shadow Do」に収録されている
「Gentle Smiles」を是非!
この曲の作曲はギタリストのReggie Lucasさんです。
この曲を聴くと
なんだかこのアルバムに関わるすべての人の
優しい笑顔が見えてくるような...、
そんな気がする...。(単純 笑)

このテンポでのねばっこい16ビート。
ゲイリーさんのアルトサックスの音色。
裏で支えるシンセの優しい音色。
たまらないのでありますっ。(鼻息っ)
切なさ200% T-T。

それではアルバム音源の「Gentle Smiles」を是非!


Gentle Smiles - Gary Bartz

そしておまけに
アメリカのヒップホップグループA Tribe Called Questの
「Butter」も是非!
彼らのこのアルバムでは
Ron Cartar氏が参加したということで
当時、相当話題を呼びましたが
この「Butter」という曲では
「Gentle Smiles」がサンプリングされています。
1'38あたりから...。
ラップは聴き取れず大変申し訳ないのですが(苦笑)
とにかくひっぱってくるセンス、抜群!なATCQです。


A Tribe Called Quest- Butter

あらためまして
"RIP Fonce Mizell"。
それから、
黒ちゃんっ!!!
がんばって!!!!

| コメント(4)

コメント(4)

飛行練習?こんなの突然ベランダでみれたらとくした気分ですね。
玉虫の生きたのってまだ見たことないです。mikicoさんのおうちの周りも自然がいっぱいですね。玉虫っていい色ですよね。あの色好きだな~。
我が家も明日くらいにアサガオ一号が開花しそうです。みたかんじピンクみたいです。たのしみだな~。
黒ちゃんと赤ちゃんかわいいですね。なんとか長生きしてほしいです。うちは今年は金魚も全滅だったし。稲も相変わらずなんですよ。
今日の音楽聴きました。二曲目がすきです。
それにしても兄弟って不思議なものですね。大人になってからはそれぞれのことをあまりしらないのに、なんだか根本的なところがわかってる。
私の父は双子なんですが、双子ってすごいな~っとつくづくおもいます。とくにうちの父の場合は双子の栄養失調で父だけが視力を失ったっということもあっておじのサポートがすごいんですよ。うちのアニキの結婚式のときもおじが父のかわりにいろいろ動いてくれていたり。
それぞれの奥さんも年が一緒、体格もそっくり。子供もそれぞれ三人なんです。
小さい頃はけんかばっかりだった兄弟だけど、私自身いまになってみると本当にありがたいな~っとおもいます。

あっ、そうだ。話はかわりますが茨城の友人の地元のものはレンコン麺と落花生の甘露煮、さつまいものお菓子でした。ちなみにその友人の大阪名産で気になっているものは551の蓬莱のぶたまんだそうです。

とちもんさん

コメントをいただきどうもありがとうございます!
今朝はこちらはまた涼しく、
雨もシトシト降っておりました。
でも蝉さんたちはジージー元気よく鳴いています。
玉虫、去年もいたのですが
今年はたくさんいます!
ふわーふわーって、不思議な飛行で
キラキラ光って、とてもかわいいです。
昨日はマンションのエレベーターのボタンのところに
フタバカゲロウがいました。
夏はみんながんばっててすごいですね。笑
黒ちゃんと赤ちゃん、あれからずっと
一緒にそばにいて赤ちゃんはサポートしてくれてます。
見ていると泣けますT-T。
本当に心配しているんだと思います。
とちもんさんのお父様のお話も素敵ですねT-T。
特に双子さんのつながりって言葉では言い表せないものがあるのでしょうね。
なんか運命的な感じがして、また神秘的で…素敵ですね。
私も姉と二人姉妹ですが、
子供の当時は喧嘩で本気で殺されるー、と思うほど
喧嘩ばかりしておりましたが(笑)
今は敬意からも姉には絶対逆らえません。
存在にありがたいなぁー、って思います。
とちもんさんのお兄様なんて
たくましそうですし、素敵なんだろうなぁ~。
男兄弟がいるって、これまたうらやましいです。

茨城のお友達が送ってくださった地元のものは
素晴らしい特産物だったのですね!
レンコン麺、って気になるっ!
私は茨城のお菓子、っていうと
友人が言っていた
「日本一なが~いチョコ」っていう駄菓子屋さんで売っているチョコ棒。
友人は、
「日本一なが~いチョコ」の看板がすごいんだ!とよく言ってました。笑
 検索したら写真があったので。笑
 http://minkara.carview.co.jp/userid/218327/spot/562447/
551の蓬莱のぶたまん、見ました!
美味しそうーーー!
私は大阪に行ったら
友人が店主がすごい!と言っていた
辛口料理 ハチの辛いカレーを食べてみたいです。笑

mikicoさん こんばんは!

そうそうMizellワークスでは
このGary Bartzの「Gentle Smiles」
も異光を放っておりますね。
あまり言葉のセンスはないんですが(笑)
この曲なんか「せつなあったかい」感じですかねぇ。とても好きな曲です。
ほんとFonce Mizellさん ありがとうと言いたいです。

おおっ最近はあまり聴いてませんでしたがTribe Called Questも当時はけっこう聴いてましたよ~。
そうなんですよねぇ。こんなとこにあんな曲が!みたいにひっぱってくるセンスが最高ですよね。私には全くないセンスなんで羨まし限りっす。

jinさん

コメントをどうもありがとうございます!
ホントですね!
「Gentle Smiles」、せつなあったかいですねT-T。
なんだか泣けてしまいます。

Jinさんのブログのおかげでいろいろ聴きなおすことができました。
Mizell Works、
やっぱりしびれました…T-T。
ああいうかっこよさってたまりませんね。
Fonce Mizellさん、ありがとうございますT-T。

トライブコールドクエスト、センスが素晴らしかったですよねぇT-T。
ラップはあまり聴かなかったけれど
トライブコールドクエストはなんだかすごく好きでした。
そうなのですよね、ひっぱり先がホントかっこいい!

それにしても
Jinさんとは本当にいろいろかぶっていて…
感動です!
またいろいろ教えてくださいm_ _m。
よろしくお願いいたしますっ!!!

コメントする

2011年7月

Su Mo Tu We Th Fr Sa
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31