2017年9月アーカイブ

20170927.jpg

ああ、9月が終わってしまう。
今月はここに
日々のこと、音楽のことをぼやく余裕がなかった...。
気持ちのスペースがなかったのかもしれない。

今、自分に一番必要なものは
体力!
これにつきる。
体が元気でなければ
やりたいことができない。
心にも体力が必要なのだ。

時間には限りがある。
体力にも限界がある。
自分に何が今必要なのか、
素直に自分と向き合う時間が大切になってくる。
自分と向き合えそうな一人旅。
いつかしてみたいものだ。

そして
Steely DanのDeacon Blues。
私にとって
とっても大事な曲。

自分がオリジナルをやるようになってから
さらに歌詞を聴き込むようになり
サウンドと歌詞の見事にマッチした世界に
冗談抜きで何度涙したかわからない。

「この世界では勝者が名を残す
でも俺は敗北することで名を得たいんだ」

こんな歌詞。
もうしびれるしかないじゃない。

Deacon Bluesの歌詞に
何度も胸をうたれ
ノックアウトされ
そしてやっぱり一番憧れる世界観、
と思って
ずーっといつも私の側にあった曲。

その世界をくれた
ドナルド・フェイゲンとウォルター・ベッカー。

ウォルターさんの死は
ちょっと堪えている。

少し先に生まれてくれて
びっくりするくらい
ものすごい影響を与えてくれた人たち。

へそまがりでもいいじゃない、って思わせてくれた人。
流されるな、って教えてくれた人。
これが美しい音楽だ、と見せてくれた人。

知り合いではないけれど
ひたすら大切な人たちで
同じ世界に存在してくれていることがすばらしいことだった。

寂しくてたまらない。

ウォルターさんの訃報をネットで見て、
ルネージャの新井さんを思い出した。
新井さんのギターはウォルターさんと同じ香り。
逢いたくなって久しぶりに逢いに行った。

ブルースギターの伊藤さんも思い出した。
今年亡くなってしまった蒲生さんにも逢いたくなった。
今も凛として美しい道標を見せてくれる吉野先生にも
すごく逢いたくなった。

素晴らしい大先輩と、
そして大切なかけがえのない仲間と、
あとどれだけ音楽を語り合えるだろう。
音を重ねてリズムを感じて
どれだけ音楽の喜びをわかちあえるだろう。

そんなことを考えていたら
迷いなんて必要ないことがよくわかる。
自分のやりたいことに向かえ。
それしかない。
やりたいことの中での迷いは
いくらでも迷えばいいと思う。

"This brother is free
I'll be what I want to be"

ああ。
一人旅に行かなくても
この曲を聴きながら
自分と向き合えるじゃないか...。

ウォルターさん。
やはりあなたは私の大きな存在で
今もすぐ側にいますね。

でも、、、
ドナルドさんが心配です。
自分の分身が無くなったようなもの。
早く元気になって、なんて
とてもじゃないけど言えない。
それが人生なんだ、って
愕然とする。


歌詞がたまらないので
歌詞が出てくる映像をリンクします。

Steely Danの音楽に出逢えて
本当によかった。
私にとって
世界が、人生が一変したのは
間違いない。


Steely Dan Deacon Blues with lyrics YouTube


| コメント(2)


20170901.jpg

昨日からすっかり涼しくなってしまって
もう秋なの?
涼しくなったとたん、
ホットコーヒーとか
ふんわりあたたかいタオルケットとか
恋しくなったり。
にゃんこたちも暑い時は大の字で寝ていましたが
おふとんの上で丸くなっています。

来週はまた暑さが戻る、ということですが、
涼しい金曜日の夜、
満喫したいと思います。
お仕事しながらだけど。

今夜はLonnie Liston Smithさんのアルバムを聴いて作業。
ひたすら気持ちの良い曲、
Love Beams。

さてもうちょっとがんばります!

ああ、こんな曲を聴きながら
快適な車でドライブしたい。
快適な車、ということが大事。苦笑


LONNIE LISTON SMITH ~ LOVE BEAMS


| コメント(2)


2017年11月

Su Mo Tu We Th Fr Sa
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    











月別 アーカイブ