2017年2月アーカイブ

20170221.jpg

2/18、下北音倉さんでのライブに
おいでいただきました皆様。
本当にありがとうございました!

聴いていただける皆様が本当にありがたくて。。
心をこめて演奏しました。
良いところも悪いところも含めて
今の自分たちをありのまま出したと思います。
納得いかないところはひたすら精進します!

「結局は自分ががんばるだけ。
 本当にシンプルなこと。」

ここは自分のブログだから好きなこと書くけれど 笑
ライブ後は毎度どーんと落ちるので
この精神を忘れないように...
明日に向かって走るのだ!
OH! YEAH!

今回、古い曲も多めに演奏しました。
ちょっと曲のことを書きたいと思います。

アンコールで演らせていただいた「I feel..」という曲。

この曲も結成当初の曲なのですが、
私の幼馴染がすごく気に入ってくれて、
彼女と会う度に、
「I feel..、いいよ〜、いつも聴いてるよ〜。
歌詞がいいんだよ〜。。」って
なぜか言ってくれていたのですよね。

幼馴染にそんな風に言ってもらえて
とても嬉しかったのだけど、
どんなところが良いのか?とか突っ込んだことは
なんだか気恥ずかしくて聞けませんでした。笑
普段、音楽の話はほとんどしなかったのに
その曲のことは会う度にかならず話題にしてくれました。

彼女は身体が弱くて外出も大変で、、、。
滅多にない地元でTMaMのライブをやった時、
がんばってお店に来てくれました。
でも その時は I feel...は演らなかったのです。

I feel...は淡い恋心を歌ったような内容の曲なので
もしかして彼女の体験と被ったりしたのかもしれない、、、
でも、そんなロマンスの話もしたこともなく、
いつか理由を聞いてみよ〜、なんて思っていたのですが、
彼女は何の前触れもなくこの世を去ってしまいました。

それからもう二年以上も経ち、
普通に暮らしていると、
彼女ともう話せない、なんてことは信じられないし、
またランチでもいこう〜。とか、
普通に思っちゃたりします。
その度に胸が苦しくなります。

彼女に
I feel...のようなロマンスがあったのかどうか、、、。

もうずっと謎のままですが、
音楽って、ホントに人それぞれ。
いろいろな背景や想いがそれぞれにあって
それぞれのモノになっていきますね...。
...音楽にとどまらないか。
絵や映画や小説や、、なんでもそうだなぁ...。

I feel...を歌うたびに
これからも私はMy Old Friendを思い出していくだろうな。
それがわたしにとっての、I feel..になりました。


それはそうと!
一週間以上経っても
アルロスがなかなか止まりません。
今日の音楽はアル・ジャロウさんの「My Old Friend」。
この曲も死ぬほど好き!

音楽って存在は、やっぱり泣ける。


Al Jarreau - My old friend


Al Jarreau - North Sea Jazz festival 2002


| コメント(6)


20141120_02.jpg

20170214.jpg

アル・ジャロウさんが神様のところに行ってしまった。
悲しくて悲しくて、、、
でも声が聴きたくて聴きたくて、、、。
聴いては涙が止まらない。

ブラジル音楽で悩んでいたときも
バンドスタイルに迷いがあったときも
アルさんの音楽を聴いて
いっぱいいっぱい救ってもらいました。
アルさんが居なかったら今の私は全然違うものになっていたと思う。

こんなに歌を、音楽を、自然を、人を愛するボーカリスト、
いるでしょうか。

「Mornin'」の歌詞をあらためて聴いて
涙が止まりません。

音楽家として
少しでもアルさんに近づけるよう
日々を一生懸命生きたいと思います。

アルさん、ありがとう。

「Mornin'」。
すべての映像に愛があふれています。


Al Jarreau - Mornin' (Official Video)


Al Jarreau - Mornin' (live, 1985)


Al Jarreau & Djavan - Morning - Heineken Concerts - São Paulo - 1997


Al Jarreau - Morning 2000


Al Jarreau - Mornin_ (live, 2004)


Al Jarreau - Mornin' Live
Mornin' in concert at the Downey Civic Theatre, Downey, CA Oct 12, 2013

最後にこの映像を...。
2015年です。
私が観に行った2014年のライブはまさにこんな愛に包まれたライブでした。
そしてこの素晴らしいGroove!
身体が全体がリズム楽器です!

ああ、アルさん...。
悲しくて悲しくてたまらないです。
また生であなたの歌を、世界を観たかった。。


Al Jarreau à l'Olympia 2015 - LIVE HD


| コメント(2)


20170211.jpg

TMaMの次のライブまでとうとう一週間を切ってしまった。
いつもそうなのですが、
だんだんドキドキして怖くなってくるのですよね。笑

でも先日、みんなで集まってリハをして、
音を重ねて、、、。
たのしかったなぁ。
TMaMをスタートしてから17年目になりますが、
プラスしたり削ぎ落としたり試行錯誤して
ライブでやりたいサウンドを
やっとカタチにすることが出来始めたのではないかと思います。
これまでご協力いただいたみなさんのお陰で
今、このサウンドにたどり着いたなぁ、と。
長いようだけど、これだけの時間が私たちには必要だったのだと思います。
まだまだ、もっともっとやれることがあるし
努力は続くかと思うと
やっぱりワクワクする!

来週おいでいただくみなさまには
TMaMの2017年の今のサウンドをお楽しみいただけるよう
しっかり頑張らなくちゃ、と思います。

今回は、昔からある曲なのですが、
ライブではやったことのない曲も準備してみました。
リハ前は、どうなるかなー、と思ったけど、
ライブでお送りできそうです!

バラードだけど、熱い!燃える!
という熱いラブソング。

憧れだけど、ピーボ氏のこの曲、
「When We Need It Bad」みたいに
熱く心を込めてお送りできたらいいなぁ、なんて思います。

最近、
初心に帰っているというか、
やっぱりラブソングだな、って思うのです。
歌詞を考えるときも
やっぱりシンプルにラブソングがいい、なんて思うのです。

恋愛のことだけでなく、
誰か自分以外の人のことを想う、愛する、という想いは
素晴らしいこと。

どうやら、私、今は
戦ったり、やさぐれたり、ひねくれたりする時期を
少し通り過ぎたみたいで
ストレートにラブソングでいいじゃないか、
と思う時期に突入したみたいです。笑

なんちゃって、、、
またそのうち、やさぐれるかもしれませんね。笑

それにしても
このピーボ氏の歌声は
いつ聴いても胸をうちます。


When We Need It Bad - Peabo Bryson


| コメント(2)


2017年4月

Su Mo Tu We Th Fr Sa
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            







月別 アーカイブ