2016年3月アーカイブ

20160327.jpg

実家に来ている、というか
ほぼベランダに住み着いているネコちゃん。
赤ちゃんだったのにこんなに大きくなりました。
この子のお母さんもおばあちゃんも妊娠中だったのですが
おばあちゃんのほうはどうやら出産したようで
この子はちょっと遠慮して下の階に下りて来ていました。
ホントにこのネコちゃんの家系はお顔がかわいいのですよねー!笑
ベランダにいくと子猫の鳴き声が聞こえるみたいなので
しばらくそっとしておいてあげないと...。
うちに来ているキジバトのはーちゃん子家族も
この間、子どもと3人で来ていたし、
春の訪れとともに命が続いていきますね。
嬉しくなっちゃいます。

近所の桜並木はまだまだ全然な感じですが
来週は桜が本番になるのかな。
春は命が溢れて素敵だ〜。

さてさて今日の音楽はパワフルなこの方を。
先日久しぶりにMica Parisさんの「words into action」を耳にして
パワフルな声を聴きたくなったのですが、
改めて聴き直してやっぱりパワフルでかつセクシーでした。
YouTubeで昨年のライブ映像も見つけちゃって
潔さに圧巻。
やっぱりやりきっている人はかっこいいなぁ。

全然Micaさんとはカラーは違いますがw
TMaMも3/30(水)宮原音色さんで
やりきってこようと思います。
お時間がございましたら是非よろしくお願いいたします。


Mica Paris - Stay


Mica Paris | 'Stay' live at MOBO Pre Awards Show | 2015


| コメント(2)


20160318.jpg

地元大宮の大好きなお店「伯爵邸」。
ここにくるとブラジル音楽を聴きたくなります。
毎年カウントダウンライブで休憩や打ち上げで
お世話になっていたお店だからかな。笑

3/30は久しぶりにさいたまでTMaMのライブ。
今回は編成もベースとキーボードだけですし
せっかくだからこの日のためにいろいろ工夫もしたいなぁ、と。
一回のリハもみなさんしっかりやってきてくださって
本当にありがたい限り。
リズムレス、と思いきや
Groove感が思いのほかきっちり出て
やっぱりやってみないとわからないことだらけだなぁ
と実感しました。
リーダーのNew Bassも
今回の編成にはぴったりで
本番が楽しみになってきました。
せっかくだからブラジル音楽も
Line Upに入れてみたり...。
こちらも歌うのが本当に楽しみ。。

そんなわけで前回のブログの続き。

前回はダニデボ母娘の「Meu Amigo Filó」をリンクしましたが
この曲のタイトルの「私の友達フィロ」のフィロ。
ブラジルのスキャット名人
Filo Machadoさんのことだったのですね。
なんだかDjavanの「Jogral」という曲に
すごく似てるなー、と思っていたら
Djavanの「Jogral」もFiloさんが作った曲だった。笑


まずはデボ母さんとFiloさんの共演の映像を...。
同じ曲でもこんなに違う感じになってホント音楽って楽しい!
こういうことができるのってホントブラジル音楽の醍醐味だな、と。
自分のライブのためにもすごく参考になりました。。
「Meu Amigo Filó」

Música de Graça - Filó Machado e Debora Gurgel


そして次はFiloさんの1983年のアルバム音源を。
とってもポップで、でもブラジルテイスト満載で
タイトル通りオリジナリティにあふれていてクリエイティブ!
こういう時代があって今があるのだな、と聴いていてワクワクです。

Filó - Origens (Disco Completo)


Djavanさんが歌っているFiloさんの曲「Jogral」。
以前もリンクしましたが再リンクです。
この曲もいつかやってみたいと思っていた大好きな曲。
これホント、滑舌の練習になるのです!!!笑
Filoさんの曲と知って本当に納得しちゃったのでした!

JOGRAL - DJAVAN


そして最後に去年の彼の映像を。

Ensaio: FILÓ MACHADO TV CULTURA DIGITAL 2015 05 31


創りつづける人は本当にかっこいいです。
素敵なFiloさんに乾杯!
あー、音楽ってたまらないT-T。


| コメント(4)


20160312.jpg

那須のお仕事でお花のアレンジメントをしなくてはならなくなり
チャレンジしました。

イメージは頭にあるけれど
私はいったいそれをこの手でカタチにできるのか?と
相当な疑問の中、
やらねばならない期日は迫り
イメージしているお花を求め
アーティシャルフラワーの専門店に
何度か足を運び、
描いている花器を探しまくり...。
本日納品!

私はリハが入っていたので
那須には行けなくなってしまったのですが
持って行っていただいた現場監督さんによると
大変喜んでいただいたそうで
やっとこさ肩の荷がおりました。

お願いしようと思っていたアレンジメントの方の
予定が合わなくなってしまった流れで
自力でやることになり、
不安しかない中始めたのですが
いろいろ調べたり、イメージを作っていくうちに
なんだか面白くなってきてしまって...。
今朝4鉢をお見送りした後は
なんだかお嫁に出した気分。
あちらの方に気に入ってもらえて本当に良かった。。笑

最初、私には絶対無理、と思い込んでいたのですが
やってみないとわからないものですね。
ドアは開けておくものだと思いました。
もっともっと勉強しなくてはならない世界ですが
やっぱり携われるチャンスというものはご縁ですね。
今回の那須のお仕事はそういうことの連続でした。
何より悩みながらも楽しくできるということは本当に幸せなこと。

そんなわけで今年は
音楽でもいろいろ挑戦したい。
ドアは自分で開けよう!!笑
前から挑戦してみたかった
Dani & Debora母娘のこの曲「Meu Amigo Filo!!」!
やってみよう!と
今日心に決めたのでした!!
Dani & Debora Gurgel Quartet!
私の憧れのカルテット!!


Dani & Debora Gurgel Quartet | Meu Amigo Filó


| コメント(2)


20160307.jpg

うーたんは今年の夏11歳を向かえます。
人の年齢でいうと、もう80歳くらいなのだろうなぁ。
目が白内障で見えなくなってしまいましたが
とにかく元気で相変わらずのやんちゃ坊主です。
いたずらは止まらないし、
食欲も止まらないし、
相変わらずサッカーもやるし。
ただ見えなくなってしまったこともあるだろうけれど
猛ダッシュで走ったり、
嬉しくてジャンプしたりすることはなくなりました。
性格もだいぶ変わってきたように思います。
昔はべったりするのはあんまり好きじゃなかったはずなのに
最近はべったりが好きで
かなり長い時間抱っこされても嫌がらなくなりました。
やっぱりおじいちゃんなんだなぁ。
でも顔を見てると全然おじいちゃんぽくなくて
いつまでもちっちゃい子のように思ってしまいます。笑
うーたん先生、いつまでも元気でいてねー。

明日は祖母の94歳のお誕生日。
いつでも冷静で物事を見極る祖母。
時には私を叱ってくれ、
そしてとにかくとっても優しい。。
小さいころからお世話になりっぱなしだ...。
祖母にもずっとずっと
元気でいて欲しいです。
おばあちゃん。いつもありがとうーー!


さて!!
今日の音楽です。
Angela Winbushさんの「Treat U Rite」を。

Angela姉さんは、ほんっとかっこいい。
女惚れするお姉様です。
このアルバム1994年頃でまだこの頃は
Ronald Islayさんの奥様だったのかな。
なんとセクシーなご夫婦なのだろうか!と思ったり。
お別れされたようですが
お二人とも今もご活躍で
しかもすごい精力的に活動されていますよね。
Angelaさんはセクシー度もアップされて
しかも歌もすっごいうまい。。
その生き様にやっぱり女惚れするのであります。

実はLalah Hathawayさんの大好きな曲
「BABY DON'T CRY」の動画を探していたら
Angela姉さんとの共演の動画を見つけてしまって...。
その流れtで彼女の曲をひっぱり出してきました。

Lalahさんとの共演の動画がこちら。
やっぱりブラコンの生バンドはいいなぁ。
もう姉さん、、、、かっこよすぎ!
それに体を揺らしている姿だけでしびれます!!


Angela Winbush & Lalah Hathaway BABY DON'T CRY

そして今日のタイトルのTreat U Rite。
センスが良くてセクシーでダンディな姉さん。
これからもバンバン活躍して欲しいです。


ANGELA WINBUSH TREAT U RITE


| コメント(0)


20160302.jpg

2016年も3月に入りました。
本当に早いですね。
でもだんだん暖かくなってきてくれそうで
嬉しいなぁ。
暖かくなったら散歩が楽しいだろうな。
冬のぴりっとした空気も
気持ちが引き締まって好きだけど。

1月はいつもお世話になっている音倉さんで
ライブをさせていただきましたが
3月は久しぶりにさいたま市でライブがあります。
お店の箱の関係で今回は
パーカッション&ドラムレス。
ベースとキーボードと歌の3人で勝負します。笑

せっかくの機会ですので
いろいろアレンジなど工夫して
3人でもこんな感じでできるんだ、、という
ライブにしていきたい思っております。

また近々、会場であるレストラン音色さんにも
遊びに行ってこようと思っております。
とにかくお料理が美味しいので
お料理の共に音楽を気持ちよくお楽しみいただけるよう
がんばりたいです。

いろいろなアレンジを想像したくて
いろいろ聴いている日々ですが、
久しぶりにCarleen Andersonさんの
2005年のアルバム「Soul Providence」を
引っ張り出しました。

やっぱりこのアルバムが彼女のアルバムでは
一番好きだなぁ。
なんといってもとってもクリエイティブ!
歌は本当に難しくって真似っこもできないけれど
オリジナリティと音楽愛に溢れていて
すごくいいアルバムだと思います。

2曲目にトラックされている
「A Different Me」。
センス良過ぎて憧れます。

アルバムの音源はYouTubeで見つからなかったの
こちらで ↓ 。


そして次はライブ映像。
以前もリンクしましたが、改めまして。
ライブはやっぱりいいなぁ。。。
こういうギターさんの音。
好きだなぁ。

2:40くらいから"A Different Me"Liveがスタートします。。


Carleen Anderson interviewed on France's "One Shot Not"


| コメント(0)


2016年5月

Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        











月別 アーカイブ