2016年2月アーカイブ

20160228.jpg

2月は外出続きでゆっくりできる時間がなく
結構体もバテ気味だったのですが
今日は朝からのんびりできました。

たまたまCSでやっていた「北の国から」を
午前中、つけっぱなしにしていたら
見入っちゃって。。。

北の国から、って実は全然見た事がなかったのですが
もう、辛いったらない...。
ちょっと辛い事が起き過ぎやしませんか。。。T-T。
もう午前中泣きすぎて具合悪くなってしまいました。

続けて映画「アメリカン・ビューティー」も観てしまったのですが
昔観たときよりもなんだかグッときてしまって
改めてすごい映画だ、と思ってまた涙が止まらず...。

夕飯にステーキのお肉があったので
iwashiのえんどさんに教えてもらったレシピで
モーリョを作っていただいたのですが
みじん切りのタマネギで涙が止まらず...。
味は最高でしたが。笑

今日はのんびりしつつ
そんな泣き過ぎで体力消耗した一日でした。

でもゆっくり出来たので
明日からまたがんばろう!!!

さてそんな日曜日の今日の音楽は
Ed Motta氏の新しいアルバム「PERPETUAL GATEWAYS」から
「Captain's Refusal」。
二部構成のコンセプト・アルバムで
前半がSOULで後半がJAZZ。
でも、やっぱりエヂ氏は自分のカラーを本当にわかってらっしゃる。
何をやってもエヂ氏になるところ、本当に素晴らしいです。

2003年に発表されたPopticalが
私はベストですが、
今回のニュー・アルバムもかなり好きです!!

ニュー・アルバムの前半SOUL部門1曲目にトラックされている
Captain's Refusal。
是非!


Captain's Refusal - Ed Motta

そしてなんといってもやっぱり一番好きな曲はこれ。
2003年のPopticalからの
「Minha Casa, Minha Cama, Minha Mesa」。
いつ聴いてもたまらないのであります。
このメイキングがしびれちゃうのです。
そしてライブ映像も是非!


Ed Motta em estudio - Cama e Mesa


「Minha Casa, Minha Cama, Minha Mesa」


| コメント(2)


20160223.jpg

先日久しぶりにJ Blues Band改め
Stambleのライブがあり
新松戸に行ってまいりました。
Stambleのみなさんとは
もう25年のお付き合い。
人生の大大大先輩でありますが
もう身内みたいで
親戚のおじさんという感じです。
おじさまたちにはブルースのこと、
ほんっとたくさん教えてもらったなぁ...。
ベースの次男さんが病に倒れ、
ギターボーカルのガモウさんもバンドを離れ、
私が関わっている25年の間にもいろいろなことがあったけれど
さらにみなさんはもっと10代の頃から一緒にやっていて
それはそれはいろんなことがあったのだろうな、と
考えるとじーんとしてしまいます。
60代半ばのおじさまたちが
パワフルに演奏しているのを見て
この夜はちょっと感動しちゃったな。
写真のイトウさんのギターは本当にかっこよくて、
イトウさんが楽しそうに弾いていると
もうそれだけで幸せな気分になります。
これこそブルースだなぁ、と。
まだまだずっと一緒に演奏できますように。

このバンドで知って、大好きな曲、
「Need Your Love So Bad」。
この曲のイントロをイトウさんが弾いて
ガモウさんが甘く歌ってくれるのが
大好きでした。
今は木戸兄貴が引き継いで歌ってくれているので
ホント嬉しいです。
Peter Greenさんのギター、沁みます。。。T-T
あえてFleetwood Macではなく
Peter Greenさんのライブで...。


Peter Green - Need Your Love So Bad


| コメント(0)


20160219_1.jpg

20160219_2.jpg

Peter Martin Trioを聴きに
昨夜Cotton Clubに行って参りました。
ここのところスケジュールがバタバタで
行きたい行きたいと思っていたのですが
行けるかどうかあやしくて予約をしていなかったのですが
最終日最後の回に行けそうになったので
直前に慌てて電話!
席はまだ大丈夫だというのですぐに東京に向かいました。

ピーターさんのピアノを知ったのは
ちょうど20年前のこと。
彼のピアノを聴きまくっては
同年代でこんなすごいピアニストがいることに
感激、感動しておりました...。
歌心のある素晴らしいピアニストなので
シンガーの方にも愛されていて
ダイアン・リーブスさんのバンドにいたり
あまりフロントになる映像はYouTubeにもなかったのですが、、
なんと!
新譜をひっさげて彼のトリオで初来日されるというではないですかっ!
年末にCotton Clubのお知らせを読んで
大興奮しちゃいました。

とにかく!
行って良かった...。
美しさの中にあのリズム感!
流石としか言いようがありません。
世界で活躍している人はやっぱりすごい!
ただただ圧倒!!
そしてただただ、幸せな時間でした...。

今回の来日を機に
ピーターさんのファンは確実に増えたと思います。
ライブ後、誰もが大興奮。
会場が本当に素晴らしい雰囲気に包まれていました。

音楽って本当にたまらないっ!

今日はピーターさんのいろんな映像をリンクいたします。
是非たくさんの方に
彼のピアノを聴いていただけたら嬉しいなぁ。。

昨夜の余韻で
今日も大興奮な一日でした。

素晴らしいライブをありがとうございました。


こちらは新譜のPVです。
今回このトリオでの来日でした。

Peter Martin Trio - Broadmoor
From the new CD "What Lies Ahead", release date Oct. 2, 2015.


こちらは今回のCottonClubでのライブ、
中日の模様のようです。
In a Mellow Toneを弾き始めたピーターさんの
ピアノが本当に美しくてじーんとしてしまいました。

PETER MARTIN TRIO : LIVE @ COTTON CLUB JAPAN (Feb.17,2016)
PETER MARTIN TRIO
featuring REUBEN ROGERS & GREGORY HUTCHINSON
ピーター・マーティン・トリオ・
フィーチャリング・ルーベン・ロジャース&グレゴリー・ハッチンソン


20年前のピーターさん。
ジョシュア・レッドマンさんのアルバムに参加されていました。
ピーターさん、やっぱりお若い!
もうこのジョシュアさんのアルバムのピーターさんは最高です!
いつ聴いてもしびれます。

Joshua Redman 5tet Hide And Seek 1996


ダイアン・リーブスさんのツアー。
どこにいてもピーターさんは美しい世界を創られます。

July 2015 Euro-Tour
The Dianne Reeves Band on tour throughout Europe, July 4-22, 2015.


| コメント(0)


20160217.jpg
続ロングドライブに想う。

やっぱり乗り物は好きだなー、って
あらためて思いました。
車もオートバイも飛行機も電車も船も
乗り物ってなんだか心惹かれます。

世の中がどんどん便利になって
自動運転とかできるようになったりして
事故が減ったりしていくようになるのだろうけど
やっぱり自分の感覚と集中力で
乗り物を動かすということが
私は好きだなぁ。

それが好みのフォルム、色、ディティール、音、、、
だったりしたら
もう最高に楽しい。

那須に向かう途中
イカしたトラックにつながれた
イカしたキャンピングカーに遭遇。
ストリームライン、、だっけ?
こんなキャンピングカーで旅をしたら
楽しいだろうなぁ。

そんなことを思っていたら
Bo Kaspers Orkesterの「Semester」のPVを
思い出しました。
このPV、とても好きです。
メンバーでキャンピングカーで宇宙までいっちゃう、、、
なんて発想がステキ。


Bo Kaspers Orkester - Semester

スウェーデンではきっと国民的バンドなのだろうと思うけれど
彼らのいろいろな音楽の幅は本当に広くて
ラテン、カントリー、AOR、JAZZ、、、、
それをスウェーデン語で作りあげる世界観が
いつもステキだなぁ、と思うのです。

さらに彼らの乗り物好きもわかるのが
「Ett Fullkomligt Kaos」のPVです。
カントリー調の曲ですが
なんとも気持ちよい展開をしていきます。
なんてったってこの映像。
どの乗り物にも乗りたいー。
一人はトロッコってところも好きだなぁ。笑
中でも気になるのがこの緑色の車。
LADAってロシアの車かな?
ジグリ?
それとも全然違う車なのでしょうか。
もう、超好みのタイプなんですけどーーー。(鼻血)


Bo Kaspers Orkester - Ett Fullkomligt Kaos


| コメント(0)


20160215.jpg

お仕事で那須へ。
ドライブのお供に
どのアルバムを載せて行こうかと迷ったり、、、。
そんなことに時間をかけてしまって
出るのが遅くなってしまったり。
テンションがあがる音楽を聴きながらだと
眠くならないのですよね。
なので、やっぱりドライブにも音楽は重要です。

あと何回か行くので
音楽と共に
ロングドライブ、楽しみたいと思います。

今夜はGino Vannelliさんのアルバム
Brother to Brotherで帰ってきました。

月夜になめらかにすべる高速道路。
「Feel Like Flying」を聴きながら
今夜も泣けてきました。
音楽は素晴らしいですねぇ。


Feel Like Flying di Gino Vannelli


| コメント(0)


20160211.jpg

2016年に入ってから
駆け抜けるような日々でした。
1月は大切な大切なライブがあったし、
姉の帰国で戻っている間はできるだけ毎日会いたかったし、
仕事は新しく始まったし、
隙間をぬって家族のいる病院へ。

そして2月に入って風邪をひきました。

久しぶりにぜーんぶ忘れてしっかり眠った。
ゆっくり時間を過ごすことをしたら
心も身体も軽くなったような気がします。

まだ本調子ではないけれど
がんばる元気が出てきました。

そんなことを考えながら
ずっと置いてけぼりにしていたブログに
ちゃんと記したくなりました。

今年もこつこつとがんばっていこう。

今日はマイケル・マックさんのアルバムを聴いていて
この曲を聴いていたら涙がこぼれてきたので
ブログの2016年スタートの曲にしたいと思います。

2016年、愛にあふれた一年になりますように。
(もう2月だけど。笑)


Michael McDonald - OUR LOVE


| コメント(2)


2016年3月

Su Mo Tu We Th Fr Sa
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    













月別 アーカイブ