2015年5月アーカイブ

20150530.jpg

京都の東寺の蓮の池で
アオサギさんがお魚をねらっていました。
しゅっとしたスタイルは
なんとも絵になりますね。
これで蓮の華が咲いたら
また素晴らしい天国のような景色になるのだろうなぁ。
東寺(教王護国寺)は本当に素晴らしいところでした。
火事で焼けてしまって修復されていない
黒焦げで炭のようになっている四天王像を見ていたら
なんだかじーんとしてしまいました。
家に戻ってからも
ネットでいろいろ調べてみたけれど
そのことについての資料は
ほとんど出てきませんでした。

なんだかいろいろ気になり
実家に立ち寄り
「原色日本の美術 5巻 密教寺院と貞観彫刻」
を改めて読んでみたり。
子供の頃からあった本ですが、
今頃になって役に立つとは思いませんでした。
捨てないでもらっておいてよかった。笑

やっぱり京都や奈良は大人になってからのほうが
染み入りますね。
今度はもうちょっと勉強してから
訪ねてみようかと思います。

さて。
今日の音楽です。

全然関係ないのですが、
地元にジェーソンというディスカウントスーパーがあるのですが
ここのBGMがなんだか好きで、
いつも行くたびにノリノリで口づさんでしまいます。
数曲あるのですが、打ち込みのフュージョンなんです。
気になってしまってこれも調べてみたら(笑)
ジェーソンBGMのことを気にしている人の多いこと多いこと。
ちゃんと聴きたい、、、と思っていた私と同じ気持の人がいたんだなぁ。笑
本当のことかどうかわかりませんが
社員さんのご家族の音楽家の方に
オリジナルで作ってもらったそうで、
音源とかはないみたいですね。
YouTubeに店内で録音したマニアの方の音源がアップされていたので
思わず全部聴いてしまいました。笑

で、全然これまた関係ないのですが、
そんなこんなしていたら
Gregg karukasさんを聴きたくなってしまって
作業しながら最近はGreggさんを聴いていました。
ジェーソンの曲をGreggさんとかに
カラッと弾いてもらいたいなぁ〜。
(なんだそれー)

なんだか変な方向にいきましたが
Greggさんの大好きなるアルバム「You'll Know It's Me」より
豊かなこの曲を是非。


Gregg Karukas - Welcome Home


| コメント(2)


20150526.jpg

一年ぶりの京都。
いつ行っても素敵な街ですね。
初めての納涼床は嬉しかったなぁ。
今度チャンスがあればゆっくり時間を作って
一箇所をじっくり訪ねてみたいです。

さてさて、、、
今日の音楽は、、、(ちょっと興奮っ)
イギリス出身アメリカで活動している
Marsha Ambrosiusさん!

実は全然知らなかったのですが、
ラジオからさらりと流れてきた曲
「I Want You to Stay」に心ひかれまして
調べてしまいました。

そしたら、
な、な、なんと!!!
Michael Jacksonさんの
「Butterflies」の作曲家さんではないですか!!

「Butterflies」は近年のマイケルではダントツに好きな曲で、
何度もカバーしてみたいなぁ、、と思っておりまして。。。
この曲の作曲家さんが女性だったのは知っていたのですが
Marsha Ambrosiusさんと初めて認識しました。

そう言われてみると
グッとくるポイントが確かに共通している!
マーシャさんはFloetryというグループで
活動されていたそうですが
この「I Want You to Stay」が収録されている
アルバム「Late NIghts & Early Mornings」(2011)が
最初のソロアルバムだそうです。
サウンドのセンスの良さにグッときてしまいました。


I Want You to Stay By Marsha Ambrosius


それから「Butterflies」のことを。。

マーシャさんはFloetry時代に「Butterflies」を収録されていますが
マイケルとアレンジがほぼ同じですね!
マイケル自身が「Butterflies」をすごく気に入っている、と
何かの記事で読んだことがあったけれど
こんなに才能あふれる女性の曲だったのですね。

ちょっと今更ですが
感激してしまいました。。。

まずはマイケルの「Butterflies」を。


Michael Jackson - Butterflies

そしてマーシャさんのかつてのグループ「Floetry」の
「Butterflies」を。


Floetry - Butterflies


こちらはライブです。
マーシャさんの歌がホントに素晴らしい!!
音楽がいろいろなことを結び付けてくれる。
調べているのがなんともわくわくする一時でした。


Floetry - Butterflies [Live From New Orleans]


| コメント(0)


20150516.jpg

昨日は変な夢を見ました。

時間までにたどり着かなくては行けない場所があるのに
歩いても歩いてもなかなか進めないし道にも迷う、という夢でした。
あまりに鮮明に覚えているものですから
ネットで調べてみたら、、
なんか、良くない夢みたいですね。笑
でも突然ワープしたり同じとこぐるぐる回ってみたり
SF映画みたいで面白かった。
ただ足が重くて重くて仕方ない、という感覚が
目覚めてからも足に残っているような気がして
ちょっと不安になりました。
うわ〜、運動しよう、、、と思いました。笑
今日のこれからのおでかけはちょっとした遠出。
自転車で行こうかな。
体力ってホントに大事!
なんでも日々の積み重ねですね。
常に準備はしておきたいけど...
なまけもの病が...。苦笑

昨日はBB Kingさんが亡くなられたニュースを聞き
いろいろな想いが頭を駆け巡りました。
ハタチくらいのころブルースバンドにまぜてもらい
BB Kingさんを聴くことになり
ミュージシャンの大先輩からいろいろ教えてもらいました。
今、当時大大大先輩だと思っていた方たちの当時の年齢を
私はもう超えてしまい、
その時の流れにとまどい、不安を感じたり。。
あ。
そんないろいろな想いが夢にも現れたのかな!?笑

だけどつくづく積み重ねだなぁ、と思うのです。
様々な出会いのおかげで今があるのだなぁ、と。

ブルースバンドのおじさんたちには
音楽を演奏してお客さんに楽しんでいただくことの素晴らしさを
初めて教えていただきました。
そのライブではいつもBB Kingの音楽がありました。
BB Kingさんの音楽にまつわる想い出は
本当にたくさんあります。
BB Kingさんの映像を見ると目頭が熱くなるので
また今度。

曇り空の午後にはこんな曲を。
大好きなAl JarreauさんとPaul Brownさんのコラボ。
素敵すぎます。

ホント、よく言ったものです。
NO MUSIC, NO LIFE!


Makes Me Feel So Good - Paul Brown, Al Jarreau


| コメント(4)


20150513.jpg

今日はちょっと家族のことなど。

ちょうど一年前の今頃、
姉の住む街に14日間ほど滞在していました。
観光をするわけでもなく
ただ毎日を姉家族と過ごす普通の生活を送っていましたが
これが本当に素晴らしい日々でした。

子供の頃、姉は私とは正反対の性格で
とにかく活発快活の学校の人気者!というような
200%の元気人間で
私にとってのスーパーマンでした。

敬意を持ちつつも子供丸出しなので
アイス食べられたとかどうでも良いことで
毎日のように大喧嘩をし
母に死ぬほど怒られているような姉妹でしたが
私が高校3年生のとき、
姉はアメリカに留学していきました。
喧嘩ばかりしていたのに
寂しくて寂しくて仕方なかったなぁ。
喧嘩しつつもなんだかんだ頼れる姉に
何でも相談していたので
一人でがんばれるのだろうか、と不安でもありました。
でも姉ががんばっていると思うと
私も不思議と力が湧きました。

あっという間に年月が過ぎました。

それからは一緒に過ごす時間はあんまり無くって
14日間もずっと一緒にいられる日々というのは
10代以来のことだったように思います。
滞在中、毎日いろんなことをたくさんたくさん話しました。
姉はやっぱり最高だな、と思いました。

一昨日、姉からのメールに
「一年は過ぎてしまうと早いもので
みきちゃんが来た頃だなぁと
飛び跳ねてるウサギさんや堂々と歩く鴨を見ると思います。」
と書いてあり
なんだか泣けてしまいました。

最近、祖母といろいろな話しする時間があり
いろいろなことを教えてもらったり
昔の話を聞いたりして、、、
両親に、家族に、改めて感謝の想いでいっぱいになったりしています。

今元気でいられること、
今がんばれる環境にいることを
忘れてはいけないですね。

いや〜、
がんばりましょう!
もう、ホント、それだけですね!


さてさて、今日の音楽ですが。。。
先日の4月のTMaMのライブに
すっごい久しぶりにおいでいただいた方から
「bitter sweet rainが一番好きです。」
とおっしゃっていただいて
この曲の存在のことを思い出しました。

リーダーと一番最初に作ったオリジナル曲が
この「bitter sweet rain」です。
本当に懐かしい。
この曲はたくさんの方に応援していただきました。

一年前に姉の街でとっても美味しいと評判のカフェ
「handsome biscuit」に向かう途中、
iphoneで何気にmovieを撮っていたのですが、
滞在中唯一この日が雨だったのを思い出して
引っ張りだしてこの時の映像をつけてみました。
ただ走っているだけなんですけど。笑

好きっておっしゃってくださる方がいるのですもの。
この曲も久しぶりにライブでやってみようかな。
思い出してくれてありがとうございます。
人の人のつながりって本当にありがたく、愛おしいTT。


"bitter sweet rain" To Make a Miracle


| コメント(2)


20150508.jpg

先日久しぶりにフローラ黒田園芸に行ってまいりました。
やっぱりいつも素敵だなぁ。
モッコウバラが炒り玉子みたいにポコポコかわいく
たくさん咲いていました。
新緑はとっても気持ちいいし
やっぱりこの季節が一番好き。
澄んだ空気に、
どこか行きたくなってしまう。

そして今日はアダルトなこの曲を。
仕事中、ネットラジオから
Joeさんの「All The Things」が流れてきました。
久しぶりに聴いたのですが
改めていい曲T-T。
ぐっときました。
YouTubeにBETのスタジオ・ライブ映像が!
映像がぼんやりなのですが、
ベースがKenji Hinoさんなのですね。
きっとこの曲のテレビでの生演奏なので
おそらく1997年とか98年あたりですよね。
素晴らしいです。。
こういう曲の生バンド演奏って
ホント最高!
たまりません〜。


Joe - All The Things - BET Planet Groove


| コメント(2)


20150507.jpg

GW中に制作していたり修正していたお仕事を一気に提出。
ここ数日のんびりしていた気持ちも
また動き出した感じです。
お休みは関係なく
お仕事できることがやっぱりありがたい。笑
ホントに今年はがんばらないと!
働けるときにたくさん働きたい、としみじみ思うのであります。
音楽もできるときにホントがんばらないと!

仕事をしながらよくインターネットラジオを聴くのですが
OldSkoolチャンネルを聴いていたら
Atlantic Starrの「Secret Lovers」が流れてきて
なんだか胸がキュンとしてしまいました。
「Always」よりもこの曲好きだったなぁ~。

高校生になったばかりのころ、
ブラコンにはまってしまって、
免許取りたてで運転大好きだった姉のお共に
ドライブによく連れて行ってもらっていたのですが
姉のお友達が作ってくれたカセットに入っていたこの曲、
よく聴いていたなぁ。

首都高速から見える都会の夜の景色と
ブラコンの音楽がなんとも大人っぽくて
ちょっと背伸び気分で嬉しかった思い出。

ふと曲を聴いただけで見えてくる景色や
湧き出てくる想いを作ってくれる音楽って
やっぱりすごい。

胸がいっぱいになります。


Atlantic Starr - Secret Lovers


| コメント(0)


20150503.jpg

GWまっただ中ですねー。
毎日良いお天気で嬉しくなってしまいます。
うーたんは、グレープフルーツミントをかじって
息爽やか〜♪

そうそう、先日解ったことなのですが、
うちにやってくる二代目キジバトちゃんの
はーちゃん子。
はーちゃん子は女の子ということが判明しました!
毎日パートナーとくるのですが、
先日、相手のほうがはーちゃん子に求愛ダンスをしていたのです。
これで、確実に性別が判明して
なんだかすっきりしました。
そろそろ巣作りかな。
かわいいひなっこ、楽しみです。

先日、赤坂のバードランドに
Trinityさんのライブに行って参りました。
本当に、、、素晴らしいライブでした。

音楽ってホント、、すごい。
本当に心から音楽を愛している人の音楽の力って
やばいです。
カバーからオリジナル(オリジナルのユニット:AirBlue)まで
とにかく全部がツボ!ツボ!ツボ!!!でした。
愛とパワーと勇気をいただいたライブだったなぁ。
行ってよかった。。。。
素晴らしい音楽を本当にありがとうございました。

大好きなGeorge Dukeさんのカバーも聴けて嬉しかったなぁ。
私もGeorge Dukeさん、めちゃくちゃ好きだ。

そんなわけで今日の音楽は大好きなこの曲を。
1975年のほうです。(82年のほうもめちゃくちゃ好きですが)
1976年のライブも素敵なので是非!!
しびれるー。


George Duke - Someday (1975)


Billy Cobham & George Duke Band Someday - Live 1976)


| コメント(2)


2017年1月

Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        













月別 アーカイブ