2015年3月アーカイブ

20150330_01.jpg

祖母宅に向かう途中の見沼たんぼで
桜が競争しているかのように一気に咲き始めていました。
春休みのせいかお子さんたちと見沼用水沿いで
お弁当を持ってお花見されている方がたくさん!
これは楽しまないと!!!

見沼田んぼは四季を通して本当に素敵な景色をプレゼントしてくれます。
小さいころから見慣れた風景ですが、
こうしてほぼ変わらずにあり続けてくれること、
ホント、素敵なことで、ありがたいことですね。

昨日はHAKUTOの事務所にて
会計ボランティアリーダーのともこさんと一日作業。
集中してやるべきことが進んでいくのってホント楽しい。
それにあーだこーだ気兼ねなく話せる仲間との作業というところも
幸せなひとときなのであります。

HAKUTOさん。
先日見事国際宇宙開発レース「Google Lunar XPRIZE」
見事に中間賞を受賞され
来年の打ち上げに向けて、すごい勢いになっている!
日曜日にたくさんの方が事務所で議論や研究されている声が聞こえ
みんなの力が合わさるとホントすごいことになるんだなぁ、と
思いました。
来年、ぜひ優勝しますように!!
夢に向かって実現しようとしている人は
やっぱりかっこいい!
がんばっている人ってやっぱりステキだな。

よーし、わたしもがんばるぞー!!
4/23(木)のTMaMライブ、
お時間ございましたら是非おいでいただけると嬉しいです!
来週はいよいよリハだ!
楽しみです。

さて今日の音楽はブレンダ・ラッセルさんの
「Make You Smile」。
彼女は本当に素晴らしいクリエーター。
大好きな音楽家です。
なんでこんな素敵な曲を作れちゃうのかなー。
たまりませんっ。
ひさしぶりに聴いてハッとしてグッときちゃって
スマイルにしてもらいましたー!笑


Brenda Russell Make You Smile


| コメント(0)


20150319.jpg

春めいてきましたね!
空気が冬のとはぜんぜん違う。
暖かいということはホントにありがたいことです。
暖かいと着るものも軽くなったり
寒くて力が入ることも減ったりで
肩こりとか減りそうだなぁ。笑

ここのところ外出の合間に集中してPC作業なので
またいろいろCDを引っ張りだして
聴きながら作業しているのですが、
今日はAlex Acunaさんのアルバムを聴いてたりしていました。
アレックスさんのドラム、いいなー。いいなー。
大好きだなー。
幸せな気分になる。

このアルバムにも
前回のブログのBrandon FIeldsさんも参加してるし、
バンド名の「Alex Acuña & the Unknowns」とか言って
素晴らしい演奏だったりするところがにくい。笑

でもやっぱりこのアルバムでは
この曲が一番ゴキゲンです。
「Joe´s Red Eye」!
John Peñaさんのベースもしびれちゃう。
こういうガットギターもたまらないし。。。
こういう曲を聴いていると
幸せな気持になってお仕事が出来るので
ほんっとありがたい。
アレックスさんのドラム、また生で聴きたいなぁ。


Alex Acuña & The Unknows - 02 Joe´s red eye - Thinking of you


| コメント(0)


20150315.jpg

ひとつひとつやるべき事がクリアできていくと
本当に嬉しい。

先日昨年から予定していた
寿司店での撮影が終わり
とても素晴らしい現場の体験をさせていただきました。
ランチタイムからディナータイムの間という短い時間でしたが
希望していたもの以上の撮影をしていただいた
撮影チームのみなさまには
本当に本当に感謝です。
段取り、リハ等の準備から
本番、納品まで、素晴らしいお仕事で
プロの仕事を見ました。
やっぱり作っていく現場は楽しい!
そして店長さんをはじめスタッフのみなさまのご対応も素晴らしくて
みなさまのおかげでとても良いものがたくさん撮れました。
あとは私が仕上げるだけです。
がんばらなくっちゃ。
意識の高い現場って本当に刺激になりますね!

そしてそして
ずっと頭の隅っこでもやもやしていた確定申告も
またまたギリギリですが提出できました。
今年はもっともっとがんばらなくっちゃ、と
心も改まり、面倒ながらも
これはこれで良い機会だな、と思いました。


さて、、、今日の音楽は。。。
確定申告を提出する時にドライブのお供に持っていったCDが
Saxプレイヤー Brandon Fieldsさんの
1989年のアルバム「Other Place」。
出かけにCD棚を見ていたらすっと目に入ったので
久しぶりに聴きましたが、
こりゃ〜、やっぱりいいわ〜♪、と
とっても気持ちよくなってしまいました。
なかでもやっぱり「Old San Juan」。
Phil Perryさんの歌声が気持ちよくて溶けてしまいそうです。
Russ Freemanのガットギターがこれまたたまらない!

こんな気持ちよい曲が生まれてしまう土地
Old San Juan。
オールドサンファンというプエルトリコの場所みたいなのですが
行ってみたくなってしまいますね。。。
早くこの曲が似合う暖かい風が吹く季節にならないかな〜。

でも、もうすぐですね!


Brandon Fields Old San Juan

数年前のフィルーペリーさんがライブで歌う映像もありましたので
是非!
いいわ〜T-T。


R&B Legend Phil Perry Sings "Old San Juan" Live at the BB JAZZ Winter Event


| コメント(0)


20150311.jpg

4年前の今頃は不安で不安で
どうなってしまうのだろう、と
とてもお布団に入ることなんて考えられずにいました。

次々と今まで見た事のない恐ろしい光景をテレビから見て
とても音楽どころではない、、、
いえ、音楽のことなんて忘れてしまっていた、という日々でした。

けれど、不思議とほっとさせてくれたのは
やっぱり音楽でした。
食料やガソリンなどを求め深夜に運転した車の中で
久しぶりにラジオから音楽が流れて
なんだかその音楽に心からほっとしたんです。
ABBAのママミアだったと思う。
 (J waveのふかわりょうさんの深夜番組だった。)
音楽の力を感じた瞬間でした。

そして、ちょうどiwashiのライブも3月の終わりに決まっていて
やるべきかやらないほうが良いのか?と悩んで
一度お断りしたのだけれど
でも、リーダーの一声や仲間のおかげでやる気が持てた。
私ひとりだったら、そんなパワーは出なかったと思う。
仲間って本当に愛しい。

お客様もたくさんおいでくださって
節電でキャンドルライトがメインの中
メンバーそれぞれの大切な方々のお顔を見る事ができて
本当にほっとしたことをよく覚えています。
あんな不安な中、音楽のおかげで
お互いの元気を確認できた、
電車に乗ってお互い求め合って確認できた、、、
あの時も、音楽の力を感じました。

そのライブで、すごく演奏する曲に気持ちを込めたことも
よく覚えています。
日本はどうなっちゃうのだろう、、、。
そんな不安の中、
わたしたちのふるさとに
自信を持って敬意を込めてこの曲を届けたい、
と思って歌ったのが、
Toninho Hortaさんの「Aqui oh!」でした。
トニーニョさんが
愛する故郷ミナス・ジェライスのことを歌った歌。

やっぱりこういう気持ちを忘れてはいけないなぁ。
忘れてしまう才能も時には必要だけれど
こういう気持ちになったことは、
節々でふりかえることはやっぱり大事なことですね。

そんなわけで今日の音楽は「Aqui oh!」だと思って
歌詞を検索したら
自分の過去のブログが出てきたのでリンクします。笑

Aqui , Oh ! (2011年3月21日 12:18)

自分の過去のブログなんてほとんど読まないけれど 笑
久しぶりに読んで、
ルネちゃんの歌声や
不安な夜の新大久保で親友のともこさんと語ったこととか、
なんかいろいろ思い出して
胸がいっぱいになりました。

ああ、これも音楽の力だ。笑
明日もがんばろう。


Aqui, Oh! - Toninho Horta & Fernando Brant [1980]


| コメント(0)


20150310.jpg

オリエンタルマースカレーをいただきました。
実はまだ一度も食べたことがなかったんです。
このパッケージ、惹かれます。
チャツネ付き。
どんな味なんだろう。
懐かしい味がするのかな。
左上のキャラクターも気になります。
楽しみだなぁ〜。

それにしても今夜は冷えます。
外は風がびゅーびゅー。
はーちゃん子やことりのみんなは大丈夫だろうか。
早く暖かくなるといいなぁ。

こんな寒い夜は
心温まるすばらしい音楽を。
George Dukeさん、Stanley Clarkeさん、Howard Hewettさんの
3人で奏でる「Heaven Sent You」。
オリジナルとは全然違うアレンジで
これがまた本当に素晴らしい!
Howard Hewettさんはシャラマーのときから
大好きでしたが、ますます素晴らしいですね。
ジョージ・デークさんがまたとっても楽しそうなので
その笑顔にも嬉しくなってしまいます。
3人の息も合って、、、
やっぱり愛だわ〜。


George Duke, Stanley Clarke and Howard Hewett - Heaven Sent You

↓ オリジナルのこういうのも、もちろん大好物。笑


Stanley Clarke - Heaven Sent You(Ft.Howard Hewitt & George Duke)


| コメント(0)


20150308.jpg

久しぶりにお風呂に入ったうーたん。
最近は昔よりは嫌がらなくなって、
しかも、暖かいお湯に、ちょっと気持ち良さそうなのですが
それでもやっぱり緊張はしているみたいで
お風呂から出て乾かしていたら
安心したのか
腕の中で寝息を立ててぐっすり眠ってしまっていました。
数年前のうーたんだったら
こんな甘えてくることは本当にあり得ない。
信用してもらえているみたいで
ちょっと嬉しいひとときでした。笑


昨日も、楽しい仲間とお誕生日とご結婚のお祝いがあって
なんだか笑いっぱなしの一日でした。
お祝い続きで、ホント幸せ!

笑うって素晴らしいですね。
病気が治っちゃうくらいですものね。

夜も更け、笑い過ぎで体力もかなり落ちていた頃、笑
ふとBGMで流れてきた曲が
もう、心に沁みちゃって、沁みちゃって...。

その昔、何度も耳にしたこの曲、
タイトルが出てこない、、、、
なんだ、この曲の、この切なさは...T-T。

ふと、おとなりさんから
マイケルボルトンの「How am I supposed to live without you」だと
教えていただき、
あ〜!そうだ!それだーーー!
と、その曲を聴いていた時代にタイムスリップしそうになってしまいました。
音楽の魔法だなぁ〜。

予期しないタイミングで
予期しない曲がかかると
ほんとグッと来たりしてしまいますね。

改めていい曲だなぁ。。。T-T
泣ける。
沁みる。

割と最近のマイケル・ボルトンさんのライブ映像がありましたので是非!

王道ですね!
素晴らしい!!!
髪型もこちらのほうが素敵だと思います!(個人的意見)


michael bolton how am i supposed to live w/o you(HQ)


| コメント(3)


20150306.jpg

チューリップの芽がだいぶ出てきました。
外を歩いていても、梅の花がとってもきれいで
桃の花も見かけたり...。
ベランダにやってくるヒヨドリさんたちも
くちばしの周りを黄色い花粉だらけにして顔を出したりしています。
春ですね。
わくわくします。
またツバメさんにもたくさん会えるかな。

ああ、でも、新しい出会いもあれば
別れもありますね。

今日、運転中に見かけたのが
畑をとぼとぼひとりであるくツグミ。
ツグミちゃんはこれからまたシベリアまで帰るのかー。
と思ったら、すごい寂しくなってしまいました。

どうか無事にシベリアにたどりつけますように。

そしてツバメさんたちも無事に日本にたどりつけますように。

みんなそれぞれの新しい旅がまた始まりますね。

TMaMの今年の旅もがんばらなくっちゃ!

そんなわけで今日の音楽。
今日は作業中に聴いていた
Patti Austinさんの「Broken Dreams」を。
El DeBargeさんをフューチャーしてのこの曲。
エンディングのコーラスワークが本当に美しくて...。
この部分が聴きたくてホントに何度聴いたことか!
素晴らし過ぎですT-T。
泣ける。


Patti Austin ft El DeBarge - Broken Dreams


| コメント(0)


20150304.jpg

先日、母の誕生日でした。
今度の週末は祖母の誕生日。
お祝いごとが続きます。

歳は重ねるものだなぁ、と
しみじみ思います。

まだまだ素晴らしい先輩方の前では
若輩者ではありますが
もう確実に若手ではない。
何かをしっかり見せることのできる人になりたい、
と、日々思うのです。

昨年暮れから祖母や母や叔母と
過ごす時間が以前より増えて
いろいろなことを考える時間も断然増えました。

こういう時間に巡り会えたことも
歳を重ねてきているから。
昔だったらあまり深く考えなかったことも
今だと涙がでるくらい感動することだったりする。

漫画家の大島弓子さんも作品で書いてらした言葉。

「やっぱり人はできるだけ長生きするべきだ。
 その分すこしずつ わかってくることがあるからな。」

この文章が、
以前より、今は
もっと理解できる。

情熱や愛情、、、いろいろな想いが生まれることにぐっとくる。
みんなそれぞれの幸せがあれば
それが最高。
ホント、みんなそれぞれだ。
いろいろな人がいていいじゃない。
だから人生面白い。

でも日常を重ねていると
本当にどうでも良い事で悩み考えすぎてしまうのよね。
そしてまた反省。
それもまぁ、人生なのか。笑


自分のしていることに気負わず
向上心を持ち続け
私は私の道を行きたい。
仕事も自信を持ってやるのだ。
音楽もこれが私のスタイルだと自信をもってやりたい。
私が一番最高だと思っているTMaMの音楽を
たくさんの人に聴いていただけるように、がんばる。

2015年も3月に入ってしまいましたが
これが今年の目標かな。
テレビで、書き留めることは大事、と言っていたので
今日はちょっと姿勢を正す意味も込めて書き留めてみました。

10年くらい前は、
あと何年でなんとかしなくちゃ、とか
ものすごい焦ったりしていたけれど
あれはなんだったんだろう。
もちろんのんびりしていてはいけないけれど、
自分が大好きな音楽をやめるなんて選択肢は
10年経っても全然無い。
来年は15周年だ。笑
自分の好みはずれている、、、なんて多々思い知らされるけど
ますますリーダーがつくる音楽はすごいと思うので、
やり続けなければ意味がない、私ががんばらなければ!!、と
想いは募るばかりなのです。

のんびりだったけれど
この10年は決して無駄ではなく、
重ねるべきものだったのだと思う。
いや、思いたい。

まあ、
それが、わたしの世界、
なんだと思う。

That 's the way of the world!

私のお葬式のときは
「That's The Way Of The World」と
「Biggest Part of Me」と
「I Just Wanna Stop」と
「雨の記憶」と
「Back Again」をかけてもらいたいな。
あ、「三月の雨」とか
ほかにもまだまだあるなぁ、、、。
多過ぎかな。笑

今日はまじめに書いちゃった。
いやいや、記録は必要!
ブログの存在はやっぱり私にはありがたい。


Earth Wind & Fire ~ That's The Way Of The World


| コメント(0)


20150302.jpg

先週に引き続き
週末は長い間お世話になっている先輩の結婚のお祝い会で
楽しく楽しくお酒をいただきました。
先輩のご結婚はホントに嬉しい出来事でした。
どうかどうか末永くお幸せに。
そして、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

その席で初めてお会いした方も
ご結婚を控えているということで
まぁ!なんとおめでたいことでしょう!!!
本当に楽しい会になりました。
写真はその方からいただいた手作りのこんにゃく。
こんにゃく芋からここまで毎年お父様が作られるそうで
これがまた市販のこんにゃくとは全然違くて。
わさび醤油にゆずをしぼって、、、
なんと美味しいことかーーーー!驚
これですもの。
芋焼酎が進むわけです!笑

夕方からスタートしたのに気がついたら深夜で。
地元だとついつい油断してしまいますね。
遅くまでお邪魔してしまいました。
本当に本当に素敵な夜をありがとうございました。

そんな楽しい会の中で
レコードの話題になって
自分たちの時代はシングルレコードいくらだった?とか、、
500円だった、とか700円だったとか、レコード買う時代じゃなかった、とか
各世代からいろいろな声が出たり。笑
おうちにあった貴重なレコードコレクションを見せてもらったら
E,W&Fや、Brothers Johnson、ドナ・サマーとか
いい感じのブラックミュージックのシングルレコードがいっぱいあって
いろいろ聴きたくなってしまいました。笑

そんなわけで今日は仕事中、そのブラック的な流れで
大好きなDaytonを。

Daytonはほんっとに大好きだなぁ〜。
もうこのブログで何回書いたことか。。。
うん。それだけ好きなんですね。笑

どのアルバムも大好きだけど、
やっぱり1983年の「Feel The Music」が一番!
代表曲はもちろん「The Sound Of Music」ですね。
もうサビとか聴いてると豊かな気持ちになってしまう!


Dayton - The Sound Of Music 1983 HQ !! Edit Remastered by Jeff Mack

一番好きな曲は、やっぱり「It Must Be Love 」かな。
Shawn Sandridgeさんの歌声がほんっとにほんっとに大好き!
この歌声はたまりませんっ。涙でます。


Dayton - It Must Be Love

とにかくこのアルバムははずれ無しです。
「Promise Me」も素晴らしいんです。。。T-T


Dayton - Promise Me

あ!
もちろん1981年のアルバム「Cutie Pie」も大好きです!
「Fool was he」なんて最高〜。


Dayton--Fool was he

ホントいい曲ばっかり。
ああ、今日はついついいっぱいリンクしちゃったな〜。
好きな曲ばっかりで幸せ〜♪


| コメント(0)


2015年6月

Su Mo Tu We Th Fr Sa
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        



















月別 アーカイブ