2011年9月アーカイブ

20110927_1.jpg

日曜日。
まずは地元のイベントで一曲参加。
こんなにかわいいお花をいただきました。
一曲だけの参加でしたが
すごく楽しかったし、とっても勉強になりました。
やっぱりやってみる、って大事なコトですね。

そして、急いで市原のiwashiのライブ会場、
古民家レストランCANNONさん
車でGO。

20110927_2.jpg

20110927_3.jpg

20110927_4.jpg

セッティングが終わってから撮ったので
すっかり暗くなってしまった。笑
写真も真っ暗。
3枚目の灯りがあたたかい建物が
今回お声をかけていただいた
陶芸家の相葉仁美さんの作品展が行われていた
ギャラリー。
本当に素敵な処でした。。。

久しぶりに野外でのライブ。
雨がポツポツしてきたり、
途中で電源が落ちたり、
どこか遠いところからやってきた旅客機の夜間飛行を
何度も見かけながら演奏したり。
ハプニングもまた楽しい。
夜空の下、虫の声、
あたたかい笑顔で聴いてくださる皆様。
演奏をしていてとても心がリラックスしている自分がいました。

酒豪家揃いのiwashiのみなさんですが
それぞれ自分の車で集合したので
今回はお酒ナシ!
でもいろんな要素が交じり合い
ほろ酔い気分。
すごく楽しい夜でした。

相葉仁美さんはベースのえんどさんの
高校の同級生さん。
またそのお仲間のみなさんが
いろいろと協力してくださって
素晴らしい素敵な一時をいただきました。
本当に本当に
どうもありがとうございましたm_ _m。

20110927_5.jpg

こちらは
CANNONさんのマスター様からいただいてしまった
自家製パン。
4種類あるそうなのですが
私はくるみパンをいただきました!
これがホントに美味しくて
あー、全種類買って帰ればよかったー、って
大後悔>-<。
マスター様、どうもありがとうございました!!

20110927_6.jpg

こちらは仁美さんの陶器。
雲の模様がとっても素敵なのです!
早速使わせていただいているのですが
口に器があたった時の感触も
とっても優しくて
いつものコーヒーが一層美味しくなります。
また次の機会に仁美さんの器、購入したい。
揃えていく楽しみができました!!

20110927_7.jpg

連休なんて関係なく働かなくてはならない身分の私が
連休中は全然お仕事が出来なかったので
月曜日の昨日は久しぶりにガッツリ仕事。
気がついたら夜だったので、
先日、ki910moさんにいただいた
お手製アンチョビを使ってオススメされていたレシピの
アンチョビポテトを作ってみました。
これが、ホントに美味しいっ!!!
まさにお酒のお供にぴったり!!!

20110927_8.jpg

仁美さんの器で飲むコーヒーと
アンチョビポテトで一息。
こういうちょっとした瞬間。
これもギフトですねぇT-T。


そんなところで今日の音楽です。
引き続き、ブラジルの音楽を。
と、言ってもスタンダードではなくて
80年代のブラジルAORからはじまり
今やブラジルのファンキーおばさんの大御所である
Sandra de Sáさんの音楽を。

ブラジル音楽というより
完全にアメリカ音楽の影響大で
そのサウンドにポルトガル語で
サンドラさんが思い切って歌ってくれると
サンドラさんワールドがあふれていて
国なんて言葉なんて超えて
ああ、音楽っていいなぁ、って思ってしまう。
サンドラさんも憧れのブラジルの
女性ミュージシャンです。

そんなわけで代表曲の
「Joga Fora(1986年)」のアルバム音源と
「Olhos coloridos(1982年)」の2004年の
ライブ映像を是非!


JOGA FORA SANDRA DE SÁ


TV Nega - Sandra de Sá - Olhos coloridos

女惚れします、マジで。
最近のサンドラさんは
さらに見た目もファンキー度が増して
もう最強な感じさえします。

2007年のテレビ番組のサンドラさん。


Sandra de Sá part. Emicida - Olhos Coloridos - Altas Horas

ファンキーなおばさん!
最高ですT-T!


| コメント(2)


20110923_1.jpg

久しぶりの更新になってしまったので
まとめて備忘録です。
と言っても
思い出した時に携帯で撮ったもの、だけなのですが。
忘れっぽい私には
その都度写真を撮っておくことは
結構大事かもしれません。笑

上の写真は気がついたら咲いていた
ローズマリーのお花。
こんな水色のかわいいお花が咲くのですね。
感激でした!


20110923_2.jpg

こちらは、
9/15、東京駅目の前の丸ビル2の1FのSTAND Tで行われた
vo:フランシスマヤさん、sax:木村佳代子さん、key:永田ジョージさんの
素晴らしいライブ。
いや、ホントに。素晴らしかったT-T。
この日は偶然とご縁が重なり
すいすいといわし
ともこさんとなおいさんとえんどさんも集合。
不思議なタイミングとご縁に感動。
素晴らしい音楽を聴きながら物思いにふける。


20110923_3.jpg

20110923_4.jpg

ルネージャさんの事務所でちょいとPC作業。
またしてもルネちゃんのごちそうをいただく。
うまい、うますぎる。十万石まんじゅう。的に
お料理が美味しすぎてまたしてもお酒が進んでしまい
終電をあきらめる。笑
ルネちゃん、アライさん。
楽しい夜をありがとうございましたーっ!


20110923_5.jpg

従妹の誕生日&祖母の敬老のお祝いの会で。
予約しておいたコスモスさんのケーキ。
数あるケーキの中から悩みに悩んで
従妹の好みは「きっとショートケーキ!」と思って注文。
ズバリ的中で、みんなに褒められる。
伊達にウン十年、従姉をやっていないのでR。えへん。


20110923_6.jpg

先日の台風は本当にすごかった。
夜、仕事があったけれど、先方の早めの判断で
その日は中止に。
その決断が早くて本当に助かりました。
結局、電車、走ってなかったし。
ベランダの植物たちを避難させてるとき、
前の林の木々がバシバシミシミシ音を立てながら
こっちにまで飛んできそうで恐怖を感じました。
停電も二回。
バシッ、ドスンという音は
マンションの前に停めてあった車に
木が折れて倒れた音でした。
ホント、すごい風でした。
 (車は大丈夫そうだった!)


20110923_7.jpg

台風の次の日、
飛べずにオロオロオタオタしていたハトちゃん。
すっぴの病院に入院しました。
結構傷がひどくて台風が原因かと思いきや
たぶんカラスのせいだろう、と先生談。
治療しても致命傷で飛ぶことができなかったら
すっぴの弟として迎えることになるかもしれません。
いや、妹かなー。
すごくお目目がくりくりしていてアイドル顔のかわいい子だったし!笑
とにかく元気になって欲しい。
先生、いつも本当にありがとうございますT-T。


20110923_8.jpg

なかなか時間が取れない日々でしたので
今日は久しぶりにうーたんとベランダでサッカーを。
今日は走り回ったねー。
楽しかったねー、私が。笑


そんなわけでこんな日々をまとめて
ウィルソン・シモナルお父さんの
素晴らしい歌で〆たいと思います。
ジョルジ・ベンさん&トッキーニョさんの名曲で
シモナルお父さんの歌声は
あまりにも優しくて泣けてきます。
「なんて素晴らしい...」という曲。
「Que Maravilha 」。

「Que Maravilha 」を歌っている人はたくさんいますが
私はシモナルお父さんのこの歌声がすごく好きです。


Wilson Simonal - Que Maravilha

もともとはこちらのおふたりが作られた曲です。


Que maravilha com Jorge Benjor

シモナルお父さんがなくなられた後行われた
トリビュートのライブで
マリア・ヒタさんが歌われたバージョン。
アレンジもシモナルお父さんと一緒にされてます。
泣けます。
マリアさんの後ろで
シモニーニャの弟さんのマックス・ジ・カストロさんが
踊りまくっているのが泣けますT-T。


Maria Rita canta "Que Maravilha" no Baile do Simonal - Globo - 12/12/09

ステージのバックのスクリーンの
シモナルお父さんの頭に巻いているものが
どうしても酔っ払いのおじさんのネクタイにしか見えない。
いえ、もう、ホント。最高ですっ!


そしてこの曲を作ったジョルジ・ベンさんといえば
やっぱり一番有名なのは「mas que nada」!
これまたとっても急遽!、なのですが、
9/25、千葉県市原市の古民家でライブをやることになりました。
iwashi website
ボサノヴァスタンダードでごり押しする予定です。
「mas que nada」も演奏する予定。
私は前から予定されていた別件を終えてから
車で突っ走ってなんとか間に合う予定。
演奏スタートは18:30~です。
お近くの方、是非遊びにいらしてください。
いやはや。遠いよなぁ~。


| コメント(4)


20110914_4.jpg

なんだかバタバタしてしまって
PCにゆっくり向かえない日々が続いています。
そんなわけで音楽もあんまり聴けなかったりして
ブログにも向かえず。。。

日曜日は
朝からブルースバンドのおじさんたちのお手伝いで
一日外出しておりました。

その日の朝、待望のすみれが咲きました。

20110914_1.jpg

とちもんさんから以前送っていただき、
今年に入ってから撒いていた種でして
いつの日か咲いてくれる、、と信じていた
とちもんすみれ。
考えていたよりもずっと深い紫色で
ビロードのようなシックな花びらに
大感激!
今朝は二輪目、三輪目のお花も開花。
とてもとても、嬉しいです。
とちもんすみれは
幅の広い大きな鉢にたくさん種を撒いたのですが
なぜかこのすみれさんが咲いた日に
同じ鉢の隅っこのほうで
とってもかわいいお花も咲いていました。

20110914_2.jpg

調べてみたのだけど、
たぶんヤブタビラコ、って言うのかな。。
漢字で書くと「藪田平子」。
季節的には春に咲くお花、ってことなのだけれど
このすみれさんも春に咲くと思っていたので
この鉢の時の流れだけ
ゆっくりと流れていて
まだ、春なのかも。。。笑

かわいいお花が咲いてくれて
嬉しい日曜日の朝でした。。。

それから備忘録。
先週末はともだちのよーこちゃんと
以前から行ってみたかった
伊奈町にある週末だけ営業しているカフェ「粉音」へ。
おしゃべりに夢中で
うっかりお店の写真を撮ってくるのを忘れてしまったのですが
ランチだけはしっかり撮ってきました。

20110914_3.jpg

玄米ごはんと夏野菜のカレー。
すっごいすっごい美味しかった!!!!
かぼちゃとか皮ごと柔らかくて
とっても優しくてかつスパイシーなカレーでした。
食後のコーヒーもこれまた美味しかった。。。
店内もすっごい素敵なインテリアで
店員さんも笑顔が素敵な方ばかりでした。
ああ、幸せな一時...T-T。
よーこちゃん、また行こうね~!


さてさて今日の音楽は
日曜日のブルースバンドのおじさんたちに肖り
渋いおじさまの音楽を...。
Les McCannさんです。
なんというか、、もう存在そのものがブルースです。
声がですね...、素晴らしいです。
未だに続けて活動されているところがこれまた感動。
ジャズ、ソウル、ファンク...等
いろんなスタイルをされてきましたが
やはり芯のところはブルースマン、、だと
私は思っております。

昨年のライブ映像も見つかったりして
これまた感激しています。
やっぱり声が!!!たまらないです。
やっぱり歌っていいな、と思ってしまいます。

それでは大好きな1983年のアルバムの中から
「The Longer You Wait」と
昨年のライブ映像と、
2004年のThe Soul Survivorsのライブ映像を!
「The Longer You Wait」は後半の盛り上がりも
グッときます。
泣けてきますT-T。
さらにDavid T. Walkerさんのギターがたまりませんっ。


Les McCann The Longer You Wait


Javon Jackson and Les McCann Live at Anthology San Diego


The Soul Survivors - Jazzwoche Burghausen 2004

The Soul Survivorsのコーネル・デュプリーさんも
今年の5/8に亡くなってしまいました。
本当に素晴らしいギタリストさんだったので
悲しく、切ないです。
コーネルさんのお姿も是非!

やっぱり音楽は生き様だなーT-T。


| コメント(6)


20110908_1.jpg

昨日の9/7は
ピアノのスギヤマさんのライブがあったので
自由が丘へ。
いつも明るくも闘っているスギヤマさんのライブには
多くの刺激を受けてしまいます。
昨日のライブもはたまた素晴らしかった。。。
がんばらねば、と気合が入りました。

20110908_2.jpg

ライブの前には早めに自由が丘に集合、
じゅんこさんとベトナム料理をいただきました。
これが本当に美味しいお料理で
入店したときは
時間も早く
お客さまも一組くらいしか居なかったのに
気がついたら満席になっていました。
アクティブなじゅんこさんのお話にも
たくさんの刺激を受けました。

そんなわけで昨夜はとても素敵な夜でした。


今朝は久しぶりにセミの声、ではなく
鳥の声で目覚めました。

先日、
マンションの前に軽トラックで
パンの販売に来てくれるお姉さんが
「ここは本当にセミの声が大音量ですね!」
って驚かれていらっしゃいました。

確かに窓を開けて電話とかしていると
たまにセミの声で
電話のお相手の声が聴こえなくなるときがあります。笑

だけれども
今日は鳥の声で目覚めました。
ああ、季節が確実に変わってきている、と
眠気眼で起き上がると
窓辺に青いアサガオがたくさん咲いているの見えました。

20110908_3.jpg

まさかもう咲かないだろうと思っていたアサガオ群。
しかも全部青色!!!
慌ててたくさん写真を撮っちゃいました。

20110908_4.jpg

20110908_5.jpg

20110908_6.jpg

アサガオは一日しか咲かないから
ちゃんと記録しておかねば。。。

そしてもう一つの青い朝顔。
「富士の空」も咲いていました。

20110908_7.jpg

優しいブルーがたまりませんっ。
青色に包まれた嬉しい朝でした。。。

そして久しぶりに
近くまで飛んできた
恐竜みたいな声で
背中のブルーグレー色がお洒落な
オナガちゃん。

20110908_8.jpg

見た目の美しさと
声のガラガラ度とのギャップがまた可愛い。

20110908_9.jpg

ベランダにいるだけで
いろいろと飽きないねぇ、うーたん。笑


さてさて今日の音楽です。
今日は入稿があったりしたので
作業がはかどる音楽を...と
急にギターのJimmy Ponderさんが頭に浮かんだので
久しぶりに引っ張り出して聴いていました。

そうだ。
私、ジミー・ポンダーさんのギターが
大好きだったじゃないかっ!
って聴いているうちにいろいろ蘇ってしまって
仕事がはかどるどころか
いろいろ彼が参加しているアルバムとか
引っ張り出してきちゃって
机の上がごちゃごちゃになってしまった。苦笑

ジミー・ポンダーさんのギターに
しびれたきっかけの曲は
オルガンのRichard "Groove" Holmesさんの
「Cheeka's Dance」という曲での
ジミーさんのギターソロのやられてしまったのが始まり。
その出会いから、
ジミーさんのアルバムや
参加アルバムを探してみたり...。

で、ジミーさんのすごいところが演奏以外でも!

参加アルバムに写っている写真のお顔が
一人よそ見してたり、
目をつぶっていたり...、
なんかまともに写っていない写真が多い気がするのです。
ジャケ写で目をつぶるものを採用されちゃうのって...。
さすがだ、ジミー・ポンダー。

あんなかっこいいギターなのに、
写真はちゃんと写れなかったり...、という
そういうところが
これまた好きなわけでもあります。笑

そんなわけで
ジャズジャズな曲も多いジミーさんですが
Groovyな曲もこれまたかっこいいので
Groovyな曲をアルバム音源から是非!

こちらのジャケットはイラストのせいか
目をつぶってません。笑


Jimmy Ponder - Chasing That Face

それから嬉しいことに最近の(2008年だけど)
ジミーさんのライブの映像も上がっていので
これも是非!
ジミポン節、全開ですっ!!!


Pittsburgh Jazz: Jimmy Ponder - Summertime


Pittsburgh Jazz: Jimmy Ponder - Dreamsville

ジミーさんが
演奏の途中で呑んでいるものが何なのか?
とても気になります。
やっぱりバーボンかな。

ああ、本当に最高だなぁ...T-T。


| コメント(2)


20110905_1.jpg

朝顔「暁の海」、咲きました。
名の通り、
朝日が差し込むと同時くらいに
海のような青い花が開きました。

20110905_2.jpg

今年ちゃんと種が採取できるかは
今のところまだわかりませんが、
毎年続けて撒き続けていくと
種自体も進化していくので
採取できたならば、
毎年続けていき
より強い「暁の海」へと成長できるといいな、
と思います。

それから。

先日とちもんさんからお送りいただいた
まくわうり。
漢字で書くと「真桑瓜」。

20110905_3.jpg

聞いたことも見たことも初めての果物。
ドキドキしながら包丁を入れてみたら
なんとも甘いメロンのような香りが...。
種の付き方もメロンのようで
味もすごく似ていました。
でもとても果肉がしっかりしていて
メロンのような柔らかさではないんです。
甘みも種の周りだけ。
切ったのが早すぎてしまったのかもしれないです。
ううう、大失敗T-T。
これはいかん!と思って
レモン汁とお砂糖で煮込んでコンポート風にしてみました。

20110905_4.jpg

これが激美味!
味はしっかりメロン風味だし
果肉もしっかりした食感で美味しいし
ヨーグルトとかバニラアイスのトッピングにしたら
最高ではありませんかっ!!!

今年の夏はまくわうりやいちじく。
初めての果物を体感できてとても嬉しい。。。
とちもんさん、改めまして
どうもありがとうございましたm_ _m。


さて、うーたん。

20110905_5.jpg

ここのところのお天気のせいで
なかなか外に出れなくて
少しつまらなそうだったので
久しぶりにキッチンのスペースで
自由に遊んでもらいました。
キッチンの床は滑るので
走っては転がり走っては転がり。笑
ちょっとはいい運動になったみたいです。

20110905_6.jpg

走り回って疲れたの図。

20110905_7.jpg

それでも少し休憩したらまたすぐ遊ぶ。
タフな男です。
一度、これだ、と決めたら誰よりもしつこいし。笑
いえでも、実のところ、
私のほうが、うーたんに遊んでもらっているのですよね。
いつもかわいさ満載で癒してくれて、(気を抜くと噛まれるけど)
ホントにありがとねT-T。


さてさて今日の音楽です。
週末作業しながら引っ張り出して聴いていたのが
Terry Callierさんのアルバム。
Terry Callierさんは
60、70年代に才能を開花させた後、
80年代に音楽業界を離れてコンピュータのプログラマーになり
90年代にクラブシーンで再燃したのをきっかけに
また音楽の世界に戻ってきたという
経歴のシカゴの「Mr フリーソウル」。
5年ほどまえに横浜のMotionBlueに
テリーさんのライブに聴きに行ったときに感動したのは
音楽の素晴らしさに加え、
彼のお人柄。
アンコールに何度も応えてくれて
しかも、涙を流しながらステージに歩み寄ってきたファンの男性を
優しく抱きしめていたテリーさんの懐の大きさには
こちらまでもらい泣きしてしまいました。
音楽は生き様だってことを
改めて実感させてくれたあの夜。
今もとても心に残っています。

それでは復帰後の1998年のアルバム
「Time Peace」の中から
大好きな曲「Traitor to the race」。
タイトルからしてキテマス。


Terry Callier (Timepeace) - Traitor to the race

しびれますT-T。


| コメント(2)


2011年10月

Su Mo Tu We Th Fr Sa
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31