2011年1月アーカイブ

20110126_7.jpg

オリジナルテキスタイルプリントを制作している
友人441氏の展示が
吉祥寺の「STONE」で今日1/26から始まったので
久しぶりに吉祥寺へ車で行ってまいりました。


『 JUBILEE VS 441 (yon yon ichi) 展 』
1/26(水)~1/30(日)
STONE
武蔵野市吉祥寺本町2-17-7


441氏はその名も「ヨシイ」と言う。
地元大宮の友人で
10代の青春時代をすっごく楽しくしてくれた
大切な友人。
そして、
ずっとずっと創り続けている尊敬すべき友でもあります。

テキスタイルプリントをやっているけれど
かなりクレイジーなミュージシャンでもあります。
かつて一緒に
アイアンメイデン、やったなぁ...。(笑)

とにかくポップで
とにかくかわいくて、
何といっても彼が作る世界は
元気をくれる!

441ワールドを是非!

20110126_1.jpg
3種の新作柄!

20110126_2.jpg
441のロゴ。ワンコだワン。

20110126_3.jpg
新作柄から生まれたバッグ達

20110126_4.jpg
欲しい!

20110126_5.jpg
欲しい!欲しい!

20110126_6.jpg
旧作の柄で作った「だるまじぞう」。
略して「DJ」。(笑)

かわいい、かわいい!と思わず連発。
「褒めすぎだよね(笑)」と言うと、
「褒められて伸びる子なんで。」と、彼はニヤリ。


441氏と一緒に展示されていた「JUBILEE」さんの作品も
とってもとってもおしゃれでかっこよかったです!
Tシャツとか、ちょっと欲しかった...。(貧乏T-T)

STONEさんの隣が続きでレストランになっていて
これまたすっごいおしゃれな空間。
はー。さすがおしゃれな街、吉祥寺だわ~。

久しぶりに441氏ともたくさんお話できたし、
元気をたくさんいただきました。

日曜日までやっていて、
彼はほぼずっと会場にいるそうなので
是非是非お立ち寄りくださいませ。

あー、時間があったら
隣のお店「食堂ウラニワ」でお茶したかったなぁ、、、。
そのくらい、ステキなステキな場所でした。

いやぁ...、
今年こそは441バッグを買うんだ!!!!

...がんばって仕事、しよ。(つぶやき)

ちなみに441氏。
3月のアイアンメイデンの来日コンサートは
既にチケット、ゲットしているそうです。(笑)


そんなわけで今日の音楽です。
アイアンメイデンではなく、
Fonzi Thorntonさんです。

「The Leader / Fonzi Thornton」(1982)

ここのとこ、
Yogi Hortonさんがドラムを叩いている曲を
ずっと聴いていまして
いろいろイマジネーションしています。
そんなわけで、
先日は、ルーサーのヨギ氏がドラムのアルバムだったのですが
今日はボーカリスト、フォンジ氏のアルバムを。

私がブラックミュージックを好きになったきっかけは
思春期のときに、
CHICやGeorge Duke氏等、
いわゆるダンスミュージックを聴いたのが始まりでして、
こんなかっこいい音楽があるのか!と
CHICの「Everybody Dance」なんかには
完全にノックアウトされておりました。
そこから、
いろいろ音楽を聴くようになったのですが、
その、CHICの主メンバー、
ギターのNile Rodgers氏、ベースのBerbard Edwards氏等が
このフォンジ氏のアルバムに参加されています。
Berbard Edwards氏のプロデュースが強力ですっ。
それに、マーカス・ミラー氏、オマー・ハキム氏等、
錚々たるメンバーも。
その中でもヨギ氏のドラムがすごくすごくかっこいいです。

それでは
イントロから最高なグルーブのこの曲を是非。


FONZI THORNTON ( The Leader )

そして
イマジネーションしています。
はっきりとそこには笑顔が浮ぶのです。
音楽はすごいです。


| コメント(8)


20110124_1.jpg

今日は珍しく曇りの朝でしたので
朝の強烈な日差しが無く、ちょっぴり寂しい気分。
やっぱりお日様の力は偉大ですね。
いつも朝一で元気をくれるのですもの...。

それにしても連日のひよちゃんのバードケーキ合戦が
かなり激化していて
一日に何度もやってくる二羽がすごいことになっています。
今日はよくよく見る事ができたのですが、
小さい子と大きい子がいて、
小さい子のほうが相当強い!
大きい子が食べに来ようとすると
弾丸のように横から飛んできて
どけどけ~っとベランダに突っ込んでくる。
今日はベランダの中で喧嘩していました。

大きい子は、掻っ攫うように
一瞬でバードケーキを銜えて飛んでいってしまうのですが、
小さい子は、餌台の上でかなりリラックスしていて
来たときには3つぐらい食べて行きます。

20110124_2.jpg

ゆっくり食べるこの子は小さい子。
漫画「とりぱん」の9巻の一節にもありましたが、
彼らは毎日がサバイバル、
時々そのことを忘れてごめんね、と。
昨夜も寝る前に「とりぱん」を読んでいて
なんだか涙が止まらなくなって
大変なコトになっちゃいました。(苦笑)
とりぱん作者のとりのなん子さんは
本当に最高ですT-T。

20110124_3.jpg

うちのことり。
すっぴは毎日、
窓辺のうーたんの柵の上で羽つくろいをしています。
ときどきこれにこの体勢で夢中になって
バランスを崩してぽとっ、
って下に落ちてることもありますが、
彼はめげることはありません。
常にチャレンジャーです。
それにしても羽がボロボロだ。(苦笑)

20110124_4.jpg

眠くなったら、すぐ寝るし。(笑)
今日は何度も作業中の私のひざの上で
気持ち良さそうに寝ていました。
14gの命の重みは
とってもとっても暖かいです。

鳥さんといえば...。

20110124_5.jpg

先日ki910moさんからポストカードが届きました。
これがとってもステキなカードでして...、

20110124_6.jpg

ひっくり返すとステキな鳥さんの絵が!!!
これはつぐみさんかしら?
とにかくとてもかわいい!
で、厚みのあるこのカードの点線を破いてみたら...、

20110124_7.jpg

中にはミント×緑茶のお茶の葉が!!!

うーんっ!
かわいすぎる!

ほっこりあったかい気持ちになりました。
サプライズってステキですねT-T。
ありがとうございました!!


さてさて、今日の音楽です。
今日は朝から作業しながら
Luther Vandrossさんの古いアルバムを聴いていました。

「Forever for Always for Love / Luther Vandross」(1982)

やっぱりルーサーの声を聴いていると
以前のブログにも書いてしまっているけれど
なんだか泣けてきてしまう。

...そして、浄化される...。
彼の歌声にはそういう力があると思う。
泣けて、泣けて、
そして、すっきりと洗い流してくれるのだ。
愛があるだろ、大丈夫さ、...てな感じで...。

そう、まるで今夜の雪のよう...。
カラカラだった連日の冬の空気に漂う
水の匂い。
ちらちらと舞い降りる一瞬の雪...。
その瞬間、
その景色の美しさに
寒いのにほっこりするような、
あたたかくて、
優しくて、
憧れてしまうほどの強い歌声。

あぁ、ルーサーの歌が大好きだ...。
と、
今日、改めてそう思いました。

それでは「Forever, For Always, For Love」の
アルバム音源を是非。


Luther Vandross - Forever, For Always, For Love

頭のところで、
「I sing this song,
to remind my self that ...」
って言ってから歌っているのですが、
なんか、ホント、音楽ってそうだよなぁ...、って。
to remind my self that ...。

Forever, For Always, For Love、...って
すごい言葉だ。

愛をありがとう、ルーサー。


| コメント(2)


20110121_5.jpg

あー。
アジアカップカタール戦、素晴らしかった!
ほんっと、力が入ったーっ!
後半なんて一人少なかったのにー。
かっこよすぎますっ!
素晴らしいっT-T!

どんな状況でもあきらめない、って
本当に大切なことですね。
とても良い試合を見せてくださいました。

あー、ホント。
興奮冷めやらぬ。
準決勝も楽しみです。

20110121_1.jpg

午前中、
陽射しがガンガン入って暖かいせいか
室内の多肉植物さんがすごい成長ぶりです。

20110121_2.jpg

なんといってもすごいのがこの「火祭」。
下のほうにある紅い葉の上にある
新しい緑色の葉は、
ここ数日でにょきにょき育っています。

20110121_3.jpg

植物の生命力の強さ。
本当に感心してしまいます。


20110121_6.jpg

あ、それから!
洋菓子の森コスモスさんの
アドレスが新しくなり、サイトが完成しました。
洋菓子の森 コスモス

コスモスさんは
人形の街岩槻にあるケーキ屋さんです。
とっても美味しくてとっても美しい上に、
サイズもちょっと大きめ。
食いしん坊にはたまらないっ。
それに、社長さんのケーキに対する情熱も
本当に素晴らしいっT-T。
どのケーキも
ご自分でデザインして作られているそうなんです。

お近くに行かれることがありましたら
是非是非お立ち寄りくださいませっ。


20110121_4.jpg

今日は夕方、
ベランダからふと空を見上げたら
前の林の一番高い木の上に
カワラヒワさんが3羽、止まっていました。
しばらく見ていたら、
一羽、また一羽、と
ボチボチと集まってきて総勢6羽に。
みんなそろったね、
と、言った感じで、
夕日のほうに向かって飛んでいきました。

寒い夜に向けて
みんなで暖取りの為の集合なのかな...。

そんな鳥さんへの敬意をこめて
今日の音楽は
最近作業中にヘビーローディングしていた
トニーニョ・オルタさんの「Voo Dos Urubus」を。

「Toninho Horta / Toninho Horta」(1980)

このアルバムは何度も
このブログには書いておりますが、
ホント、素晴らしいアルバムですっT-T。
奇跡の一枚っていうか。
アルバムを通して
素晴らしいトニーニョワールドが広がっています。
旅に出た気分になれちゃうアルバムです。

今日の音楽の「Voo Dos Urubus」という曲は、
「ウルブスの飛翔」という邦題がついていて
ウルブというのはジョビンの曲にもあるのですが、
どうやらブラジルではクロコンドルのことを言うそうですね。
クロコンドル wiki

トニーニョさんの「ウルブスの飛翔」。
まさにたくさんのクロコンドルさんたちが
大空を舞っているような絵が浮かびますっ!
ホント、かっこいい曲です。

こんな感じ?

こんな風に一緒に空を飛ぶことができたら
ステキだろうな...。

それではトニーニョさんの「Voo dos Urubus」の
2009年のライブ映像がありましたので是非っ!!
以前も載せましたが、大好きな映像なので「Aqui oh!」も是非!


Instrumental SESC Brasil - Toninho Horta - Voo dos Urubus (Toninho Horta) - 27/10/2009


Toninho Horta e Orquestra Fantasma - Aqui , Oh ! Araxá 19/06/10

フルートはトニーニョさんの妹さんのLena Hortaさん。

やばい、やばい、
ホント、かっこいいですっ。
しびれるっT-T!


| コメント(3)


20110119_1.jpg

今日はいつものひよちゃんのほかに、
なんと、四十雀ちゃんが
ベランダにやってきました。
きっと毎日、ひよちゃんが立ち寄っているのを
見ていたのでしょう。
木から飛んでやってくるには
相当の覚悟を持ってやってきた感じでした。
でも、その瞬間、
どこからかひよちゃんの鳴き声が聞こえ、
すぐに立ち去ってしまいました。
明日はもっとゆっくり来れるといいな。
バードケーキ、
たくさん用意しておかなくっちゃ!(笑)

20110119_2.jpg

最近、毎日のように食べている
蒸しパン。
お餅を入れて作るとほんっともっちもちになって
すっごい美味しいんですっ!
ジャムで味をいろいろ変えてみたりして
出来立ても美味しいし、冷えてもこれがまた美味しい。
これがすっぴも大好きで
出来上がると、ちょーだい、ちょーだいっって
バタバタと飛んできます。
ちょっとだけあげたりして、一緒に食べてる時、
なんか、ちょっと幸せT-T。(笑)

20110119_3.jpg

すっぴのお座布団の上に
先日から牛さんのフィギュアを置いているのですが
最初、すごく怖がっていたのですが、
最近は慣れてきて
お座布団の上に撒いてあるキビを食べに
ひょいっと飛んできます。
牛さんの横に巨大なスズメさんがいるみたいで
見ているとすごく可笑しいです。(笑)

あ、それから。
先日、映画「ソーシャルネットワーク」を観てきました。


『ソーシャル・ネットワーク』 予告編

長い映画でしたが、
全然長さを感じなかった。
すごくよく作られた映画だと思いました。
もっと詳しく知りたい部分もありましたが
それも演出なのか...。
とにかく面白かったです。
主人公のマークがとても魅力的でした。
そう、私は、「ビッグバンセオリー」も大好きでして
この手のイッちゃってるタイプに
どーも弱い、気がする。(笑)

なんにしても
何かに対して「愛と情熱」を注いでいるものが
大好きなんですわぁ。

そんなわけで
今日は燃える系のかっこいい音楽を。
ジノ・バネリさんの「Love & Emotion」です!

「Brother to Brother / Gino Vannelli」(1978)

...もうね...。
このアルバムはホント、最高です...T-T。
どんな状況で聴いても
びっくりするくらい元気が湧き上がってくる!
なんかがんばりたくなる!
無人島に持っていきたいCDのうちの一つです。
(いっぱいあるけどー)
中でもミドルテンポの「I Just Wanna Stop」なんか聴いていると
モントリオールに帰りたくなります。
行ったことないけど。(苦笑)
 (↑ 昔のブログにも全く同じこと、書いてあった。(笑))

そんなわけで
「Love & Emotion」の超かっこいいアルバム音源と、
「I Just Wanna Stop - People Gotta Move」の
2010年のライブ映像を是非!


Love and Emotion/Gino Vannelli


nr. 3/3 Gino Vannelli & the Dutchbeaters 'I Just Wanna Stop' ... @ the Hague Jazz 2010

それから
超かっこいい「Appaloosa」の最近のライブ音源も!
埋め込みリンクがダメでしたので↓より是非!
Gino Vannelli Live in Vegas - Appaloosa

あー、ジノ氏。
ホント、かっこいい...T-T。
こんな要素もTMaMのライブに取り入れたいなぁ...。
今年のライブでは
新たなサウンド作りもしていきたいので
いろいろやってみたいと思いますっ!
燃っ!


| コメント(2)


20110115_3.jpg

木曜日、金曜日と
ステキな方々と逢う日が続き、
ああ、時間がこのままずっと続いたらいいのに...、
なぁんて思ったり。
楽しい時間はあっという間に過ぎていってしまう。
だからまた逢いたくなったりしちゃう...。

新しい年の始まりの楽しい会話は
またいろいろなことが新しく起こりそうで
わくわくしてしまいます。

改めて
今年もがんばろう...、と
心にほんわり灯りがともる週末でした。

こういう気持ち。
忘れないように書き留めておかなくちゃ。
最近、すぐ忘れちゃうし。(苦笑)

20110115_1.jpg

すっぴも今年初の診察。
半年振りに検便もしてもらいましたが
問題なし!、だということ。
今年の夏にはすっぴも3歳です。
いつも元気をありがとう...。

20110115_2.jpg

うーちゃんもね。
いつもありがとうー。

今日の朝は、
ひさしぶりに陽射しが弱く、
連日の夜更かしもたたり
目覚めもぼんわり。
ぬぼ~と起き出したのですが、
ひよちゃんはいつも通りとっても元気。
たまたまiPhoneで
ピーピー鳴きながらケーキを食べにきた
ひよちゃんが撮れたので是非!






すっごい姿が小さいのですが、
ひょいと飛んできて
ピーピー鳴いて、
ひょいっと飛び立つひよちゃんが
ご覧いただけますでしょうか?

iPhoneでズームができないけど
また撮ってみよう、っと。


さてさて今日の音楽です。
昨日はピアノの杉山泰さんのライブで
自由が丘マルディグラへ。
杉山さん。
プレイヤーとしても、人生の先輩としても
本当に尊敬するミュージシャンです。
昨日もたくさんたくさん、
心に響く素晴らしいものをいただきました。

ライブ終了後に
ベースの納浩一さんが昨年出版されたという
「JAZZ STANDARD BIBLE」という
ジャズタンダードの譜面集を購入。

20110115_4.jpg
サインをしていただいちゃたりしてT-T。(嬉)

思いがけず、この新年に
新たな目標が出来たような気がして
この楽譜集を読みながら
ちょっとわくわくしてきた...。(笑)

今日、ぱらぱらと楽譜を読んでいたら
ずっと忘れていたけど
大好きだった曲がたくさん載っていて
なんか新しい気持ちになりました。

その中の曲の一つが
スタンダードナンバーの「Speak Low」。
そんなわけで久しぶりに
エウミール・デオダートさんの
「Speak Low」を聴いてみたり...。

「First Cuckoo / Deodato」(1975)

素晴らしい曲は
どんなアレンジでも素晴らしいだな、と思います。
「Speak Low」は
サックスプレイヤーのMichael Hashimさんという方の
アルバム「Transatlantic Airs」(1994)の中で
Tina Mayさんがキュートに歌っていて
それで、この曲が大好きになったのが始まり。

ではでは
Deodatoさんの「Speal Low」と
Tina Mayさんの最近の歌声を...。
「Speak Low」は見つからなかったので
「A Flower Is A Lovesome Thing」の映像を。


Deodato - speak low


Tina May & Frank Harrison Trio: A Flower Is A Lovesome Thing

こういうジャズって
曇り空の冬の冷たい空気に
なんかぴったりだなぁ...。

それにしても
デオダートさんのこのジャケットの鳥さん。
最高です!


| コメント(2)


20110113_1.jpg

美味しそう~T○T。
昨日はケーキ屋さんで
Website用のケーキの撮影をしていて
甘い香りに半日包まれていたせいか
帰りがけに思わずケーキをたくさん買ってしまいました。
...幸せ♪

キャラメルソースのちょっと焦げた甘い香りって
なんであんなたまらない気持ちになるんでしょうか。(笑)

20110113_2.jpg
キャラメルソースがたまらないシブースト。

ひっきりなしにお客様がいらっしゃるのですが
みなさん、なんとも幸せそうなお顔をされていて
改めてケーキ屋さんて、
幸せが集まる場所なんだなぁ~、って思いました。
それにしても、美味しそうだった...。
くーっ。
全種類制覇したいっ!

ケーキと言えば、
うちのバードケーキも連日繁盛しています。(笑)
夜のうちにエサ台に
なんとなくラッキーな感じがするので
7個のバードケーキを置いておくのですが、
朝、起きてチェックすると、
大体3つぐらい、無くなっています。

20110113_4.jpg

んで、残り2個くらいになるところで
また補充。

20110113_5.jpg

ひよちゃんはやって来ると
大体2つ食べて行っちゃうので
なんだかんだ家にいる時は
2度ほど補充しています。
毎日寒いけど、みんながんばってて
ホントにすごいです。

20110113_3.jpg

寒さに強い葉牡丹も光輝く中とっても元気です。
すごいなぁ...。

20110113_6.jpg

そしてすっぴ。
仕事をしていたら、
いつもどおりキーボードに飛んできて
眠くなっちゃったのか、うつらうつら...zzz。
お部屋は暖かく気持ちがいいねぇ。
こ~んな姿を見ると
私の心まで温まってしまいます。(笑)


さてさて今日の音楽です。
心温まる優しい歌声を...。

ネットラジオで流れてきた
Victor Fieldsさんが歌う「Lovely Days」が
とっても気持ち良くて...。

「Thinking Of You / Victor Fields」(2006)

とにかく、選曲が素晴らしいっT-T!
ビル・ウィザース氏のLovely Daysから始まって
ギャップバンドのYearning For Your Love。
懐かしいブラックミュージックへのリスペクト大集合と思いきや
マイケルのButtefliesという新らしめの曲まで。
ツボです。
Smooth Jazz的なサウンドに
スムースでシルキーなボイスが
相当気持ちいいです。

なんつったって
「Lovely Days」は
feat. Jeff Lorber!!!!
そりゃもう、かっこいいったらありませんっT-T!

そんなわけで
Victor Fieldsさんのアルバム音源を是非!
「Lovely Days」と
ティディペンの曲「When Somebody Loves You Back」の2曲を!


Victor Fields feat. Jeff Lorber - Lovely Day


「When Somebody Loves You Back」
Teddy Pendergrass Tribute by Victor Fields

うーんっ!Jeff氏のキーボード!
やっぱりたまりませんーっ。
最高ですーT-T。


| コメント(2)


20110111_1.jpg

連休の間に
従妹のなほちゃんのお誘いで
茨城・那珂湊漁港へ
プチドライブに行ってまいりました。
彼女の幸せを運ぶ21世紀の青い車で
祖母となほちゃんの愛犬ミルちんと女子4人での小旅行。

20110111_7.jpg

道中、後ろで私との相席はミルちゃん。
彼女は、ドライブが大好きなんですって。(笑)

それにしてもやっぱり連休。
那珂湊おさかな市場はものすごい人・人・人!
よく訪れるというなほちゃんの
素晴らしい読みでさいたまを出発したおかげで、
我々は割とすんなり駐車が出来、
車椅子の祖母が入れる食堂にも
待たずに座れて
美味しいお食事をいただくことができました。
祖母はウニ丼を。
私は鉄火丼を。
うひゃー!
美味い、美味すぎる!

それにしても
どんどん人が混みあってきてしまって...。
いやぁ、ホント。
あとちょっと出発が遅かったら、
そうすんなり事が進まなかったでしょう。

そして、お魚!
安いっ!!!
新鮮っ!!!
素晴らしいっT○T!!

そして、
駐車場の目の前がすぐ海でした。

20110111_3.jpg

空や海にはウミネコさんがいっぱい!

20110111_2.jpg

釣りをしている人もたくさんいて、
すっごい寒いのですが、
なんだか皆さん、とても楽しそうでした。

で、駐車していた車の後ろのスペースのベンチで
食パンを持ったおじさまが
ハトちゃんたちにパンをあげているではありませんか!
ハトちゃんに混じってスズメさんたちも
集まる、集まる!!

20110111_4.jpg

ああ、こんな近くで見れるなんて。
幸せT-T。

20110111_5.jpg

20110111_6.jpg

海風がビュービューで
しかもすっごい冷たくて...。
そんな中、みんな一生懸命生きてて
...なんか、グッと来たT-T。

ああ、ホント、来てよかったなぁ、
って思いました。
なほちゃん、ホントにありがと~T-T。

帰り道の車の中、
風をたくさんあびたせいなのか、
ひざの上で寝ているミルちゃんが温かかったせいなのか、
ちょっと、うとうとzzz...気持ちよくなってしまいました。
幸せな休日でした...。


あ、それから!
この連休からヒヨちゃんの来訪が
毎日のものとなりました。

20110111_8.jpg

20110111_9.jpg

まだこのベランダは、
この子だけが知る秘密の場所みたいです。
この写真を撮っているとき、
別のヒヨちゃんがやって来たのですが、
この子はすっごい怒って、
一つバードケーキをくわえたまま
慌てて追い払いにおっかけて行き、
しばらくこの二羽はベランダ周辺を
喧嘩しながらぐるぐる飛んでいました。

いっぱいあるから
仲良く食べてなー。(笑)

それにしても
この寒空の下、
どうやって寝ているのかな...?

やっぱり、みんな。
すごいな。


それでは、今日の音楽です。
せっかく海を見てきたので
今日はぴったりの音楽を。
ブラジルの美空ひばりさん、
Elis Reginaさんが歌う「wave」を。

「Aquarela Do Brasil / Elis Regina & Toots Thielemans」(1969)

もうこのアルバムは名盤中の名盤!
私的には絶対に外せない一枚。
ブラジル1の歌姫、エリス・レジーナさんと
ハープ、口笛&ギタリストとしても素晴らしい
トゥーツ・シールマンスさんとの共演で有名ですが
それに加え、相当アレンジが素晴らしいっ!!!
「癒されるボサノヴァ」をイメージしちゃうと
度肝を抜かれる疾走感&ソウル感があります。
そこが大好きです。

なぜ、美空ひばりさんなのか、と言いますと、
エリスさんはとにかく一発で音が取れて
素晴らしいピッチのよさと歌唱力。
まるで美空ひばりさんのようなのだ、と
その昔教えてくださった方がいました。(笑)
それから「ブラジルのひばりちゃん」と
私周辺で呼ばれているエリスさんであります。

それではそのエリスさんとトゥーツさんの共演の
青い空と海と風の見えるような「Wave」を是非!


Elis Regina - Wave

1982年、36歳で亡くなられたエリスさん。
ブラジルのピアニスト
セザール・カマルゴ・マリアーノさん
エリスさんの二度目の旦那様です。
二人の娘さんのマリア・ヒタさんも
素晴らしい歌手で現在、大活躍されています。

ステキだ。


| コメント(2)


20110108_1.jpg

今朝はすごく寒かったですね。
でも朝の強い日差しが目覚ましとなりました。
今年は朝型にしたい、と思っているので、
少しずつ軌道修正しています。
寝室を朝日のあたる部屋に変えてから
自然と朝には目が覚めるようになりました。
やっぱりお日様は偉大ですね。
すっぴもうーたんも朝の日差しが大好きです。

20110108_2.jpg
あったかいと気持ちがいいね~。

20110108_3.jpg

冬の始めに葉が枯れて全部落としてしまった
ユーカリ シルバーダラーガムさん。
でも茎がしっかり水気を含んでいたので
日当たりの良い部屋の中に入れて様子をみていたら
新しい葉が続々と生まれてきました。
植物って本当にすごい生命力ですね。
枯れてしまった~、なんて思っても
しばらくすると新しい芽が出てきたりして...。
新しい芽に出会うと感動してしまいます。

あ、それから。
今朝、ベランダに出てみると、
ベランダにヒヨドリさんの糞が落ちていました。
餌台に置いておいたバードケーキを
散らかした後があったので
そろそろ頻繁に通ってきてくれるかもしれません。
またヒヨちゃんの長い舌が見れるかな。(笑)
とても楽しみです。


さてさて今日の音楽です。
何気に思い出して
ボサギターの佐藤正美さんのアルバムを
引っ張り出してみました。

「Summer / 佐藤正美」(1994)

この曲を聴くと懐かしさで胸がいっぱいになります。
あったかい音楽。

佐藤正美さんの音楽も、
Gregg Karukasさんと同様、
以前勤めていた会社の有線で
毎日耳にしているうちに
気になって気になって仕方なくて
電話して問い合わせて知ることができた音楽。
その曲が「Talgo」。
ゲットしたアルバムの中の解説に
「Talgo」とは
スペインのオリーブの香りのする丘を走る列車、
と書いてありました。

楽しくてお洒落で、でもあったかくて...
そんな佐藤さんのギターの魅力がたっぷりな曲。
超かっこいいエレピのフェビアン・レザ・パネさんの演奏も
最高です!!!

それでは、佐藤正美さんの「Talgo」の
アルバム音源を是非!
スペインの列車「Talgo」の丘を登る映像も
YouTubeにありましたので、合わせて是非!(笑)


佐藤正美さん♪TALGO


Talgo 00194 por Casas de Millan (2005)

なんだかワクワクします。
Talgo、乗ってみたいな...。
そして、
こんなステキな曲をかける佐藤正美さん。
ホントにステキですT-T。


| コメント(2)


20110106_1.jpg

今日はちょっと出かけていたのですが
風も強く、さらに夕方からすごく寒くなってきて
うっかりまた風邪をひきそうになってしまいました。
でも冷たい空気のせいか
空がとてもきれいですね。
星がキラキラしています。
冬も本番ですね。
この寒さの中、
野生の世界の生き物さんたちは本当にすごい。
私もちょっと鍛えなくてはいけませんね...。

20110106_2.jpg

朝のリビングは日差しがビシバシ降り注ぐので
本当に暖かくなります。
夜型のうーたんも朝はまったり。
ケージに敷いてあるピンクのフリースの上で
いい気分です。
ちなみにフリースはうーたんが齧って
すでにボロボロです。(笑)

20110106_3.jpg

すっぴも朝一はうーたんと一緒に日光浴。
お日様の光って本当にありがたいですね。
それにしてもすっぴ。
最近すごく寒いせいか、
夜になるとちょっとホッピングが大きくなって気になるので
室温の調整に気を使うところです。

みんなで風邪ひかないようにがんばろー!


さてさて今日の音楽です。
今日も昨日に引き続き、
廃盤アルバムを。
Ned Dohenyさんの「To Prove My Love」が
収録されているアルバムを。

「Prone / Ned Doheny」(1979)

AORの王子様的なネッドさんですが、
このアルバムはSoul色が強い感じがします。
うん、でもやっぱり
ネッド氏の歌声がとってもとってもスィートで
やっぱりSoulではなくって...、
歌声からこれまた独自な世界を作り出してしまうネッド氏。
かっこいいです。
しびれます。

ではでは、ファンキーな「To Prove My Love」と
ミドルテンポがたまらない「Think Like A Lover」の
2曲のアルバム音源を是非!


ned doheny to prove my love


Ned Doheny - Think Like A Lover (1978)

ファンキーなのにこの上品な感じ。
くーっ。
やっぱり王子様だわ~。


| コメント(2)


20110105_1.jpg

毎年、ちょっと遠くへと初詣に行っていたのですが
兎年のこの機会に、と
同じ市内の兎が大フューチャリングされている
調神社へ行って参りました。
お参り場所を変えるには
兎年の時に調神社へ...と昨年から決めていたし
なんてったって近い。
入り口には ↑ のような
狛兎さんが両脇にいます。
大きなうさぎさんの下に小さなうさぎさんも。
......か、か、かわいい...T-T。

20110105_7.jpg

そしてし調宮兎守も買いました。
狛兎さんと同じ形...。
......か、か、か、かわいい...T-T。

こりゃ、たまりません、
つきのみや神社さま T-T。

そしてそして
昨年末からわずかな間に
こんなにもうさぎさんが私の元にやって来てくれました。

20110105_2.jpg
ki910moさんからいただいたうさぎさんカレンダー。

20110105_6.jpg
ともこさんからいただいたうさぎさん4色ボールペン。

20110105_3.jpg
なほちゃんからいただいたうさぎさん饅頭。

20110105_4.jpg
叔母からいただいた浅草のうさぎさんお守り。

20110105_5.jpg
友人のイラストレーターのみれいさんからいただいた
彼女の描いたうさぎさんポストカードセット。

20110105_8.jpg
初詣の帰りに見かけて
思わずゲットしちゃった多肉植物「月兎耳」。

なんか、嬉しい...。

それに
みなさまからいただいた年賀状にも
うーたんのことを気にかけてくださったメッセージが書かれていたり
ありがたくて泣けてしまいます。
うーたんをちょっとでも思い出してくれてありがとうございます。
今年はうーたん、夏に6歳になります。

20110105_10.jpg
こ~んな感じや、

20110105_9.jpg
こ~んな感じで、
人間の年齢に換算して52歳になる
甘えん坊おやじうさぎですが、
衰えた感じは一切しなくて、
もう何年もずっと変わらないうーたん。
くーっ、うらやましいっ!!!

そんなわけで、今年もうーたんとすっぴと
めだかちんと、ヤゴちんと、
お外のヤモリちんと
ぴょんぴょん心弾む一年にしようと思っています。
いえ、心弾む一年にしますっ!(断言ー)
改めまして今年もよろしくお願いいたします!


そんなわけで今日の音楽です!
今日からPCに向かいはじめましたが
今日、ネットラジオを久しぶりにONにして
最初にかかった曲が、
Billy Griffinさんの「Hold Me Tighter in the Rain」でした。

「Be With Me / Billy Griffin」(1982)

やっぱり1982年は最高!
Billy Griffinさんといえば、
The Miraclesの後任フロントマンで有名ですが、
このアルバムはBillyさんの1stソロアルバム。
中でも「Hold Me Tighter in the Rain」は
本当にかっこよくて、
そんなこの曲が最初に流れてきちゃって
ウキウキ気分になっちゃいました。

そんなわけで、
「Hold Me Tighter in the Rain」のアルバム音源と
Billyさんリード時代のThe Miraclesの
代表曲「Love Machine」(モー娘。じゃないよ(笑))の映像を
是非!


Billy Griffin-Hold Me Tighter in the Rain (1982)


The Miracles - Love Machine

1982年のサウンド作りってまさにミラクル。
いい時代だったんだなぁ...。
2011年もそんな年にしたいですな...。

それにしてもミラクルズ、しびれちゃうな...T-T。


| コメント(2)


20110101_1.jpg

明けましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願いいたします!
うさぎさんが跳ねるような
ぴょんぴょん楽しい一年になりますよう...。

31日から元日にかけて、
Brazilian Music Unit Corubaの
12年目になります恒例のカウントダウンライブに
行ってまいりました。
今年は12/20にオープンしたばかりの新店舗
Beer Restaurant & Bar HEARTSさんでの
カウントダウンライブ。
店長のシバッチさんをはじめ
スタッフの皆さん全員が
前店BrashBarのスタッフの皆さんなので
場所が変わっただけで
あたたかいお店の雰囲気はそのまま。
とっても素敵なお店がスタートされていました。

めずらしく写真がいっぱい撮れたので
ちょっとご紹介しちゃおうかと...。(笑)

まずは機材の搬入。
すべて持ち込みなのですが
「3畳スペースからやります♪」が売りのCorubaそのままに

20110101_2.jpg

ジャーン。
コンパクトにセッティング完了!

20110101_3.jpg

本番まで4時間もあるのでまずは腹ごしらえ!
お酒もすすむすすむ。(笑)

20110101_4.jpg

20110101_5.jpg

1st stageが終わった後のブレイクタイム。
チーム野獣とチームゴージャス。(笑)

20110101_7.jpg

1月1日を迎え恒例のTristezaで
みなさんで大合唱!
信じられないくらいのたくさんのお客様が
ひとつになって歌ってくださいました。
本当にどうもありがとうございましたm_ _m。

20110101_6.jpg

ライブ、終了!
アンコールまでいただき、
あたたかい方々のお心に
本当に心から感動してしまった年明けとなりました。
毎年お逢いできる皆さんの笑顔が本当に嬉しくて...。
1st stageから
ブラジルの音楽を一緒に口ずさんでくださっていたり
リズムに合わせて踊ってくださったり
新潟へ転勤になり、年越しのために
大宮に帰ってきてくださる方もいらっしゃって...T-T。
本当に本当にありがたいことです。
こんな嬉しいことはありません。
またHEARTSを年内に開店させるために
短期間で一から作り上げた
チームシバッチさんのみなさんの
経験とパワーには本当に頭が下がります。
やっぱり何においても情熱ってすごい。
そんなスタッフのみなさんの情熱が
お客様を引き寄せるのですね...。素敵です。

またメンバーのみなさんにも
本当に心から感謝を言いたい...。
私は素晴らしいAmigoがいてくれて
本当に幸せものだT-T。
こんな気持ちって本当に神様からのGIFTなんだと思う。
キーボードのともこさんのオリジナルの曲、
「友達でいよう (Sejamos O Amigo) 」を
そんな気持ちを思いながら
心を込めて歌いました。
お客様がこの曲に合わせて踊ってくださったのも
本当に嬉しかった...T-T。

改めまして、皆様。
本当に本当にありがとうございました。
この想いを胸に今年一年、がんばりたいと思います。
そしてまた364日後、
同じ気持ちで皆さんとご一緒できますように...。
そんなことが続けられたら
本当にすてきなことだな、って最近強く思います。

元旦の今日は
前日の打ち上げがたたり、
やはり廃人になっておりました。(笑)
気がついたら夕方。
テレビをつけたらCSで映画「ガープの世界」がやっていて
もう何度も観た映画なのに、
なんかガーンってやられてしまった。
元旦の今日に観て、
すごくよかった。
やっぱり観る時期によって
映画の見方って変わるのですね。
なんだかたまらない気持ちになりました。


The World According to Garp (1982) Trailer

ちっちゃなことから大きなことまで
いろんなことが起こるのが人生。
人生はたぶん...ホントに短い。
その時を一生懸命生きてる人が
私はやっぱり魅力的。
そうなれるように
私も努力したいと心の日記に書きとめておきました。(笑)


| コメント(0)


2011年6月

Su Mo Tu We Th Fr Sa
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30