2010年7月アーカイブ

20100729_1.jpg

今日はこれまた
一段と過ごしやすい!
窓から風が入ってきてとても気持ちがいいです。

20100729_2.jpg

先日、吉野先生から
群馬・沼田のお土産で枝豆をいただきました。
昨日、一気にペロリといただいてしまいました。
夏の枝豆、最高ですね!

20100729_3.jpg

そして、こちらはハツユキソウ。
夏に小さい白い花を咲かすユーフォルビア属のお花。
お花屋さんには「ユーフォルビア」って書かれていました。
一年草なので、名前のような初雪の季節には枯れてしまいますが、
暑い夏に涼しげな色を届けてくれる
とってもとってもかわいい植物ですねー。

20100729_4.jpg

んでもって、こちら ↑ (手前から2個目の植物)。
3月のクロコダイルさんでのライブの時に
いただいた花束の中に入っていた
緑に薄い黄色のストライプが入った植物。
お名前はなんていうのだろうか...???
ずっと花瓶に入れていたら根が出てきたので
先日ココナッツミルクの空き缶に植えてみましたら
グングン伸びています。
すごいなぁ、植物って...。

20100729_5.jpg

すっぴもクーラー無しだと
ホントに元気でとても楽しそうです。
夏はみんながすくすく成長する季節なんだねぇ。
自然界って、過酷だけれど、
本当によく出来ているねぇ。


さてさて今日の音楽。
たまには自分のバンドの曲を。
アルバム「reason」の中から
「wanna be」です。

「reason / To Make a Miracle」(2003)

9/8にまた原宿のクロコダイルさんで
ライブが決定しましたので
ちょっと間が開いて久しぶりのライブになりましたし
またランナップをチョイ変えてみようかな...、と
バンドの曲をあれこれ引っ張り出してきているのですが、
ん、まぁ、やるかどうかは別として
「wanna be」が久しぶりに聴いたら
とても新鮮だったので、
音源をYouTubeにアップしてみました。
何が新鮮かって...言うと、
やっぱりテンポが速い!
そういえば
こういうテンポの速い曲は
TMaMには無いんですよね。(笑)

あくまでもライブでやるかどうかは別として、、、(笑)
アップしたてのYouTubeでの音源をどうか是非。


" wanna be" To Make a Miracle

いえ、聴いてみると
速い!ってホド、
そんなに速くもないですね。(苦笑)
この4つ打ちのリズムがそう感じさせるのか...。


| コメント(4)


20100726_1.jpg

今日はジャズシンガーの吉野美知子先生にお誘いいただき
丸の内コットンクラブへ。
先生の大好きなスウェーデンのジャズシンガー、
Rigmor Gustafssonさんの初来日ライブ。

ライブの始まる前に
丸の内でウィンドウショッピングをし(見てるだけー)
↑の写真の三菱一号館美術館を覗いてみようかと思いきや
残念ながら今日からメンテナンスで休館。
それでもってTOKIAの焼き鳥屋さんで盛り上がってから
いざ、リグモールさんのライブ会場へ。

ピアノ・ギター・ボーカルという編成。
ギターはずっとNYを拠点にしていて
今年から日本に戻られているという井上智さん。
そしてピアノはリグモールさんと同じく
スウェーデンからいらしたカール・オルジェさん。

いやぁ...、すごく良かったです...T-T。
クリエイティブでクール、
かつ彼女のかもし出すキュートな雰囲気。
しかもすごく巧い!!!!
難しいスキャットとかやってても
全然いやみなくすーっと心に溶け込んでくる。
水色の空のような音楽。

すごくすごく素敵でした。
刺激を受けました。

ああ。
もちろん縛りや決まりゴトやしがらみ?はあるけれど、
音楽は自由だ。
すごく自由だ。
でも自由にするもしないも
自分次第だ。

仕事だとか、お金だとか、お金だとか(くどい)...
何かのせいにしないで
やりたいことをやろう。
音楽を。

って、
なんだか帰り道の電車の中で
そんなコトをずっと考えてしまいました。(笑)

久しぶりに
ものすごく歌いたくなりました。

先生、お誘いいただき
本当にありがとうございました。
リグモールさんの音楽に今夜出会うことが出来て
すごくすごく良かったですT-T。
ハッとしてグーッ。

YouTubeに今夜歌われた
バートバカラックさんの名曲
「Alfie」がアップされていたので、是非!
映像はピアノトリオですが、
今夜のギターの井上さんとピアノのカールさんのデュオも
すごくすごく良かったですT-T。


Rigmor Gustafsson- Alfie

この曲はこちらのアルバムに収録されています。
「Close to You / Rigmor Gustafsson」(2005)

戻りが遅くなっちゃったけれど
ちょっとすっぴちゃんを起こして夜のお薬を...。

20100726_2.jpg

すっぴ~。
今夜はハッと出来た嬉しい夜だったよ。
眠いとこ、起こしちゃって
しかも私、テンション高くてごめんね~T-T。
明日もがんばろーっ!おーっ!


| コメント(2)


20100725_2.jpg

ちょっと間があいてしまいました。
毎日暑くてびっくりですが、
夕方過ぎの雷雨で
今日のさいたまの夜は
ちょっといい感じの風が吹いております。
昔、お茶の伊右衛門におまけで付いてきた風鈴が
棚の奥にしまってあったことを思い出して
あわてて付けてみたりして...。

ちりん。

風鈴の音色は
涼を呼びますね。
蚊取り線香をオプションして
金鳥の夏、日本の夏、ドドーン。


さてすごい暑さの中、息抜きに、
クーラーの効きが超イマイチな車で
ずっと行ってみたかったお花屋さんへ
欲しかったアカシアの苗木を買いに
行ってまいりました。

20100725_1.jpg

フローラ黒田園芸さん
同じ市内なのですが
車でないとちょっと行きにくいかな...。
そして到着。
...いやぁ...、感動してしまいました。
お庭が素敵過ぎるT-T!
園芸家で絵本作家のターシャ・テューダーさんの
お庭みたい!
これでニワトリさんとコーギーのワンちゃんがいたら
最高ーっ!
なんてなことを思いながら
お店の中を何度もぐるぐる回ってしまいました。
やっぱり百聞は一見に如かずですね。
噂で素敵なお花屋さん、って聞いてましたが
本当にとっても素敵なお店でした。

20100725_3.jpg

そして購入したのが
アカシアの「ハーフムーンワトル」。
来年の春にミモザのような
黄色い花が無事に咲けるといいなぁ...。

そして、今朝。
何気なくベランダをボーっと見ていたら、
すずめちゃんがやって来ました!

20100725_5.jpg

クーラーを付けていたので
うーたんも部屋の中にいたせいか、
外すずめちゃんはチョンチョンとベランダをゆっくりと散策。
慌てつつそろりそろりとカメラを向けた頃に、
外すずめちゃんは柵の外に出て、
ひょい、っと行ってしまいました。
何か、食べれるものでもあったかしら...?
また来てくれるといいなぁ。

20100725_4.jpg

家の中ではすっぴが
ちょうど水浴びをしていて
濡れ鼠状態だったのでバシャリ。
ボロボロだぁ~。(苦笑)
クーラーで風邪をひかないようにしないとね。
明日も暑くなりそうだ!


さてさて今日の音楽です。
お花屋さんに行くとき、
車の中で聴いていた、
Jim Beardさんの「Holiday for Pete & Gladys」!
たまたま聴いていたのですが、
お休みの日のぴったりじゃないですかいっ。

コノ曲、
昨年に新しいJimさんのオーケストラ編成のアルバムでも
演奏されていて、
それはJimさんのMySpaceでも聴くことができるのですが、
私が持っているほうのアルバムは古いほう。

「Lost at the Carnival / Jim Beard」(1995)

新しいオーケストラバージョンも
JimさんのMySpaceでフルで聴けまして
すっごく豊かで素晴らしいのですが、
お財布との相談でまだ持っていないT-T。

ですが、
1995年のほうももちろん最高デッス!
こちらのアレンジのほうが
軽快で元気がでる感じ!

YouTubeに
1995年のアルバム音源があがっていたので是非!


Jim Beard - Holiday for Pete & Gladys

これまたJeff Lorber氏みたいに
どこを切ってもジムビーの金太郎飴。
あぁ、インテリゲンちゃんの夏休み。(古っ)


| コメント(2)


20100720_3.jpg

20100720_2.jpg

20100720_1.jpg

今日はすっぴの誕生日でした。
正確な誕生日ははっきりわからないのですが、
保護した日からさかのぼると、
たぶん、7/20くらい...、と思って
勝手に7/20はすっぴの日と決めちゃうことにしました。(笑)

すっぴー。お誕生日おめでとうー。
2008年生まれなので2歳だー。
お祝いがてら自家製プリンをあげました。
でもプリンを食べるとおなか冷えるしね、
ちょびっとだけ。

めずらしくすっぴとうーたんが並んでくれたので
(網戸越しですが)
思わず連写。
うーたんの顔が面白いです。(笑)

それにしても暑いので
クーラー無しではうーたんはキツそうです。
すっぴにはやっぱり暑いくらいがちょうど良いみたいで
いつもノリノリの様子。
お昼過ぎくらいには、いつも水浴びをしたがります。

20100720_4.jpg

ほとんど撥水できないすっぴの羽毛なので
タオルやティッシュで手の中にくるみ乾燥。
いつもそのまま寝てしまいます。

お外のしっかりした体つきのスズメさんとは
ハゲちょびんだし、体は小さいし、呼吸も変で、
あまりにも違いすぎるすっぴですが、
丸二年が経ちました。

うーたんアニキと一緒に
いつまでも元気でいてもらいものです。

うーたんは来月で5歳だね!


...さてさて
今日の音楽は
超~ご機嫌なナンバーを!!!
大御所ジャズシンガー、Ella Fitzgeraldさんの
ジョビンの曲ばかりをカバーしているアルバムを...!

「Ella Abraca Jobim / Ella Fitzgerald」(1981)

このアルバム、本当にすごいんですっ。(鼻息)
エラさんだけでまず鼻息なのですが、
それに加えて、
ミュージシャンがすごいのなんのって!
ドラムがAlex Acunaさんだし、
ベースがラボリエルさんだし、
超ご機嫌なパーカッションはPaulinho da Costaさんだし、
そして、
ポールジャクソンJr.さんやジョー・パスさん、
Oscar Castro-Nevesさん他のギター陣。
ハーモニカでToots Thielemansさんも参加してたり...。
豪華!
豪華にもほどがある!

中でも、今日のタイトルの曲
「He's A Carioca (Ele E Carioca) 」。
これはマジで最高ーっT-T!
歌やら演奏やらアレンジのすべてが、
奇跡の一曲ですT-T!
聴いていると
演奏している人たちの笑顔が見えてきます。
そういうのって、すごくたまらないっ!

アントニオ・カルロス・ジョビンさんの原曲は
「Ela e Carioca(彼女はカリオカ)」というタイトルですが、
歌っているエラさんが女性なので
「He's a Carioca (Ele E Carioca) 」と
「彼はカリオカ」に歌詞を変えて
歌っていますね。
カリオカは、リオディジャネイロ出身の子、ってコト。
...私やすっぴやうーたんは
さいたまっ子ってコトになりますので、
サイタマン、ってとこでしょうか...。(ださ...苦笑)

このアレンジでも
その昔、リーダーやハギさんと一緒に演奏していたので
ホント、懐かしくて泣けてきます。

そいでは
エラさんのなんだか燃えてくる
「He's A Carioca (Ele E Carioca) 」を是非ーT-T!


ELLA FITZGERALD He's a carioca (Ele e carioca)

それにしても...
えんどさんは...
こんなところ(リオ)に住んでだのかー。
最高ですねーT-T。


| コメント(4)


20100719_1.jpg

連休は夏全開でしたね!
暑くて暑くてとっても夏らしい日々でした。

連休初日の夕方、
マンションの玄関側からふと空を眺めると
ものすごい勢いで
左から右へ移動している黒い物体を発見!
しかもかなり早いスピード。
これはまさかのユー・エフ・オー(UFO)!?
急いで持っていた望遠カメラでパシャリ。

拡大してみたら人でした!!!!
人とはさらに、ドびっくり。
パラグライダー、っていうものなのでしょうか?
ちょっと距離があったので
拡大して見てもはっきりとカタチはわかりませんでしたが...、
あんな街中で...怖そう...!
すーーーーーっ、って
見えなくなってしまいましたが...、
うーん、どうやって着地したのだろうか...。

20100719_4.jpg

そして日曜日は、
サックスのなおいさんが参加されている
ビッグバンド「double sharp sounds orchestra」のライブに
いわしのともこさんとトニさんと赤坂Bフラットへ。
「OPSJ Orchestra」との2バンドのライブでしたが
ほんっと楽しかったーーーーーーー!
なおいさんフューチャリングの
ジョビンの曲、Waveがあんまり気持ちいいので
とろけてしまいそうになりました。
ビッグバンド、かっこいいですね!
アレンジの複雑さに感動。
音圧とかすごい気持ちよかったデス。
ライブの後、ともこさんとトニさんと
いろいろ音楽の話が出来て...、
なんだか、とっても良かったなぁ...T-T。
炎天下でのサッカー試合を終えたベースのえんどさんとも合流できて
嬉しい日曜日の午後になりました。

20100719_2.jpg

そしてそして、連休中、
6月にNさんからいただいたインパチェンス。
お花が咲きましたー!
嬉しいーっ!

20100719_3.jpg

とちもんさんからいただいたスミレちゃんたちも
7/4時点ではこんなだったのに
今はこんなにたくさんの芽が出て大きくなりました!
嬉しいーっ!

20100719_5.jpg

そしてこのお野菜。
週に一回、
旬のお野菜をボックスで配送してもらっているのですが、
今日届いたボックスの中にこんなきれいなお野菜が!
配達のいつものお兄さんも、
「これ、なんでしょう!?きれいですね!」
って、箱から出すときびっくりしてました。
「スイスチャード(西洋不断草)」というお野菜だそうです。
茎の部分はセロリみたいな食感なのですが、
味はどちらかというとほうれん草みたいな、、、
うん、でもちょっとくせのある味がしますが、
そこがまたイイ...!

20100719_6.jpg

茹でて食すレシピがたくさんありましたが、
私はベランダのバジルとパクチーとローズマリーとサラダにして
一気に食べちゃいました。
マジでうめかったT-T。
夏のサラダは最高ですねぇ。

夏全開、ってことで
今日は夏の音楽に超ぴったりな
テレサ・ブライトさんのアルバムを...。

「Quiet Girl / Teresa Bright」(1996)

ハワイオアフ島出身の素晴らしいシンガー、
テレサさんの代表的なアルバムです。
もうまさに、リロ&スティッチの世界!
あこがれちゃいますっ。

実はちょっと前、
CSで海外ドラマを見ていたら、
「CSI」「ミディアム - アリソン・デュボア」と、
なんだか立て続けに
スタンダードソング「Dream A Little Dream Of me」が
流れてきたので、
ついつい、テレサさんのバージョンが聴きたくなって
このアルバムを引っ張り出してきました。
久しぶりに聴いたら
あんまり良くってヘビーローディングしちゃってマス。

嗚呼、昔、ハワイアンギターのふくちゃんと
この曲、カバーした思い出があります。
ふくちゃん...、お元気でしょうか...T-T?

とってもとっても夏らしく、
とってもとってもかわいい曲。
夏の夜空、夜風にぴったりなテレサさんの歌声。
最高っすT-T。


Dream A Little Dream Of me - Teresa Bright

なんか...、音楽って...、ホント...、
いいなぁ...T-T。

あんまりかわいい歌詞なので
訳詞を転載いたしまする、にんにん。

「私の小さな夢」

星は頭上に明るく輝いて
夜の微風は愛していると囁いているみたい
鳥はココナッツの木に歌い
ちょっどたけ私のことを夢見てね

おやすみを言ってキスをして
私を抱きしめて君が欲しいと言ってね
独りぼっちの時は憂鬱で仕方ないけど
ちょっとだけ私のことを夢見てね

星は消えていくけど 私はずっとこうしていたい気分
だってあなたのキスがまだほしいんだもの
夜明けまでこのままでいいの
こんな事を言いながら...

朝日があなたを見つけるまでおやすみなさい
悩みを忘れておやすみなさい
でもあなたが見る夢がどんな夢でも
ちょっどだけは私を夢見てね


| コメント(6)


20100715_1.jpg

ここのところ、
仕事で躓いているコトそのものの夢を
毎晩見ていました。
仕事のサイト制作のコトなのですが、
IE6だけがどうしても思うようにならない。
いろいろ調べても、解決できない。
そんな心残りのまま眠りにつくせいか、
夢をみてしまう...。

まず、朝、起きると、
あ!あそこを直してみればいいのかも!
って、夢で見たと思われることを
すぐやってみるのだけれど...、
やっぱり...夢で見たことは夢の中のこと。
全然うまく可動しない。

結局、試行錯誤・ねばりにねばって、
昨日の夜遅く解決。
やったぁ!
なんとも晴れ晴れした気持ちでお布団に入りました。

が、眠りついて、たぶん束の間。
なんだかパッと目が覚めてしまって、
その瞬間、
驚いた!
部屋が赤いのです!
そう、朝焼けで空が真っ赤でした...。
しばらく、うわー、って思ってしまって
ボーっと外を眺めてしまっていたのですが、
あ!カメラカメラ!って
急いでベランダに出てパシャリ。

20100715_2.jpg

なんて美しいのだろう...。
一秒一秒毎に移り変わっていく
色、カタチ、風、空気、匂い、鳥の声、街の音...。
そういうものを感じることができるコト、
...これは神様に感謝。
CSSの夢でうなされた後の
贈り物のような気がしちゃいました。(笑)
早起きは三文の徳...、あ、意味が違うか!

そしてそして
ここ数日、鳥さんがいつもに増して
たくさんやってきてくれているのですが、
ほんっとたまたま
割とはっきり撮影できました。
四十雀の雛っ子なのかしら...?
四十雀さんにしては黒色が足りないような...。

20100715_3.jpg

20100715_4.jpg

ほんっと、かわいいですっT-T。

やっぱり、
コゲラちゃんと四十雀ちゃんとメジロちゃんは
いつもみんな一緒にやってきます。
彼らがやってきている間は
ものすごいいろいろな声が聴こえてきて
とても楽しいです。

そして午後。
ホームセンターに向かう途中、
見沼たんぼを横切ったのですが、
空の青と田んぼの緑がとても美しかった...。
もう夏はすぐそこまで来てますね!

20100715_6.jpg


さてさて今日の音楽もまたJeff Lorber氏の新譜で!
移動の車の中、運転しながらノリノリですっ!

「Now Is The Time / Jeff Lorber Fusion」(2010)

今日は1曲目にトラックされている、
「Rain Dance/Wanna Fly 」。
アルバムの1曲目から
いきなりしびれるトップバッターの曲。

Wanna Fly!
飛べたらええなぁ!


Jeff Lorber Fusion - Rain Dance/Wanna Fly

ps
Mr.ki910mo、Happy Birthdaaaaaaaaaaaaaaaay!


| コメント(2)


20100712_3.jpg

先日、窓際すっぴと外を眺めていたら

20100712_2.jpg

あれ???

20100712_1.jpg

おおおお!

20100712_4.jpg

うわぁ~!!!

とってもとっても
きれいでワクワクする光景でした。
ベランダに出て、
今度はうーたんと、
ベランダに入ってくるシャボン玉で
わーわー騒いで盛り上がっていたのですが、
すっぴも窓際から一緒に見ていました。
階下のお宅から上がってきたシャボン玉だったのですが
お隣のご家族からも、上のご家族からも
すごい盛り上がっている声が聞こえた!(笑)

作業がうまくいかずぐったりしていた時の
突然のワクワクハプニング。
こういうのって、なんか、イイですねぇ...。

そんなわけで
なんともぐったりな毎日の中、
最近ちょっとワクワクしたこと、
他にもいくつか...。


もう何度も何度も観たはずなのに...
セリフまでわかっているはずなのに...
改めてワクワクさせられて
改めて惚れてしまった映画「紅の豚」。
いよっ、男の中の男!


とちもんさんにいただいたスミレの種。
3つ芽が出てきただけでも大はしゃぎだったのに
今では6つの芽が出ている。
それを毎朝チェックする楽しみ。


最近流行の食べるラー油が
どこに行っても完売。
でもたまたま入ったスーパーで
その瓶を見つけた時の、
感激ったら、それはもう!


以上、
今思いついた最近のワクワクです。
うーん、なんとも、ささやかですな。
ま、いいか。

それから、それから、
今日移動の電車の中で、
Jeff Lorber氏の新しいアルバムを聴いていて
いきなりなんだかいろいろひらめいちゃって
胸の奥からジーンと熱いワクワクが生まれてきた!

やっぱり、
今回のJeff氏のアルバム。
ご本人がおっしゃるとおり、
最高傑作デス!

「Now Is The Time / Jeff Lorber Fusion」(2010)

いやぁ、ホント、
すごくいいんですよっ、これがっ。
で、歌モノがすごくすごくイイっT-T。
Irene Bauzaさんのボーカルが素晴らしいっ!
すっごいいろいろ勉強になっちゃいました...。

それにしてもジェフ氏の作り続ける才能は
すごいものがありますね。
しかも今回のアーティスト名は
「Jeff Lorber」ではなく、
「Jeff Lorber Fusion」。
今、「フュージョン」って言葉を開き直って使う。
しかも文句なしのかっこいいサウンド。
グラフィックや映像、すべてのデザインも洗練されている...。

やばいよ、やばいよ、ジェフ・ローバー。
何かのスイッチが入ってしまったとしか思えない。
彼は、ホントに天才デス!

さて
今日、なんか急に
いろいろ思わせてくれたワクワクの一曲は
このアルバムの4曲目にトラックされている
「Sugar Free」。


Jeff Lorber Fusion - Sugar Free.

こちらはアルバム「Now Is The Time 」のプロモーションムービーです。


Jeff Lorber - Now Is The Time

明日も
ささやかなワクワクに
出会えますように... -人-。


| コメント(2)


20100708_1.jpg

先日、野暮用で東京タワーの隣に行ってきました。
東京タワーには寄らなかったのですが、
近くで見るとやっぱりすごい迫力がありますね。
今建設中のスカイツリーは東京タワーの倍くらいの高さだとか...。
高い建物って言うだけで、圧倒されるけれど、
...それにしても東京タワーって
美しいですね...。
いつ見ても、わー、ってテンション上がります。
ある意味、パワースポットな気がします。

この日はマイケルの一周忌の直後だったのですが、
東京タワーの入り口のところに、
マイケルのすごく大きな写真が立っていて
たくさんのキャンドルと花束が置いてあり、
私が通りかかったときは
もう夜の10時も過ぎていたのですが、
その時間帯とは思えないくらいの
人の多さでした。
ゆらゆらゆれるキャンドルの灯りの後ろの
マイケルの顔を思いがけずに見かけて
なんだか切なくなってしまいました。

もう一年、経ってしまったのですね。

時が流れるのは本当に早い。
あっという間だ。

なんだかとてつもなく、そわそわしてしまう
今日この頃です。

20100708_2.jpg

サッカーも、そわそわです。
昨夜もスペインvsドイツの試合を
うーたんと半分寝ながら観ていたのですが...、
それにしてもすごいサッカーでした。
サッカーって、
なぜか観ていると、
座っていられなくなる自分にびっくりします。
テレビの前で立って観たくなっちゃう。

ドイツは残念でしたが
ドイツの水族館にいるタコのパウルくんは
見事予想的中でしたね。(笑)
スペインが勝ったとき、
思わず、
「パウルくん、すごいじゃん。。。」
って思っちゃいました。(笑)
またあのパウルくんの眠そうな目が
かわいいんだよなーT-T。
どこかの記事で
「次の監督はドイツのタコで...」
って書いてあったのにはウケました。

なんか、ホント、
サッカーって面白いのですね...!
こんな体験が出来て、なんだか嬉しいわぁ...。

でもいきなりサッカー観戦に付き合わされて
今日の午前中、
うーたんはずっとねむねむモードで
ベランダで寝てました。(笑)


さてさて今日の音楽です!
今日も作業中にネットラジオから流れてきた曲から...。
以前にも書いたことのある、
George Bensonさんの昨年のアルバム
「Songs and Stories」にトラックされている
「Nuthin But A Party 」がふと流れてきて
んもーっ、ノリノリにさせられちゃいましたー。

「Songs and Stories / George Benson」(2009)

いやもう、
ホント、文句なしのかっちょええアルバムなのですが、
その興奮ぶりは以前のある日のブログにも...。

今日ふと思い起こされた「Nuthin But A Party」という曲は
ギタリスト Norman Brown氏をフューチャリング。
イントロでジョージが「ノーマンブラウン!」って
声かけるところから始まって、
普通に
「Hey-----! パーティへようこそ!
最近どうよ?
君の為にファンキーなトラックがあるんだよ。
一緒にプレイしようぜ!」
なんてな会話あるのですが...。
なんだろなーーーー。
もう、かっこよすぎだなー。
イカシタ66才、
たまんないなーーーーーーーーーーT-T。
そして、二人のギタリスト競演。
展開にコード進行&アレンジには
かっこよすぎてクラクラします。

またですね。
プロデューサーでもあるマーカス・ミラーのベースが!
聴いているとマーカス氏が弾いている姿が
目に浮かんでしまうところが...
あんちくしょうめ。
...やばいです、かっこよすぎです。

間違いなく
ずーーーーーーーーーーぅっと
かっこいいことをやり続けている人ナンバー1!
そんなナンバー1な人が他にもたっくさんいるから
これまた嬉しくなっちゃうんですけど...。(笑)

ではではYouTubeに
アルバム音源がアップされていましたので是非!
イントロ中のかっちょええ会話も是非!


George Benson - Nuthin But A Party

はー。
鼻血が出やしませんか?ね?


| コメント(2)


20100706_1.jpg

しっかし、蒸し暑いですね。
いえ、でも、梅雨だから当たり前ですね...。
すっぴの体のために冷房禁止、にしてはいるのですが...。
あんまり暑いとボーっとしてきて眠くなるっ!
いけない、いけないっ。

20100706_3.jpg

うーたんは、
ふわふわの毛皮を着ている割には
梅雨の湿気も何のその、ってな感じで
毎日張り切ってサッカー練習励んでいます。

部屋から見ているすっぴ。

20100706_2.jpg

「ああっ!うーたん!それは、ハンドだよっ!」

ふたりとも元気でいてくれて
とても嬉しい私であります。

最近はなんだか珍しく仕事がバタバタで
 (いえ、ホント、ありがたいコトなのですが)
でも、なんだか待ち時間とかも中途半端にあったりで
そういうときに練習とかすればいいのは
合点承知之助なのですが、
なんだかちょっとそういう気持ちになれなかったりもして、
そんな時にお菓子を作ったりして
心の逃亡を図っていたりしております。

20100706_5.jpg

20100706_6.jpg

しっかし、
どれもカタチが悪いなー。
私らしいなー。
味はそこそこなんだけどなー。(苦笑)

海外ドラマ「グレイズアナトミー」
医師の卵であるイジーという女性が、
いろいろあって参ってしまっているとき、
心のバランスを保つために
クッキーやらマフィンやら無我夢中に
大量に作りこんでしまう癖があって、
ルームメイトに心配されたり呆れられたりするのですが...、
私もほぼ逃亡に近い状態でお菓子作りをしている...と
自分に気づいた時
ふとイジーの事を思い出してしまいました。

ま、作った分、食べてしまうので、
間違いなく太る方向。
でも夏バテ防止ってコトで、ま、いいか。
...あれ?
夏だから、太っちゃまずいのか??

ま、どっちにしても食べすぎは要注意ですね。(苦笑)


...さてさて、今日の音楽デス。
仕事中、ネットラジオで
ブラジルのミュージシャン
Marcos Valleさんの「Nordeste」が流れてきたので
おーーー!っと懐かしくなり
アルバムを引っ張りだして聴いておりました。

「NOVA BOSSA NOVA / Marcos Valle」(1998)

マルコス・ヴァーリさんていうと、
1965年に発表された
「Samba de Verão(Summer Samba)」
で世界的に有名になった方ですが、
先日も新譜を発表されたばかりだし、
今も世界中で活躍されていて
ホント、すごい!
ボサノバリアルタイム世代から
今のクラブシーン世代まで
幅広く愛されているマルコスさんですが、
このアルバム「NOVA BOSSA NOVA」は
ボサノバブーム再燃の1997年当時、
新しいボサを...と製作されたアルバム。
新旧織り交ぜたサウンドが本当に絶妙!
マルコスさんて
本当にセンスがいいのだなぁ...。
難しいコトもたくさん織り交ぜてあるのですが、
どんな人が聴いてもスムーズで心地よい、
素晴らしいアルバムです。
このアルバムの中の「mushi mushi」という曲は
日本の蒸し蒸しした気候のことを歌った曲と思いきや、
それはどうやら間違いで
ホントは日本の電話での挨拶、
「moshi moshi」が正解だそう...。
この歌の舞台は鎌倉。
歌詞の中で「くずきり」という言葉が出てきたり
とってもかわいい曲だったので
その昔、ボサバンドでカバーしたりしてました。

これはもう是非ー!と思って探してみたのですが、
YouTubeに上がってなかった~T-T。
でも、ブラジルのデュークエイセス、
Os Cariocasの皆さんが歌うバージョンがありましたので、
是非ーっ!
日本の女性へのラブソング。
「リオから来ました。
 こんなに遠く、君に会うために」
ってな歌詞を思い浮かべながら、
是非聴いてみてくださいー。
「葛きり」を食べたくなりますー。(笑)


Moshi,moshi - Os Cariocas

今日ネットラジオで流れてきた「Nordeste」も是非!
サウンドが途中でガラっと変わるのですが、
なんだか絶妙にかっこいいです!


Marcos Valle - Nordeste [HQ Audio]

嗚呼、今夜も
蒸し蒸し熱帯夜。
金鳥の夏、日本の夏、ドドーン。


| コメント(2)


20100702_4.jpg

うーたんの朝のお気に入りの場所、
ベランダ壁際の溝。
必ず午前中の朝のうちは
ずーっとココで寝ています。
なんでだろうな...?
コンクリートが冷たくて気持ちいのかな?

20100702_1.jpg

↑ の写真の左下のうーたん。
朝の溝タイムが終わると、こちらに移動してきます。
日中はココが心地良いらしい...。
それはさておき、
植物たちがとっても元気です!
朝顔もにょきにょき伸びてくれています。
種を大雑把に撒き過ぎたので
朝顔プランターは満員電車になってしまいましたが、
蔓の道筋を整理したら
まぁなんとかやっていけそうな感じです。
ごめんよ、大雑把で...T-T。

それからゴーヤちゃんたち。

20100702_5.jpg

先日雄花が咲きました。
雌花はまだおめにかかっていません。
雄花と雌花が揃わないと
この夏ゴーヤにはありつけないということなので
ハラハラしながら毎日チェックしています。
今や、遥か私の背丈を越えて
ベランダの天井まで届いてしまいました。
さて次はどこに伸びて行きましょうか???

20100702_2.jpg

そして ↑ この方達。
貝割れ大根じゃ、あ~りませんよ。
ケイトウ(鶏頭)です。
いやぁ、ホント、大雑把にも程があるってもんです。
適当に種をバラバラ撒いておいたら
え~らいこっちゃ、え~らいこっちゃ、
ヨイヨイヨイ、てなもんで、
この後、
超満員電車から彼らを救うべく
快適車両にひとりずつ救出。
分けたら10鉢以上になってしまいました。
この手間ったら、もぉ...、ナンタルチア。
  (最初からちゃんと撒きなさい...)
ケイトウは植え替えは苦手らしいので
無事に咲いてくれるといいのですが...。

そしてそして...。
とっても嬉しいことが!!

20100702_3.jpg

とちもん工房
とちもんさんが送ってくださった
スミレの種が芽を出しました!
送っていただいた種のうち、
来年の春に撒こうと、
今回は1/3だけ撒いていたのですが...、
芽が出た芽が出た!!!
 (この写真の撮影後、もう一つ芽が出てきました!)
いやぁ、これはほんっと嬉しいですっ。
大阪からやってきたスミレさん。
きれいなお花が咲くといいなぁ...。
とちもんさん、ありがとぉ!!!!


さてさて今日の音楽です。
いやぁ...、Jeff Lorber氏の
6月に出た新譜の「Now is the time」。
これがもう最高でして...!!!!
ついつい鼻息が荒くなってしまいます...。
いえ、でも、
今日は作業してたら
ネットラジオで流れてきた、
彼の一つ前のアルバムに収録されている
「you got something」が
すごく心地良かったので、
新譜のコトはまた今度...ってコトで
今日はその一つ前のアルバムを...。

「Heard That / Jeff Lorber」(2008)

はい、もちろん、
Jeff氏なのでもう間違いなく最高デスっ。
いつもどおり、
どこを切ってもJeff氏が出てくる
金太郎飴的音楽。

打ち込みから、
生バンドまで、
どの方法をとっても
Jeff氏の音楽はJeff氏の音楽。
かっちょエエですっ。

今日は中でも大好きな曲、
「The Bomb」のライブ映像が
YouTubeにアップされていたので
もぅ、是非っ!
ホント、しびれますからっT-T!!!
最後にアルバム音源もリンクしておきますっ!


Jeff Lorber Patrick Lamb play The Bomb Jimmy Maks


Jeff Lorber & Patrick Lamb 2010- The Bomb


JEFF LORBER-the bomb

やばいよ、やばいよ。(出川じゃないよ。)
かっこいいですなぁ...T-T。

そしてさらに
新しいアルバムもドカンと素晴らしいっ!
Jeff氏、素敵過ぎデスッT-T。(失神)


| コメント(2)


2011年6月

Su Mo Tu We Th Fr Sa
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30