2010年1月アーカイブ

20100129_1.jpg

すっぴに続きこれまたお陰様で
ゴルフ氏が直って戻って参りました。
ついつい嬉しくて慣らし運転がてら
IKEA三郷店にトマトソースパスタを食べに行っちゃいました。
IKEAはなんだか常にレストランが目的な私。(食いしん坊)
いつも結局キャンドルくらいしか買わないんだな、これが...。
 (それしか買えないってか?)

そうそう、車の故障の原因は、
なんとシフトレバーのボタンの中の部分の破損。
その部分がロックになっているそうで、
ボタンが壊れてしまったため、
ロックがかかったままの状態になっていて、
うんともすんとも言ってくれなかったようです。
エンジン載せ換え位の超重症で、
また別の車を考えないといけない程の修理になるんだ!
きっとそうなんだーーーーっT-T!!!
...と、勝手に思っていたので、
そりゃもう一転、
小躍りせずにはいられません。(嬉)

いつもいつもいつも困った時に助けてくれる、
別所自動車さん
本当にどうもありがとうございました T-T。
社長の荻野さんは、ラリーのドライバーさんで、
車をこよなく愛する情熱あふれる素敵な方です。

以前、TMaMが埼玉スバル浦和店さんのショールームで
ライブを行ったとき、
車屋さん繋がりなのか、どこかで耳にしてくれて、
不意打ちで来てくださったことがありました。

R2 Special Live Vol.1
R2 Special Live Vol.2

それにしても、 ↑ まだ記事が残っていたことにも感動デスT-T。
いろいろな素晴らしい繋がりがあり
たくさんの方々に本当に感謝でございます T-T。

一月ももう終わりますが、
今月はそんなことを強く感じる再会の多い月でした。
感謝の気持ちを大切に来月もがんばります!!!

と、くりゃ、
今日の音楽はこの曲しかないでしょう!
Mazeの「I Wanna Thank You!」。

「Live in Los Angeles / Maze Featuring Frankie Beverly」(1986)

このライブアルバムの映像と、
スタジオ録音のアルバムバージョンと、
昨年のライブの映像と、
三本立てで東映まんがまつりー。(古ーっ)


Maze Featuring Frankie Beverly | I Wanna ThankYou 1986


Maze Feauturing Frankie Beverly I Wanna Thank You


Maze feat. Frankie Beverly performing "I Wanna Thank You" 5.8.09

Maze、最高ですーT-T。
フランキー!!


| コメント(0)


20100126_1.jpg

最近うーたんはにんじんブーム。

20100126_2.jpg

おかげさまで
すっぴの咳の回数はだいぶ減りました!
なんだかすごく元気な様子で
ウキウキしているようにも見えるので
このまま少しずつでもいいから
良くなってくれるといいなぁ、と思います。

人間も動物も風邪だけはひかないように...、っと。


先ほど、NHKのSONGSという番組で
マイケルのドキュメンタリー映画「THIS IS IT」の
特集をされていました。
ちょうど、Maysaさんの「I CAN'T HELP IT」を
作業しながらヘッドフォンで聴いていたので
マイケルの映像が流れてびっくり。
...胸がいっぱいになりました。

特に「Human Nature」が泣けてしまって...T-T。
本当に素晴らしいですね T-T。
空をも越えて、宇宙に吸い込まれていき、
なんというか、果てしない、無限な感じ...。

「Thriller / Michael Jackson」(1982)

マイケルのことは
時々曲を聴いては思い出して胸がいっぱいになり
ブログにはなんだか書けない...、という心持でしたが
今日はなんだか
書き留めておかなければならないような気がして...。

いえ、書き留める、と言っても
たいしたことは何にも書けないけど、
さっきマイケルの歌声を聴いて
どうしようもなく胸がいっぱいになり
今日の私は
なんだかいつもよりも涙が溢れてきたことを
なんとなく忘れないように...と。


Watch Michael Jackson's This Is It "Human Nature" Clip


Michael Jackson- Human Nature

このアルバム、
「P.Y.T」もイイですよねーT-T!(笑)
最高デス!!!!


| コメント(6)


20100123_1.jpg

とうとう恐れていたことが現実に。
今は亡きラシーン号の後にやって来たゴルフ氏。

やって来てから2ヶ月ちょっと経った先日、
とうとう動かなくなりました。
うんともすんとも言わねーどす。
は~、やっぱり中古車は難しいT-T。
現在、車屋さんに入院しています。

でも、まぁ、
運が良かったと言えば、良かった。
その日はちょうど祖母の病院の日だったので
朝から車で移動していたのですが、
無事通院の任務を完了した後に止まったので
うん、そう...
ラッキーだったと思うことにしよう!
後は軽症であることを願うだけです。
(でもたぶん重症)

20100125_2.jpg

そしてすっぴ。
ちょうどこの日、
突然変な咳を「ピッピッピッピッ」とするようになりました。
ちょっと様子を見ていたのですが、
ご飯を食べると咳き込んでいるようなので
なんだか苦しそうにも見えるし、
今日はイレギュラーで病院に連れて行きました。

年中無休の病院ですが(お正月もやってる!)
日曜日に連れていくのは初めてで...。
いつも混んでいる病院ですが、
今日はまた一段と混んでいる!
しかも驚いたことに
待合室で待っている患者さん達は
全部鳥さんばかり!
鳥好き率のこの高さ!

すっぴは普段の診療に加えて
口の中を開き詳しく診ていただいたのですが、
肺の雑音もすごく良くなっているし、
喉に何かつっかえているわけでもないし、
今の段階では特にできることはない、とのこと。
たぶん、ご飯を食べるとき
喉に何かつっかえているような気がしているのでは?
というご説明をいただきました。
入院じゃなくて、良かった~T-T。

動物さんはしゃべれないし、
ギリギリまでがんばってしまうから
異変に気づいたらなるべく早く対処する、と
つばめのめめたんから教えてもらったので、
ちゃんと守らなくては。

20100125_1.jpg

うーたんもすっぴの咳が気になるらしく
咳をするたびに聞き耳をたててましたね。
怒りんぼうだけど、すっぴには寛大なうーたん。
すっぴ、早く治るといいね~。


さてさて音楽。
今度の土曜日から
Average White Bandのステージが
Cotton ClubとMotion Blueで始まりますね。
くー、いいなぁ~。
あのライブは是非ともまた見たいT-T。

自分のライブも3月に決まったし、
ライブアルバムをいろいろ聴いているところですが、
やっぱりAWBのライブアルバムはホントにしびれる!

「Soul & the City / Average White Band」(2008)

生バンドサウンドがすっごいかっこいいのですが
やっぱりなんと言っても
ベースを弾きながら歌うAlan Gorrieさんのかっこよさ!
あれはホントにしびれます!

大好きな曲「Queen Of My Soul」の
去年のライブ映像があがっていたので是非是非!


Average White Band "Queen Of My Soul" Buffalo 7/24/09

そしてAWB、オフィシャルのビデオを!


Average White Band Video

うーん!燃える!


| コメント(4)


20100120_3.jpg

今日は暖かいですねー。
先週の鳥見の日は、
大寒波ストライク!といった感じだったのですが、
今日は鳥さんたちも、
ちょっとホッとしているのではないでしょうか...。
ん?でも、明日からまた寒くなるとか?
がんばれ、鳥さんたち!

今日はこれからすっぴの病院。
写真では
アントニオ・カルロス・ハゲチョビンのせいか
ボロボロな感じですが
すごく元気です。
(ジョビンに失礼!すみませんっ>-<)

20100120_2.jpg

さてさて、アメリカから
やっと「Until The Kiss」が収録された
コンピCDが届きました。

20100120_1.jpg

よくよく見ると、ドイツ→アメリカ→日本、
というルートで届いたようです。
はるばるお疲れさまでした。
やはりパッケージにしていただけると
すごく嬉しいものですT-T。

細やかに対応してくださった
QuickStarProductionsの皆さま、
本当にありがとうございましたm_ _m。

あ、それから翻訳してくれた姉にも大感謝T-T。
ありがとさんでしたm_ _m。


そして今日の音楽。
ネットラジオからまたまた懐かしい曲が!
私の青春、アニタ・ベイカーさんの
「Fairy Tales」です。

「Compositions / Anita Baker」(1990)

アニタさんは
歌の素晴らしさはもちろんのこと
本当に素晴らしい作曲家だと思います。
いつ聴いても時代を感じさせない曲ばかり...。
王道・ホンモノ系!
自ら発信していく力強さに
同姓ととして本当に憧れます。
パティ・オースティンさん同様、
私にとって永遠のスーパースターです。

この「Fairy Tale」。
聴いていると、
...なんというか、ものすごいたぎる感!
この曲は演奏していても
ものすごい燃えるのではないでしょうか...。
やはり、おとぎ話からぬけ出そうとする
強い女性の歌だからなのかな。
かっこいいです。

燃える!ライブ映像がありましたので
是非是非!


Anita Baker Fairy Tales

リー・リトナー氏もこれまたかっちょいいですねT-T。

アルバムの音源は
7:53もある長い曲になっているのですが
曲の真ん中ぐらいから歌が抜けて
インストだけになるのですが、
この演出もまた超絶かっこいい。

不意の一曲で、またまた元気をいただきました。
音楽の力ってすごい、ホント。


| コメント(2)


20100118_1.jpg

今日はまずお知らせを...。

TMaMのライブが決まりました!

3月24日(水)、
渋谷のクロコダイルでライブを行います。
一年半ぶりのフルバンドでのライブです!
このお知らせに伴って
TMaMのサイトもちょいとリニューアルしました。
TMaM Website
お時間のあるとき、覗いていただけると嬉しいです。

...それにしても
フルバンドでのライブができることになり
本当に本当に嬉しいです T-T。
いろいろ調整をしてくださった皆様、
どうもありがとうございます T-T。

そして皆さま!
どうかどうか遊びにいらしてください!!
楽しんでいただけるよう、がんばりますっ!(気合!)

20100118_2.jpg

そんなわけで今日は
バンドのお知らせからスタートしましたが、
一週間の始まりらしく
お仕事をがんばってみました。(←毎日がんばれ)

仕事中、うーたんをベランダに出したりしていたのですが、
長時間の開放は、やっぱりすごく寒いので
うーたんを中に入れて窓を閉めたら、
まだ外が恋しいらしく、
「お外......」と、健気に外を覗くうーたん。
お耳がかわいいですな。(←バカ飼い主)

20100118_3.jpg

すっぴは遊び疲れて手の中でうとうと...。
すずめちゃん、LOVE。


さてさて今日の音楽ですが、
作業中のネットラジオでまたまた懐かしい曲が!
「Word Up!」で超有名なファンクバンド、
Cameoの「Sparkle」。

「Secret Omen / Cameo」(1979)

大ヒットした「Word Up」は
バリバリの80'sキャメオサウンドで、
衣装なども含めて
かなり色物カラーが強い(笑)のですが、
70年代のCameoは
この「Sparkle」を聴けば一目瞭然、正統派の香り。
うん、どっちも好きです。(笑)

このアーバンメローなナンバー「Sparkle」の
アルバム音源とライブ映像があったので是非是非!
ライブ映像のほうの
リーダーLarry Blackmon氏の衣装は
こんなにメローで正統派なのに
流石、キャメオスタイルです。(笑)
そんなギャップが、ちょうどええ。(2丁拳銃?)


Cameo - SPARKLE (Album Ver.)


Cameo - Sparkle LIVE

こんなの生のライブで聴いたら
もう感動しちゃうだろうな...T-T。
ちなみに大ヒットした「Word Up」のPVも!


Cameo - Word Up

無意識に体が動いてしまう!
イカしてます...。


| コメント(0)


20100117_3.jpg

昨日、
ブルースバンドのおじさんたちの新年会に
もんじゃの街・曳船に行ってまいりました。

おじさんたちとも間もなく20年位の
お付き合いになってしまうのですが、
みなさん、
ますますパワーアップしている感じです。

全員ブルースマンなので
ものすごい勢いでひねくれてて(イイ意味で)、
しかもものすごいべらんめえ口調で(下町育ち)、
愉快で愉快でたまらない夜でした。

久しくお逢いできず、
逢いたいなぁ...と思っていた方々にも
念願かなって逢うことができ、
それはもうホントに嬉しかった。

このブルースバンドのおかげで
今の私があるのだなぁ...、と
素晴らしい先輩達に感謝 T-T。

そして今日も、出先に向かう直前に
ものすごい久しぶりの友人から電話が...。
10代の頃から、
大変お世話になったFさんというおじ様がいるのですが、
しばらくちゃんとお逢いしてなくて...。
で、その方のお店で、
「今、みんなでモツ鍋やってるから来ない?」
とのお誘いのお電話でした。
すごく懐かしくって、すごく顔が見たくって
用事の前にちょっとだけ顔を出したのですが、
そのFさんも全然変わってなくて
変わらない優しい笑顔で、
なんだか泣けてきました。

Fさんのお店で、いろいろな方と出会い、
今の自分があるんだなぁ、と
またまた感動...。
電話してくれて、どうもありがとうぉ...T-T。

連日、再会が続き、
ちょっと胸がいっぱいです。
もっとがんばらくちゃ、と気合が入りました。


さてさて音楽ですが、
ブルースバンドのドラムのNさんが、
「Stevie Ray Vaughanのアルバムを貸して~♪」
とのことでしたので
今日はお届けする前に何枚かアルバムを
久しぶりに聴いたりしておりましたが...、
やっぱりレイボーン、泣けるT-T。
胸に染み入りますT-T。

「Family Style / The Vaughan Brothers」(1990)

このアルバムが彼の最後のアルバムで
アルバム発表のこの年の8/27、
ヘリコプター事故で35歳の若さで
亡くなってしまったレイボーン。
様々な困難から立ち直ってこれからだ!
という時期に起こった事故。
当時、その話を聞いた時のショックは
今も忘れられません。

最後のアルバムで私の一番好きな曲、
「Long Way from Home」。


The Vaughan Brothers Long Way from Home

昔、ブルースバンドで唄わせてもらおうとした
思い出の曲。
この曲の歌詞に
「俺は分かれ道に立ち、一気に前進しようとしているところさ」
と、ありますが、全くそのとおり。
どかーんと一気に、前進したいところでありますな。
がんばるぞーいT-T。


| コメント(2)


20100115_1.jpg

うーたんはあたたかくてやわらかくて
気持ちいいなぁ~。

野鳥観察以来、
なんだか調子をくずしてしまって
久しぶりにバタンQ。
昨日一日休養していたおかげで
ほぼ復活しましたが、
やっぱり体は普段から鍛えていないとダメですね。
反省猿。

20100115_2.jpg

でも有難いことに
先日すっぴを病院に連れて行ったら
かなり良くなってきたので
少しお薬を減らせそうだ!とのこと。
治ること第一なので仕方のないことですが、
かなりの治療費なので
それは母さん、ありがたい...T-T。
うん、でも何よりも
元気になってくれてることが
とても嬉しいです。

写真はテーブルの上のすっぴ専用のお皿から
ごはんを辺り一面ぶちまけながら食べる様子。
これが本当に散らかし放題。
これも元気な証拠!
やれやれぃ~!ってな感じです。


さてさて音楽ですが、
今日は作業中ネットラジオから
懐かしい曲が流れてきたので
その曲を...。
日本が誇るギタリスト、川崎燎さんの
「Trinkets And Things」です。

「Mirror of My Mind / Ryo Kasawasaki」(1979)

いや、懐かしいといっても
リアルタイムで聴いていたわけではないのですが、
一時期、歌のメロディがすんごく難しくて...、
でもそこがまたかっこ良くて...、
よく聴いていました。
ボーカルはRadha Shottamさんという
インド系のボーカリストさんだそうです。
しびれます!
そして、なんと言っても、
ドラムがHarvey Masonさんで
ベースがAnthony Jacksonさん。
このコクとキレ!!!!
もぅ~、たまりません~、乾杯~!

アルバムの音源と、
1999年のライブの映像がありましたので是非!


Ryo Kawasaki - Trinkets And Things Album [Mirror of My Mind]


Ryo Kawasaki at Birdland NYC'99 - Trinkets And Things
Featuring Clare Foster

今もなおバリバリ活躍されているRyo Kawasakiさん。
あぁ、ホントにかっこいいT-T。


| コメント(0)


20100112_1.jpg

今日はまだ薄暗い早朝から出発して
前から行きたい!と希望していた
野鳥観察に
野鳥の師匠と出掛けてまいりました。
それにしても
なんと寒いのだろうか!
やっぱりヒートテックは必須だな、と実感。

それでも
凍るように冷たい空気も
なんだかとても新鮮で、
懐かしい気持ちになりました。

初めての遠出の野鳥観察。
普段見ることができない鳥さん達に
私はたくさん逢えて大感激。
でも、師匠は、
ルリビタキなど、色のきれいな鳥さんに
逢わせてやりたかった、、、と
残念そうでした。

いえいえ、もう、十分です!!
たくさんの鳥さんに逢えて
最高の時間でした。
あまりの寒さに
またしても鼻水ずるずるでしたが。(笑)

20100112_2.jpg
シベリアからはるばるやってきましたツグミさん

20100112_3.jpg
もう、超ラブリーでキュートなジョウビタキの女の子。(メス)

20100112_4.jpg
女の子とはちょっとちがって男の子カラーのジョウビタキ・オス。

20100112_5.jpg
羽の部分がスズメちゃんそっくりで
頭がヒバリちゃんみたいなカシラダカ。
このヘアスタイルは冬バージョンだそうです。

20100112_6.jpg
これまた羽の部分だけスズメちゃんにそっくりなオアジ。
ヨモギ色がとってもきれい。

20100112_7.jpg
誰よりも側に近づいてくれたヤマガラさんたち。
「しゃーない、撮ってもええよ♪」と言ってくれてるようでした。(笑)

20100112_8.jpg
師匠が、これは撮っておいたほうがいいよ!と
撮影をオススメされたタシギ。
くちばしがすっごい長くて、
一生懸命ぬかるみをつっついて、ご飯を探していました。

20100112_9.jpg
もちろん忘れません。
すっぴの友達、スズメちゃん。
スズメちゃんラブ。

と、まぁ、
もっと、カケス、シロハラ、クロハラ、エナガ、シメ、
アカゲラ、バン、セグロ、メジロ...
とかいろいろいたのですが、
全然撮れず。
一緒に行動しているのに
師匠の写真は、それはもう、
大変素晴らしい写真ばかりで驚きでした!!
鳥さんたちは、基本的に保護色で
背景にすっかりなじんでしまって
撮影は本当に難しいのだなぁ、と。
でも、流石、プロは違う!

とにかく鳥さんにいっぱい逢えて、
本当に幸せ。
小雪舞う中、
本当にどうもありがとうございました!

今日みたいな日は、
もうこの曲しかないでしょう!!!

帰りの車の中で
思わず大音量で聴いて帰ってしまいました。
「My Friend in The Sky」。

「Reaching for Tomorrow / Switch」(1980)
  (Amazonへのリンクはベスト盤です)


My Friend in The Sky - Switch

DeBarge兄弟の長兄、次兄のBOBBYとTHOMAの歌声が
空に響きます。
この曲を聴くと、
去年の夏にお別れをした
ツバメのめめたんを思い出します。

めめたんは、私に特別なものをくれたから。
いつの日か空で一緒に飛べる日を想って...。

家に戻り、
うーたんとすっぴと触れ合っていたら、
なんだか安心して眠くなってしまった。
 ( ↑ 単なる睡眠不足か)

それにしても、Switch、...しびれる。
オハイオファンク、最高!


| コメント(2)


20100111_1.jpg

20100111_2.jpg

昨夜は古くからの先輩、Mr.Satoが率いるバンド
「uwabami2」のライブへ
神田ロックバーISOLDEへ。

イゾルデさんでのライブ鑑賞は二回目。
駅からも近くてとってもお洒落なお店です。
Mr.Satoとは、
それはもう本当に古いお付き合いなのですが、
今は、中浦和にあるApple英会話スクールのオーナー。
仕事にライブに、大変お忙しいのに
スーパーロックパワーのジェントルマンです。

そして、ライブ。
すっごい楽しかったー!
ジャニス、R&B、ビートルズ、ストーンズ、チャー...
と豪華でパワフルなラインナップで
とっても楽しませていただきました!
ジョージ・ハリスンさんの名曲
「While My Guitar Gently Weeps」のギターソロに
ジーンとしてしまいましたT-T。

素敵なライブ、本当にありがとうございましたm_ _m。

20100111_3.jpg

今朝はNHKで放送されていた
「ピアニストの贈り物~辻井伸行・コンクール20日間の記録~」
を見て、号泣、鼻水ずるずる。
辻井さん、本当にすごい。
かっこいいですT-T。

クラッシックは全然詳しくはないのですが、
クラシックの方の曲に対する考え方がすごく好きで
曲の背景とか歴史とか作曲家の生い立ちとか...、
さらに音符にこめられた意味とか...、
そういうのものを追求・探求してから
さらに曲にもう一度向き合う感じが
とてもつもなく情熱的で感動してしまいます。

ピアニストデイヴィッド・ヘルフゴット氏の
半生を描いた映画「シャイン」を見たときも、
先生とのレッスンのシーンで胸を打たれ...。
また、セロニアスモンク氏のドキュメンタリー、
「セロニアス・モンク ストレート・ノー・チェイサー」を
見たときも、
オーケストラが曲を作り上げていくシーンで
同じような感激を受けたことを思い出しました。

ソロで向き合う強さ、アンサンブルの難しさ、
それをより良くしようと作り上げていく過程。

どうやら、
作り上げていく過程を見て自分も刺激されることが
私は大好きなようです。(笑)
その努力があるから、
本番だけに見ることが出来る華やかさがある。

そんなことを思いながらパソコンに向かい
ネットラジオをつけて最初にかかった曲が
Yellowjacketsの「Azure moon 」。

「Like a River / Yellowjackets」(1993)

これまた、なんだかものすごいやられてしまったT-T。
急いで「この曲の映像を...」、と仕事そっちのけで
映像探し!
ありましたー、素晴らしい映像が!
アンサンブルって、ホントに素晴らしいT-T。


Yellowjackets - Azure moon (with WDR big band)

ベースのJimmy Haslipさんの横で
すっごいかっこいいギターソロをしているのは
ベトナム系フランス人のNguyen Leさんだそうです。
しびれる。

音楽は本当に果てしなくてスゴイですT-T。
泣き過ぎで頭が痛い。←アホか

あ、今日はうーたんとすっぴ、
出番がなくてごめんね。(笑)


| コメント(2)


20100109_2.jpg

うーたん、抱っこで超ごきげん♪。

まずはTMaMのこと...。

ずいぶん前に申請していたのですが、
ようやくミニアルバム「The New World」の
iTunesでの販売がスタートしました。

To Make a Miracle iTunes Site

うーん、
iTunesに登録した当初からなのですが、
なぜか我々は、
「ヒップホップ・ラップ」とカテゴライズされています。
...ということは、
私はラッパーか?
「Hey! Yo!」

...そんなわけで
お時間があるときなど、
是非チェックしていただけると嬉しいです m_ _m。

20100109_1.jpg

うーたんは、うさぎさんなので
なんとなくイメージで
寒いところのほうが好き、
と思いがちなのですが、
ところがすっとこどっこいで
暖かいところが大好き。

すっぴも全く一緒のようで、
暖かくて手のひらの中包まれているときが
すごく安心みたい。

今日は、夜のお薬の後、
お口直しに赤穂食べて、みかんの皮食べて、お水飲んで、
ちょびっと飛んでから、
椅子の背もたれで一休み。
暖房の温風直撃のこの場所で
ついついスヤスヤ寝てしまっていたところをパシャリ。

先日、お外のスズメさんたちが
日も暮れた寒空の下、
木の枝にまん丸になって寝ている姿は
本当に泣けました。
えらい!えらいよ、みんなT-T。

でも、仕方あるまい。
すっぴはお医者様に
「室温32℃キープ!」と言われているのだ。
がんばって早く元気になろうねー!
...うーん、でも、
どう考えてもこの部屋、32℃は無いな...。


...さて、音楽ですが、
今日から、Cotton ClubでOleta Adamsさんの
ライブが始まりましたね。
ブレンダ・ラッセルさんの曲「Get Here」とか
わりと、バラード的なじっくり聴く曲が
大ヒットになる彼女ですが、
私はなんと言っても大好きなのが
ノリノリサウンドの「Easier to Say Goodbye」という曲。

「Evolution / Oleta Adams」(1993)

この曲、聴くたびに、
「なんと力強く、前向きなオーラを秘めているのだろう!」
と思い、同時に、
「私ももっと強い女性になりたい!」、
なんて思ってしまう...。(私だけだろか?)

"さよなら言うのは簡単。
でも、よくなるように努力したいの..."
なんてな、そんな歌詞もまた然り。
やはり強い女性の歌ですね。
「これは、きっと音楽に対する思いなんだ」、
と勝手に解釈して
自分に言い聞かせている私であります。
あ、それから
この曲のベースがまた燃えるんですね、これが。
ベーシストはFreddie Washingtonさん。
しびれるT-T!

ホテルのラウンジ歌手として
長いこと下積みをされたOletaさんだからこそ
表現できる歌がこの2ndアルバムには
たっぷり詰まっているような気がします。

ではパワー満載のこの曲を...。


Oleta Adams - Easier to say goodbye

このアルバムからもう17年も経ってしまいましたが、
今日のライブもきっと素晴らしかったのだろうなぁ。
ちゃんと行きたいライブに行けるように
がんばって仕事するだな...T-T。


| コメント(4)


20100107_1.jpg

今日は七草でしたね。
七草粥を食べたら、すんごい温まりました。
今年一年、健康に過ごせますように...-人- 。

めだかちゃんたち。
相変わらずチビちゃんなのですが、
ボチボチ元気です。
暖かくなったら、ホントに大きくなるのかなぁ。
チビすぎだよなぁ。←結構心配

20100107_2.jpg

すっぴは昨日、病院に行き、
久しぶりに院長先生に診ていただいたら
「肺、良くなりましたね~!」と言っていただきました。
「がんばってるねー。えらいねー。」
と、すっぴに向かって褒めてくださいました。
よかったねー!
先生に診ていただいている時のすっぴの顔は
かなりピンチ顔になります。
そうそう、うーたんも、
お医者さんに診ていただいている時、
すんごい白目をむいてピンチ顔になるんだよなぁ。
すっぴもうーたんもホントに表情が豊かです。(笑)


さてさて今日の音楽。
作業中、ネットラジオでかかり久しぶりに聴いた
サックスのBob Malachさんの曲、「Mood Swing」。

「Mood Swing / Bob Malach」(1995)

以前のブログで、
Tully's Coffeeでおもむろに流れてきて
びっくりした事を書きましたが、
この曲を初めて聴いたとき、
「なんと、お洒落なんだ!」としびれまくりました。
プロデュースは流石のお洒落紳士Ben Sidranさん。
アルバムレコーディングメンバーも鼻血が出ます。

で、ちょいと探してみたら、
あるではないですかい!YouTubeに!
GoJazz Allstars Live in Japan、ということで、
Ben Sidranさん主催のGoJazzレーベルのアーティスト勢揃い!
ライブなのでアルバムとはまたちょっと違って
これまたしびれる!


Bob Malach Mood Swing
Featuring
Bob Malach, Ricky Peterson, Billy Peterson,
Ben Sidran, Gordy Knudtson

Bob Malachさんのサックス、いいなぁT-T。
そして、
キーボードソロをとっているRicky Petersonさん。
この頃の、Rickyさんのアルバムも
これまたすっごいいいんですよねぇT-T。

あぁ、Tully's Coffeeでフォカッチャ、
食べたくなってきた...。


| コメント(0)


20100105_1.jpg

今朝は朝一で都内へ車で納品があり、
毎度ですが出る前にバタバタとしてしまって、
「うわ~、高速に乗っても間に合わないかも...」
なんて思っていたら、
なんと広尾の現場まで35分で着いちゃいました。
決してとばした訳ではないのですが、
予想外に道が混んでいなかったので助かったー。
おかげで40分も早く着いて、気分爽快。
いやぁ、時間に余裕があるって、
すごく大事なことですね。
「時間に余裕」、
今年のテーマの一つです。

20100105_2.jpg

それから、この焼きそば。
初詣の時に、ズラリと並ぶ屋台の中で
同じ値段なのに、ダントツの量の多さで
ついつい人が買っていたのをみかけて
私もつられて買ってしまったのですが、
食べても食べても全然減らないーっ。
いやぁ、こんな大盛りの焼きそばは初めてでした。
でも、屋台って、
なんであんなにテンションが上がるのでしょうか?(笑)

20100105_3.jpg

すっぴ、明日は病院行こうね!


さてさて今年こそは
TMaMも色々チャレンジしたいなぁ、
と鼻息が荒くなっている新年のスタートなのですが、
今日ネットラジオで流れてきた曲にも
鼻息が荒くなってしまったのでここでご紹介。

ミラクルズのボーカリストだった
Billy Griffinさんの「Don't ask me to be friends」。

「Respect / Billy Griffin」(1983)

くー、83年音色がたまりませんっ。
「どっかで聴いたことがある感」もこれまたグーッ!
Leon wareさんのような
アーバン・メロー・セクシーの三拍子揃い。
まさに、ストライクなサウンドですわぁ~T-T。

ライブ映像とかは見つけられなかったので
アルバムのサウンドだけリンクしてみますっ。


Billy Griffin - Don't ask me to be friends - 1983

さぁ、今年は我々もがんばるぞー!


| コメント(2)


20100104_1.jpg

なんだかお正月もあっという間で
今日から仕事モードですね。
いっぱい動いて、
食べすぎモードを解消しなくっちゃ。

今日はちょいと仕事の材料を買いに出た時、
うーたんを連れて行ってみました。
最近、家でじっとしているだけだったので
気分転換になるかな~と思って。

20100104_3.jpg

久しぶりのお外はどうかな~?

20100104_4.jpg

「もう抱っこして欲しい~。さぶいよ~。」
それにしても、体、長いね、君。

20100104_2.jpg

いつも、お外はとっても楽しいみたいなのに
今日は寒かったせいか、何なのか?
もうすごくイヤだったみたいで、
すぐ、車に戻りました。
やっぱり寒いのは苦手なのかな。
ごめんごめん。

20100104_5.jpg

それとも、
部屋においていったすっぴのことが気になって
帰りたかったのかな??


さてさて今日の音楽ですが、
作業中、ネットラジオを久しぶりに聴いたら
David Packさんの「Biggest Part Of Me」が
かかりました。

「One Eighty / Ambrosia」(1980)

しびれるT-T。

季節を問わず、時間帯を問わず、
本当に絵になる素晴らしい曲。

夕方のなんとも言えない切ない色の空を横目に見ながら、
E,W&Fの「That's The Way Of The World」を聴いていた時、
「なんといい曲なんだ...。」と、しみじみ思っていたのですが、
それと、同時に
「ああ、Biggest Part Of Meも聴きたいなぁ...。」なんて
ぼんやり考えていたので
今日、ネットラジオをつけたらいきなり流れてきて
すっごいびっくりしました。

この曲は私の中で、
「本当に本当にイイ曲T-T。」と思う曲の上位に
ずっとずっとランクインされ続けています。
あぁ、こんな素晴らしい曲をかけるDavidさん、
すごいT-T。

YouTubeにあがっていた、Ambrosia時代の映像と、
これまたすんごい近年の映像を。
なんと、David PackさんとDavid Benoitさんの共演ですー!
ダブル・デイビッド!


Ambrosia - Biggest Part Of Me Live


You're The Biggest Part Of Me - David Benoit Feat. David Pack LIVE

姪っ子も大好きだと言っていたこの曲。
この曲を聴くと、彼女の笑顔も頭をよぎります。


| コメント(0)


20100102_1.jpg

「あけましておめでとうございますー」by うーたん&すっぴ

そりゃもう、食べすぎですー。ひぃー。

不思議なもので、
「もう明日まで何にも食べたくない~ >○<」
と思っても、
数時間経つと
ちゃんとお腹が空いてくるのですよね。
あぁ、生きてるんだわ。
いや、食いしん坊なだけか?

最近、うーたんのご飯が、
4歳も半ばを過ぎたので
「シニア用」にチェンジしてみました。
今まで食べていた「メンテナンス」と
成分がずいぶん違う!
食べ物にはかなりうるさいうーたんですが、
そんなに嫌いじゃないみたいで
ボツボツ気が向いたときに食べています。
実はこのお正月の間、
ちょっとうーたんの様子で気になることがあるので
来週あたり、一度うーたんも
病院に連れていこうかな、と思っています。
うーたんも今年の夏で5歳。
今年も元気いっぱい!がんばろうねー。

そうそう、
YouTubeにうーたんがうちにやってくるきっかけになった
カナダのアニメーション「無口なうさぎ(untalkative bunny )」が
何話かアップされていたので、
「Animal Music」というお話をリンクしてみました。


Untalkative Bunny Animal Music

最後にお友達のリスさんが
居なくなったうさぎさんを心配しているところが泣けるT-T。
またこのアニメーション、音楽センスも素敵なんです!

当時、
平日深夜2時から毎日放送していたのですが、
もうこの黄色いうさぎさんがあまりにかわいくて
ついには本物のうさぎさんにも興味をもち、
うーたんがやってきたのであります。
世の中を皮肉った大人向けのアニメーションなのですが、
もうこの絵がめちゃくちゃなところも最高です。
でも翻訳バージョンが実は最高!
DVDとかになってくれないかと、
切に希望いたします。


おっと、最後に音楽です。
先日のAl Jarreauさんの「Letter Perfect」の
ライブ映像にやられてしまってから
久しぶりにAl Jarreauさんをよく聴いています。
いろいろランダムで聴いていたのですが、
改めて「あ~、やっぱり大好きだー!」と思った曲、
「All or Nothing At All」です。

「Heart's Horizon / Al Jarreau」(1988)

オリジナルのBobby Caldwellさんよりも
先に聴いたせいもあるかもしれませんが、
こちらのアレンジが大好きで、
中でも、Bobbyさんのほうでは無い
大サビのあとの短いサックスソロへのつながるところが
キターッ!って感じで、もうグッときまくりですT-T。


Al Jarreau - All or Nothing At All

音楽ってホント、最高T-T!


| コメント(4)


20100101_1.jpg

明けましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いいたします!!!

そして昨日から今日にかけての
bossa novaバンドCorubaの
大宮Brash Barカウントダウンライブに
おいでいただいた皆さま。
お寒い中足をお運びいただきまして、
本当にどうもありがとうございました!
今年は11年目のカウントダウンライブで
毎年毎年お会い出来る皆様の笑顔に
元気とパワーを
今年も元旦からたくさんいただいちゃいました。
本当にありがたいことです。
どうもありがとうございましたT-T。

そして今年はまた最高のミュージシャンに
参加していただきまして、
ハギさんも私も本当に嬉しかったです。
キーボードのともこさん、
ベースの遠藤さん、
パーカッションの熊谷くん。
遠いところ素晴らしい演奏を
本当にありがとうございました!

25日のクリスマスライブに引き続き
カウントダウンライブも
自分の歌の出来はまたしてもさておき、
とにかく本当に楽しかったんです!
メンバーの皆さんも、お客様も、お店の方々も、
あったかくて...。
泣けましたT-T。
ライブの後はズドーンと落ち込むのが常なのですが
25日も昨日も、とにかく楽しかった!
この感覚は、私にとってはすごいコトで
この機会を与えてくださった皆様に
感謝感激でございます。

2009年の12月に
このブログがきっかけで
キーボードのともこさんと出会うことができ、
素晴らしい時間がトントンとやってきました。
  (ともこさん、どうもありがとぉT-T。)
2010年、この勢いで
もっといろいろチャレンジしたいな、と思います!
やれる時がやる時だ!
がんばりますっ!

20100101_3.jpg

打ち上げの帰り、
元旦の月食を見ました。
もぅ、日の出の時間までは
起きていられそうもなかったので
月食中のお月様に今年の願いを...-人- 。

今日の音楽は
カウントダウンで演奏した
O Barquinho。
「小舟」です。

「Bossa Carioca / 小野リサ」(1998)

海、波、空、風を感じることが出来る
小野リサさんの名盤だと思います。
O Barquinho、小さい船で、
新しい年に漕ぎ出そうと思いますー!

と、思ったら
小野リサさんのO Barquinhoの映像がなかったので
徹子の部屋芸人、
イパネマの娘のすごい映像がありましたので、是非!
素敵です!

改めまして
今年もどうぞよしくお願いいたします!


| コメント(4)


2011年5月

Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31