2009年11月アーカイブ

U R

20091130_1.jpg

ちょっとご無沙汰してしまいました。
今日は納品があって
予定通り、予定通りにはいかず、
明日もまた
今日の続きで都内へ車でOK GO!です。

そんなこんな連日バタバタしてたら
雨の日曜日、
うーたんがめずらしくケージに留まりスト状態。
半日、
呼んでも出てこないし、
そばに寄っても出てこない。

こんなことはあんまり珍しいので
もしかして本当に具合が悪い?と思ったら...、
うーたんスペースの床に
新しく貼ったガムテープが
気にいらなかったみたい。

「ストの原因はガムテープですかい?」と、
剥がしてみたら、
しばらく経ってケージから出てきて
ガムテープがないかチェックしてました。
ガムテープの匂いかな?感触かな?
とにかく嫌いみたいです。
気がつかなくてごめんね~、うーたん。
今は、うーたんスペースの定位置に
寝そべって元気です。


20091130_2.jpg

すっぴは最近、体のマッサージが大好き。
くちばしを撫でると
「プチプチプチプチ」と
くちばしを歯軋りのように音をたてて
気持ちよさそうな顔をします。
背中や首のマッサージも大好き。

でも
途中で止めると噛まれる。(苦笑)
これがびっくりするほど痛い。
そろそろ伸びてきたくちばしの先っぽを
また先生に切っていただかなくては...。


20091130_3.jpg

20091130_4.jpg

それからそれから
最近連日、四十雀&メジログループが
団体様でやってきます。
かなりかわいいです。
もしかしてもしかしてよく見れば
エナガちゃんとかもいそうな感じ...。
これからの季節、
冬鳥が楽しみでございまする。


そしてそして最後に音楽。
最近、ネットラジオで聴き
ハッとしてグーな女性シンガー、
Alison Crockettさん。

「On Becoming a Woman / Alison Crockett」 (2004)

何気なくラジオから流れてきた
「save me」という曲がとってもかっこよくて
即注文。
ミドルテンポの16ビートには
ついつい反応してしまいますが
かっちょよいミドルテンポの8ビートは
さらにたまりませんっ。(鼻血)

このアルバム、
アリソンさん、すごいです。
かっこよすぎです。
一曲目から全開フルスロットルです!!
ちなみに2曲目は
ジャネットの名曲「When I Think of You」のカバーです。

いやぁ、もう
かっこいい音楽がたくさんあって
ときどき眩暈がしてしまいます。(笑)

「save me」の音源があがってなかったので
アルバムの中の他の曲を。
これもまたすっごいイカシテマス!!!
この曲だけエレベではなく
ウッドベースでちょっと浮遊感を出したりして
ホント、センスも素敵 T-T。



ALISON CROCKETT - U R


| コメント(2)


20091126_1.jpg

駆け込みでマイケルの映画を観てきました。
もうすごくてすごくてすごくて...。
やっぱり私のつたないボキャブラリーでは
まったくもって説明できそうにありません。
とにかく素晴らしかった。
最初から鼻水がとまりませんでしたT-T。

余談ですが、
私の目の前の席の方が
私の父親くらいの年齢の男性だったのですが
その方が終わった後、
ちり紙で「チーンッ」と鼻をかむほど
涙されていたのがなんだか良かった...T-T。

しばらくボーっとなってしまいましたが、
現実に戻って仕事仕事。
やっぱり今自分が出来ること、やらねばならぬことを
マックスで取り掛からなくては...、
なんてなことを思ったり...。

がんばらないと!!!!!!!!

マイケル、
たくさんのメッセージを本当にありがとうT-T。
そしてひたすら寂しくて仕方ありません...。

20091126_2.jpg

さてさて
今日も暖かかったので空気の入れ替え!
窓を開けて作業していたら
四十雀ちゃんの宇宙からの交信声が「ツーツー」したので
ベランダに出てみたら
めずらしく写真を撮らせてくれました。
四十雀ちゃんのうぐいす色って
ホント、渋いわぁ。

20091126_3.jpg

うーたんは最近ちょっと食欲がないのです。
具合悪いの?と思って
ベランダに一緒に出ると
「そりゃ~、祭りだ、祭りだ~!」と
言わんばかりの大ハッスルぶりなので
まぁ、大丈夫かな、と。
結構波があるのですよね、うーたんの食欲は。
でも、ニンジンはむしゃむしゃ食べてくれました。(笑)


そして今日の音楽。
マイケルの音楽は
ちょっとまた鼻水が止まらなくなって頭痛になりそうなので
あえて別の曲を...。

仕事中ネットラジオで聞いていたら
「That's Enough For Me」がかかりました。
連日、Patti Austinさんの94年のバージョンが
流れていたのですが、
今日かかったのは、セルジオ・メンデスさんバージョン!

「BRASIL'88 / Sergio Mendes」(1978)

いやぁ、初めて聴きました。
ドラムとベースがこれまたかっこよくて!
ちょいと調べてみたら
DrumsがAlex Acunaさん、
BassがNathan Wattsさん。
おお!そりゃ、すごいわけだ!
しかも、アレンジャーに、Dave Grusinさんときてる。
やっぱりこの曲ですもんね。

ではでは
セルメンさんバージョンと
心の師匠Patti Austinさんの'77年と'94年の
バージョンの音源を...。


SERGIO MENDEZ - THAT'S ENOUGH FOR ME


PATTI AUSTIN - THAT'S ENOUGH FOR ME 1977 Ver.


★ Patti Austin ★ That´s Enough For Me ★ [1994] ★ "That Secret Place" ★


パティの歌声を聴くと、
背筋が伸びる思いです。
どれもかっこいいです、マジでT-T。。


| コメント(4)


20091124_1.jpg

今日は一週間ぶりのすっぴの病院の日。
先生が今日はじっくり肺の音を聞いてくださいました。
だいぶ肺の雑音が消えたそうでまたまた一安心。

たくさんの看護婦さんがいる病院なのですが、
今日の看護婦さんはとにかくすっぴの扱いが上手!
大抵の看護婦さんが籠に手を入れると、
捕まりたくない一心で一目散に脱出を試みては
成功しているすっぴなのですが、
その看護婦さんだけにはどーにも敵わないのです。
もうすっぴのちょこまかした動きを
すっかり把握したようなスピーディーな扱いで
私は「小鳥の看護婦さん」と密かに尊敬...。

でもそんなすっぴも、
今日はなんとその看護婦さんの手から
奇跡的に脱出に成功したのです!

いやいや、しかし!
小鳥の看護婦さんは一枚上手でした...。
バタバタあたふたと飛んで逃げるすっぴを
空中ですっと両手でキャッチし
とっさに、体重計の箱に入れ、
「すっぴちゃん、14gです。」
と、何事もなかったかのような冷静さ。

私なんか、そんなことになったら
そりゃもうドタバタで
すっぴを捕まえるのに必死なのに!

でもその看護婦さん。
すっぴを手のひらに抱っこして、小さい声で
「疲れちゃうからね...」
と、すっぴに話しかけていました。

そうなんです、
すっぴも慌てたりドキドキしたりたくさん運動したりしちゃうと
はぁはぁして呼吸がとても辛くなってしまうのに、
ついつい捕まりたくない願望に負けて
がんばっちゃうのです。

そういうこともちゃんと踏まえて
すっぴに体力を消耗させまいとするそのお気持ち。
...泣ける。
やっぱり尊敬...T-T。

はやく良くなるよう、がんばろうねー、すっぴ!

20091124_2.jpg

それからそれから
ちょっと嬉しいニュースがっ!!
メダカちゃんの嫁入り(婿入り)先がまた決まりそうです。
まだ何匹嫁げるかは調整中なのですが、
いやぁ、嬉しい。本当にT-T。
まだまだチビちゃんだけど
来年の春以降、
グッと大きくなる可能性があるそうです...。
冬は我慢の季節なのね。
お引越し用のお水造り、しておかなくっちゃ!


さてさて今日もネットラジオを聴きながらの仕事でしたが
今日はアンジー・ストーンさんの懐かしい曲がかかりました。

「Black Diamond / Angie Stone」(1999)

もう10年も前になるのですね。
いやぁ、いつ聴いてもホント、かっこいいです。
この曲の映像、ないかしら??
と思って探してみたら、アップされたばかりのが
あるではないですかーーーーーーーーー!!!
しかもすんごいかっこいいんですっ!!!!!
こういう曲のライブって
ホント、しびれます...T-T。。。。


Bone 2 Pic Angie Stone

1999年のファーストから
ずっとずっと定期的に作り続けているアンジーさん。
まもなく新作も発売のようです。
本当にすごいことだと思います。
これまた女惚れのかっこよさ...。
素敵です!!


| コメント(2)


20091123_2.jpg

連休も終わってしまいましたねー。
先週はちょいと外出が多くて
いろいろと溜め込んでしまっていたので
結局三日間、
仕事三昧な日々だったのですが...。
あ、それから
パソコンもなんとかだましだまし使っております...。

不思議なもので
なんだかなかなか手を付けられず
どうしよう~、とビクビクしていたものでも
ちょいと重い腰を上げ始めると
案外スルスルと作業って進むんですね。
 ( ↑ 早くやりなさいってばよ...>-<)

20091123_3.jpg

20091123_1.jpg

それもこれも
うーたんやすっぴやめだかちゃん達に
ところどころ癒させてもらったおかげか...。
彼らの存在はホントにありがたいです。


そして、ありがたい存在、
また音楽も然り。
今日もブラジル系で...。

ブラジルのお兄ちゃんこと(勝手に私が呼んでいる)、
ウィルソン・シモニーニャさん。
どのアルバムも全部大好きですが、
特に大大大好きなアルバムが
スタジオライブレコーディングの3rdアルバム。

「Introducing Wilson Simoninha / Wilson Simoninha」(2003)

シモニーニャ氏の音楽へのこだわりのすごさを
感じることのできる一枚だと思っております。
PVとかを見ても、彼の人の良さとかを
感じることができたり...。
もともとはお父様のウィルソン・シモナル氏を
聴いていたところの延長で知ったのですが、
とにかく2000年の彼のデビューアルバムからずっと
彼の音楽にはやられっぱなしなのであります。
そうそう、シモニーニャ氏には
私の姉もすごくはまってしまったそうで
姪っ子のマリピンも口ずさむほど...。(笑)

YouTubeでシモニーニャさん近辺をウロウロしていたら
「Essência」のレコーディングのメイキング映像が
HIGH QUALITYバージョンがありましたので是非!

そして他に
このアルバムに収録されている曲の2つのライブ映像も...。


Estudio com Wilson Simoninha " Essência" HIGH QUALITY



Wilson Simoninha Lá vem o homem


Wilson Simoninha ao vivo - É isso que dá

彼の音楽を聴くと、ホント、元気が出ますっ!
しかも、ドラムがこれまたしびれるんですよねT-T。
あぁ、やっぱり音楽って最高ー。


| コメント(0)


20091120_2.jpg

デスクの上がまたまたにぎやかに。
ブラジルブースです。
目の周りが白かったり黄色かったり...。
鮮やかなコンゴウインコちゃんたちです。
しかし、フィギュアってホントによくできてますね...。


今日は、
20年来お世話になっている方が経営されている
中浦和にあるアップル英会話スクールに出かけておりました。
ちょっと英語のレクチャーを受けさせていただいたり...。
いやぁ~、英語の授業なんて何年ぶりでしょうか...。
「三単現のS」とか超~なつかしい言葉を聴いて
ちょっと新鮮な気分になりました。
英語が怖くなかったら
いろいろな所に気兼ねなく行けそうですよね。
あ、でもその前に先立つものが...。(苦笑)
いやはや、大変お邪魔しました。
ありがとうございましたっm(_ _)m。


20091120_3.jpg

すっぴは久しぶりの日向でネムネムだ~。
すずめは英語でsparrow。
つばめは英語でswallow。
日本語は「め」で英語は「ow」で、
語尾が同じ言葉なんですね。
なんてなことを、ふと思いました。


さてデスクのブラジルブースに想いを寄せて、
今日は仕事中ブラジルにまつわる音楽を聴いておりました。
そこでサックス奏者John Klemmer氏の名盤を...。

「Brazilia / John Klemmer」(1979)

なんつったって
アルバムタイトルのこの曲「Brazilia」!
これまたメンツがすんばらしいT-T。

John Klemmer(Sax (Tenor))
Jorge Dalto(Piano)
Oscar Castro-neves(Guitar)
Abraham Laboriel(Fender bass)
Airto Moreira(Percussion)
Alex Acuna(Percussion)
Lenny White(Drums)

もう
アメリカ、ブラジルを代表するミュージシャンばかり。
なんつったってすごいのが
このテンポ!
曲がいい上にテクニックがすごすぎるっ。
まさしくMusic T.K.O. ()o×)/!!!

ライブ映像とかあったらよかったのですが、
残念ながら見つけることが出来なかったので
アルバムの音源を...。


John Klemmer - Brazilia

いやぁ、直球でかっこいいです。
たぎる、たぎる。
燃えるわぁ~。


| コメント(0)


20091119_2.jpg

今日もとっても寒かったですね。
ベランダの植物も中に半分くらい入れましたが、
う~ん、スペースを作らねば...。

20091119_1.jpg

うーたんもすっぴも寒いせいか、
なんだかとってもくっつきたがります。
肩にかかる14gの重さは
大変心地よいです。(笑)

20091119_3.jpg

めだかちゃんたちも水槽がとっても冷えてしまうので
暖かい部屋に移動したりライトを当てたりしたら
動きが活発になりました。
寒いと動きがホントに鈍くなるんです。
お水換え作業の時は動きが遅いほうが
とっても助かるのですけど。
がんばって冬を越して
もう少し大きくなってくれないかなぁ...と。(心配)
でもめだかちゃんたち、
ずっと見てるとホントに飽きないですわ。

さてさて
今日はずっと作業をしていたのですが
ずっとネットラジオで過ごしていました。
インターネットラジオってホントにイイわ~。
私が聴いているチャンネルでよくかかる女性の一人が
Jill Scottさん。

「Beautifully Human: Words and Sounds, Vol. 2 / Jill Scott」(2004)

いやぁ...、
すっごいかっこいい女性です。
N'dambiさんと共に
同世代で大好きなシンガーです。
やっぱり人生なんだよなぁ。
「Beautifully Human」という
アルバムのタイトルのタイトルも素敵です。
女惚れだわ。

ヒット曲の「Golden」の映像を...。


Jill Scott- "Golden" (Live)


| コメント(6)


20091117_1.jpg

すっぴちゃ~ん、どこにいるんですか~??
あ、いたいた。
フィギュアのロバさんと大体同じくらいの大きさです。(笑)


週末からちょいちょいバタバタしていて
しかも、パソコンがものすごい調子が悪くて...>-<。
パソコンが調子悪いのは仕事の全てが停滞するので
大変大問題です。

ん?
買うのか?
買うのか?
Windows7?

20091117_2.jpg

20091117_3.jpg

そしてそしてお花をいただきました。
いや~、お花ってホントいいですねぇ。
パソコンの調子が悪くてギスギスした気持ちに
潤いを与えてくれますわ~T-T。
極楽鳥花、ホントに南のほうの鳥さんみたい。


さてさて音楽ですが、
今日は久々ネットラジオをONにして
最初にかかった曲が
Michael McDonaldさんが歌う
「Love T.K.O.」でした。

「Soul Speak / Michale McDonald」(2008)

なぜかネットラジオのOn Air表示のところが
Manhattansの
Kiss And Say Goodbyeになっていたりして(笑)。
そういうこともあるのですね。

「Love T.K.O.」はTeddy Pendergrassさんで
昔よく聴いていたのですが、
マイケルマック氏バージョンもまたまたグッときますT-T。
Teddy Pendergrassさんといえば
80年代半ば
大事故から復帰して車椅子で唄われていたのが
すごく印象にあったのですが、
とにかくとっても唄い方がセクシーで素敵でした。。。
最近まで活躍されていたようですが、
今はすこしお休みされているのでしょうか・・・・・。

またこのなんともいえないかっこいい曲を
選曲するマイケルマック氏にもしびれます。
しかもマック氏の声は
いきなり音楽を自分の世界にしてしまう...。
素敵すぎます。

マイケルマック氏、ティディ・ペンダグラス氏の
アルバム音源と
マイケルマック氏のライブの一部の映像がありましたので
是非!!!


michael mcdonald - Love TKO - Promo Only Canada Urban Radio


Teddy Pendergrass - Love TKO


Michael McDonald - Love T.K.O. @ Paris

うーーー、最後まで聴きたいーT-T。


| コメント(2)


20091113_2.jpg

実家の横の原っぱ。
実はこのネコちゃんの周りに
2羽のハシボソカラスちゃんがいて
なんだか戦っているようでありました。
私がネコちゃんを呼んだので
一瞬戦いが止まったような感じとなりましたが
互角のにらみ合いだったような...。

今朝もすごく寒かったのに
お外の鳥さんたちはすごく元気でホント素晴らしい。
うーたんも寒いのにベランダへの窓を開けたら
元気に飛び出してサッカー練習。
そんなにサッカー、好きなのか!と感心してしまいます。

20091113_1.jpg

そしてすっぴ。
窓辺にガラスの器を
いつでも飲めるようにお水を入れておいたら
案外素直に飲んでいて
伸び伸び朝の散歩を満喫しております。
でもまだホッピングは収まらず。
肝臓は本当に時間がかかる、ということ。
気長にがんばろうね。


さてさて音楽。
昨日FMでCarl Thomasさんの「I Wish」がかかり
久しぶりに聴いていいな~!、と...。

「Emotional / Carl Thomas」(2000)

やっぱりイイ曲はいつ聴いてもいいですね。
繰り返しの後の展開のところは
ホント、キターッ!ってな感じでグッときます。

ライブ映像ないかしら?と探してみたら
ありました、ありました、去年の映像が!
やっぱりこの辺りの曲の生バンド演奏は
最高ですわぁ。

PVとライブ映像、二つを...。


Carl Thomas - I Wish Official Music Video


Carl Thomas-I Wish

ライブが熱いっ!
やっぱり熱いライブはかっこいい!
コレ見てると、
マックが食べたくなる...。


| コメント(2)


20091111_2.jpg

今日はうーたんはちょっとはじけていました。
うーたんは部屋の中では囲いの中にいて
ベランダと部屋の囲いの中を直通で
行ったりきたりできるようにしてあるのですが、
囲いに隙があったのか、
朝、囲いを越えて部屋の中に入ってきてしまいました。
もう、そりゃ、大ハッスルさ!
脱兎のごとく、とはよくいったもので
逃げ足が速い速い!
しかも、こっそり忍び足するんです。
あっという間に和室に入り、
洋服やらいろんなものの上に乗って
マーキングしまくり!
あっという間にトイレ状態です。
私はうーたんを捕まえるのに四つんばいで走り回り、
首の筋を違えてしまいましたー。
痛い。←アホです

20091111_1.jpg

そして、夜、外出から戻ってまたびっくり。
またもや脱走してたんかー?!
リビング、和室、キッチンが
うーたんのトイレと化しておりました。
面白かったのが、
ティッシュボックスの中身のティッシュが出ていて
散乱していたこと。
流石、穴掘りうさぎさんであります。
どうやら今日は相当大冒険してみたかったようです。
ま、そう思うとこれがかわいく思えたり...。
動物の習性って、ホントに面白いです。

すっぴはこれらの様子を上から見ていて
「うーたん、やってるね!」と
言っていたに違いない。


さてさて音楽です。
最近、
音楽ってホント、人生だな、としみじみ思います。
その人のその中からしか生まれない。
そこが素敵で
そこに感動して
そこに胸を打たれて
そこに憧れる。

先日、お誘いをいただき行って参りました
シャンソン歌手金子由香利さんのコンサートに行った時なんて
人生が、生き様があふれていて
最初から最後まで涙が止まりませんでした。
猛烈に感動しました。

いろいろな人生があって
いろいろな想いがあって
生きていくことに苦悩して
生きていることに感謝して...。
そして
自分の表現したい音楽があって...。
音楽に出会えたこと、
本当に神様に感謝です。

いやいや、なんだか、
しみったれた感じになってしまいましたが...(苦笑)。

今日もなんとなく気分が落ち込み気味で
電車に乗っているとき、
iPodでFrank McCombさんの
「Gotta Find A Way」が流れてきて、
それを聴いたら
「ああ、...がんばらなくちゃ。」と
胸がいっぱいになりました。

「LIVE In Atalanta Vol.1 / Frank McComb」(2007)

このマッコムさんの音楽に
今までどれだけ救われたことか...T-T。
やっぱり感謝せずにはいられません。
12月の来日コンサートにもできれば行きたい...T-T。

「Gotta Find A Way」の別のライブ映像がありました。
笑顔も素敵です。



Frank McComb @ Pizza Express March '06

さて、
明日もまたがんばるぞー。
うーたん、トイレはやめてけれー。


| コメント(4)


20091110_1.jpg

ここのところ、気温が暖かかったせいか
最近元気がなかったアメリカンブルーが
一気に花を開きました。
うーたんも、相変わらずサッカー練習に余念がありません。
でもコンクリートの上は
やっぱり足の毛が擦れてしまってよくないので
何か対策を考えなくては...。

20091110_2.jpg

メダカちゃんたちもみんな元気に成長していて
また水槽を増やさないとそろそろ手狭な感じです。

おーい、置くところ、あるのか?

先日友人のところにお嫁&お婿に行ったメダカちゃんの写真を
友人が送ってくれたのですが、
素敵な水槽で活き活きしていて嬉しくなりました。
あ、引き続き、どなたかメダカちゃんを
お嫁にもらってくださる方がいらっしゃいましたら
どうかよろしくお願いいたします。

20091110_3.jpg

そして、すっぴは今日も病院に。
看護婦さんに捕まるとき珍しく脱走に成功して
診察室でバタバタと飛んでみたすっぴ。
すっぴのやんちゃぶりは先生も看護婦さんも
入院の時からお墨付きのようです。(苦笑)
今日も15gのすっぴでした。


さてさて今日の音楽。

今日は、仕事中、ネットラジオを聴いていたのですが、
最初に流れた曲が、Maysaさんの
「Can We Change The World」でした。
久しぶりに聴きましたが、
お~、やっぱりイイわ~T-T。

「Maysa / Maysa 」(1995)

Incognitoのボーカルで有名だった彼女ですが、
ソロになってますます今も大活躍ですね。
このアルバムはソロファーストアルバムで
聴けば聴くほどに
Maysa Leakさんの歌のうまさを実感できる
スルメ系アルバムだと思っております。
他に「Rain Drops」なんかも大好きなのですが、
なんと言っても「J.F.S.」!
当時、この曲を聴いていたころ、
スキャットの練習にはまったりしていた頃で
正に練習ソングでした。
またこの曲、
作曲と演奏がキーボードのJason Rebelloさん、ということで
さらにテンションがあがります。
燃える、燃える。
たぎる、たぎる。


Maysa Leak - J.F.S.

で、ちょっと他の映像を探していたら
2008年のMaysa Leakさんのライブ映像で
「J.F.S.」を演奏しているものがありました!
しかも
キーボードがJeff Lorber氏、サックスがNajee氏!
音がちょっと聴きずらいのですが、Jeff氏、最高です。

埋め込み禁止になっていたのでリンクをはっておきます。
Maysa - J.F.S at Java Jazz Festival 2008

燃えるわぁ~T-T。


| コメント(0)


20091108_2.jpg

週末はいろいろ出かけたりで
ちょっとバタバタしていたので
今日は溜め込んでいたお片付けを。
お片付けって
すごい疲れるけど
すっきり爽快気分にもなりますよね。
は~、この大雑把な性格、
なんとかせねば...>-<。

20091108_3.jpg

すっぴもひさしぶりに長い時間手の中でZZZZZZ。
ご機嫌斜めだと突っついたり噛んだりしますが、
なんだかんだ言って手の中で寝るのが好きみたいです。

20091108_4.jpg

うーたんも、最近はかなり長時間の抱っこが好きみたいです。
やっぱり寒くなってきたからだと思います。
私も抱っこしていて本当にあったかくて気持ちいい。
「うたんぽ」、最高デス。
でもうーたんは
ゆ~ったり抱っこしていると
突然「離せ、このやろ~!」ってな感じで
バタバタと暴れるのですが、
これはトイレに行きたいサイン。
離してあげると一目散でトイレです。
私の膝の上でするのは流石に気が引けるのか?

20091108_1.jpg

そして
今夜もお月様がきれいですねー。
半月だったけれど、
写真に撮ってみたら、
満月のようになってしまった。
Nocturnal Sunshineですね。

そんなわけで
Me'Shell Ndegéocelloさんの
「Nocturnal Sunshine」です。

「Stolen Moments: Red Hot + Cool / Various Artists」(1994)

過去にこの曲は何度もこのブログで書きましたが
ホント、かっちょよすぎですT-T!!!!
エイズ撲滅運動のためのコンピレーションなのですが、
参加アーティストはジャズ界からHIP HOP界まで
豪華勢揃いです!
Roy Ayersさん、Ron Carterさん、Donald Byrdさん、
Ronnie Jordanさん、Joshua Redmanさん...等々。
そのアルバムの4トラック目が
ンデゲオチェロさんの「Nocturnal Sunshine」。
もぉ、ダントツです!

この曲のクレジットは
Bass,Rhodes,Clav,Vocals : Me'Shell Ndegéocello
Piano : Herbie Hancok
Keyboards,Programing : David Gamson
Guitar : Wah Wah Watson
Cowbell : Luis Conte
Drums : Harvey Mason

と、鼻血の出るラインナップです。
イイに決まってますT-T。
ついつい正座して聴いてしまう。(嘘デス)

YouTubeにアップされていましたので
座布団とティッシュを用意して
鼻血を出しながら正座で是非!(笑)


Me'Shell Ndegéocello - Nocturnal Sunshine

実は今日
引越後、まだ片付けていなかった
コンピレーションが入ったダンボール箱を
ちょうど片付けていて
このアルバムが出てきたので
ナイスタイミング。
欲しいものが探す作業ナシにすぐに手に取れるこの幸せ。

ああ、やっぱり大雑把はいかん!
お片付けは大事ですね。(苦笑)


| コメント(6)


20091105_2.jpg

いやぁ、しかし、
本当に空気が冷たくなりましたね。
ふと、冬の匂いを感じたりする今日この頃ですが
風邪などひかれてはいませんでしょうか??
うーたんは寒くてもお外が好き。
くしゃみではなく、顔を洗っています。
ゴシゴシ。

20091105_1.jpg

そうそう。
メダカちゃんたちもとっても元気です。
実は10月半ば過ぎ、
モノアラガイのタニちゃんが亡くなりまして、
かなりな傷心モードでした。
毎日水槽の掃除をするたびに
タニちゃんの姿がないことがショックで
たまらなかったのですが、
タニちゃんの分まで、
私が水質をちゃんと管理しなくては!
と気分を新たにお世話しようと思います。
タニちゃん、ホントにかわいいヤツだったなぁ。
今までお水をいつもきれいにしてくれて
本当にありがとね。


さて気を取り直して今日の音楽。
先日のCATALYST「New Found Truths」に
コメントをいただきまして
  (ありがとうございますー!)
ちょうどその周辺のCDを引っ張り出してみたので
その中からベーシストBuster Williamsさんのアルバムを。

「Crystal Reflections / Buster Williams」(1976)

そもそもCATALYSTを知ったのは
「Coolin': A Soul Jazz Journey」というコンピレーションを
ゲットしたことから始まったのですが、
このコンピレーションがまた私には
いろいろな意味で奇跡のようなアルバムで
とにかく素敵な曲ばっかり。
ツボに入りまくりで
何度溢れ出る鼻血をぬぐったことか...。

正統派ジャズピアニストのKenny Barronさんが
ピアノではなく、ローズで炸裂している曲も
何曲かある時期で...
やさぐれたいモードだったのでしょうか...。(←失礼)
いや、そこがまた超しびれるんです!

で、Buster Williamsさんのこのアルバムにも
Kenny Barronさんは参加していて
ビブラフォン奏者のRoy Ayersさんの「Vibrations」では
この曲だけ参加しているRoy Ayersさんと共に
ものすごい素晴らしい世界をつくりあげています。
 (収録されているものは11分47秒と大曲です!)

「Vibrations」の音が
YouTubeにあがっていたので是非是非!


Vibrations by Buster Williams and Roy Ayers

Roy Ayersさんのアルバムのバージョンもありましたので
こちらも是非。


Roy Ayers "Vibrations" 1976

どちらも素敵です、ホントに!

ついでに
やさぐれてた時期(嘘デス>-<)の
Kenny Barronさんのアルバム「Sunset to Dawn」(1976)の
曲も一曲だけYouTubeにありましたので、こちらも是非!
炸裂です!


"Swamp Demon" by Kenny Barron


| コメント(6)


20091104_1.jpg

昨日も病院。
爪がかなり伸びてきたのですが、
具合の悪い右足を触られるのが大嫌いなすっぴなので
診察の後、先生に爪切りもしていただきました。
やっぱり、「ビビビビビビビ」と
必死に抵抗していましたが、
そりゃもうあっという間。
家での大変さが嘘みたいです。
足指細くて折れちゃいそうだし、
やっぱり上手な先生にやっていただいてよかった。

20091104_2.jpg

なかなかハゲちゃんが治らないので
一日おきだった動物性たんぱく質を
「毎日にしてみよう!」と言われ、
今日も大好きな卵の黄身をほおばるすっぴ。
風邪ひかないようにがんばろねー。


さてさて音楽のお話。

先日、車で移動中FMから
久しぶりにピアニスト塩谷哲さん
アルバム「88+∞」に収録されている
「Magic,Dream,or true love? 」が流れてきて
改めてかっこいいー、と思っていたら、
同じアルバムに収録されている
「Home-bound Train」がとてつもなく聴きたくなり、
アルバムを引っ張り出し
「Home-bound Train」を聴いていたら、
今度はJim Beardさん
アルバム「Truly」に収録されている
「Tandoori Taxi」がこれまた無性に聴きたくなり、
アルバムを引っ張り出し
「Tandoori Taxi」を聴いていたら、
今度はWayne Shorterさん
アルバム「High Life」に収録されている
「On the Milky Way Express」が強烈に聴きたくなり、
アルバムを引っ張り出し
「On the Milky Way Express」を聴いていたら、
「あ!動画で探してみよう!!!」と思って
YouTubeでいろいろ検索してみたけれど
塩谷哲さんとJim Beardさんの
お目当ての曲は見つからず、
ちょっとがっかりしていたら
Wayne ShorterさんとJim Beardさんが共演している
これまた大好きな曲、
Weather Report
「Face on the Barroom Floor」の映像があって
この曲のライブバージョンに感動。
うわーーー、しびれる。
ジムビー、若いー!

そして、
「ジョー・ザビヌル氏は本当に偉大だ。」
というところで、今日はお開きになりました。
(一人ミュージックバトンで大盛り上がり)

というわけで
「本日のアルバム」は
Weather Reportの「Face on the Barroom Floor 」が
収録されているアルバムを。

「Sportin' Life / Weather Report」(1984)


そして見つかった3つの映像を...。


塩谷哲 「Magic dream, or true love?」


Wayne Shorter "On The Milky Way Express" 1993


「Face on the Barroom Floor 」
Wayne Shorter w/ Ronnie Burrage, Larry Coryell, Jim Beard, Jeff Andrews

あ!
Jim Beardさんの「Tandoori Taxi」も
ジムビーさんのMySpaceにアップされていました!
とっても良い音で聴けますよー。


| コメント(0)


20091102_1.jpg

姉からハロウィンの写真が届きました。
姪っ子マリピンの好きな「どーもくんバージョン」。(笑)

20091102_2.jpg

コスチュームは弟のレイくんがバナナ。
この衣装がすごく人気があって
たくさんお菓子をもらえるらしい。
マリピンのどーもくん変装は
なんだかビニールが一生懸命な感じで
泣けるよ、おばちゃんはT-T。
それにしてもアメリカで
どーもくんに変装しても
一体解かってもらえるのだろうか?

なかなか逢えないけど
元気でいてくれているようで
嬉しいですT-T。


それはそうと
最近すっぴは元気になってきたせいか
面白さがパワーアップしています。

20091102_3.jpg

暖かい窓際で。

動かないで何しているのかと思ったら
寝てるよ、寝てる。
かわいいヤツだ。←超バカ飼い主
元気になってくれて本当に嬉しい。
でも油断大敵ですね!
気をつけますっ。


20091102_4.jpg

おっと、それから
大事なお知らせを...!

TMaMのsiteのトップページにもお知らせが載りましたが
アメリカのレーベルQuickstar Productionsより発売の
コンピレーションアルバム「Rock 4 Life International volume 21」に
TMaMが「Until The Kiss」で参加させていただいたのですが
いよいよDegital Storesでリリースされたそうです。
(CDは届くまでまだちょっと時間がかかるみたいデス)
再リミックスして音質も良くなり、
さらにリーダーのキーボードソロが
エンディングで炸裂しておりますので
是非是非この機会に
2009Ver.も聴いていただけると嬉しいですm_ _m。

でも、ホント、ロックのコンピレーションに
なぜギュンギュンギターが入っていないこの曲が選ばれたのか
摩訶不思議。
でも、心意気だけは
ロックロックこんにちは、だから
ま、いいか。(いいんか?)


さて今日の締めくくりは
前日のShakatakと一緒に、
ラシーンの中に入っていたカセットテープ、
E,W & Fのアルバムを...。

「Open Our Eyes / Earth Wind & Fire」(1974)

このアルバムも思春期の頃
はまりましてその時のカセット、
まだまだ聴けます。(ちょっと伸びてるケド)

力強いこの曲で
宇宙からパワーをいただきたいと思います。(笑)


Earth Wind & Fire - MIGHTY MIGHTY year 1975

あ"あ"あ"~、
モーリス氏が竹中直人氏に
見れば見るほど見えてくる。
しかし、なんてかっこいいのでしょうか...T-T。


| コメント(2)


20091101_1.jpg

14年間、
いろいろなところに連れて行ってくれたラシーン。
昨日、ちょうど車検が切れる日に
お別れしました。

車屋さんでもある見沼のヨン様の工場に
最後の手続きで持って行く途中、
いろいろな思い出が蘇ってしまって
なんだか泣けてきてしいました。
すごくすごく愛嬌があって
しかも我慢強いイイヤツでした。
最後はかなりガタガタでしたが
でもがんばってくれました。

このラシーンを購入したとき
ちょうど日産はイチローがCMをしていて
「イチロニッサン、ハワイへ!」
というキャンペーンをやっていてました。

営業さんのススメでそれに応募しておいたら
驚いたことに当たってしまって...。(笑)
まだ70代だった祖母と二人で
そのツアーに参加し
二人でワイキキビーチをまったり満喫...、
夢のような体験をさせていただきました。
14年経った今でも祖母と
「あの旅は最高だったねぇ...。また行きたいねぇ。」と
よ~く話しに出る程です。
素晴らしい思い出です。

それもこれもラシーンのおかげ。

18万キロも走ってくれて
いっぱいいっぱいいろんなところに連れて行ってくれて
本当に本当に本当にありがとぉ。


見沼のヨン様工場にお邪魔して
ラシーンの次なる車も中古車なので
ちょっと調子を見ていただいている間
ネコちゃんたちをしばし観察。
7匹中、昨日は6匹、工場内に戻っていました。

20091101_2.jpg
古いスクーターRabbitの前でちょこんと座るチビクロ(♀)。

20091101_3.jpg
作業台の下で寒くて固まっているワルコさん(♀)。

20091101_4.jpg
最近ココで一番強いということを自覚したらしいキー(♂)。

みんな、ものすごいかわいいんです。
ネコちゃんはなんてったって
声がかわいいですよねー。
たまりません。

うさぎは
毛づくろいをしている姿とか
お手々を揃えて座ったりするところとか
ネコちゃんに似ているように思います。
肉球がないけどね(笑)。


さてこれから乗っていく車も
しばらくいろいろ手を加えないと
調子がのらなさそうな感じなので
気長に付き合いたいと思います。
カーステがカセットしかついていないので
ラシーンにつんであった
「シャカタク」のテープを最初にかけてみました。
これがまだ全然聴けるんだな。(笑)

「Invitaions / Shakatak」(1983)

いやぁ、しかし
あたらめまして
シャカタク、いいですねーーーーー!

このアルバムは本当によく聴いていたので
一気に当事に引き込まれます。

小学生の頃、
レッツゴーヤングとかいうテレビ番組で
初めてShakatakの「Night Birds」を聴いたとき
「歌う人が真ん中にいない!!!」
と、ものすごい衝撃を受けた記憶があります。
でも他のアイドルとかに混じっての出演が
とにかく別物すぎて異様で
それも含めてかっこよくてかっこよくて...
引き込まれましたー。
姉と二人でコーラスの二人の真似して
踊った記憶もあったりします。

YouTubeで探してみたら
そのときのレッツゴーヤング(だと思う)の
映像があがってました。
うわー、なつかしすぎるっ!!!


Night Birds Shakatak


んで、テープで久々に聴いたInvitaionsの映像も
2003年のライブ映像がすっごいかっこよかったので
こちらもよかったら是非!
と思ったのですが、
映像埋め込み禁止だったので
リンクしておきます。
マジでしびれます!!!
続けてるってホントに素晴らしい!

Shakatak - Invitations - Live at the Playhouse

キーボードのビル・シャープさんの
左手って
ホント、勉強になるー。
かっこいいですT-T。


| コメント(4)


2011年5月

Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31