2009年2月アーカイブ

20090227.jpg

今日は寒かったですねー。
本当に雪が降るとは思わなかった...。

でもやっぱり雪はちょっとワクワクします。
グレーの空から舞い降りる白い雪の
微妙な色のコントラストがとてもきれいでした。
あぁ...。
去年はスノーボードに初チャレンジしたなぁ。
頭からつっこんだなぁ...。
ホント、無謀だったなぁ...。
でも雪景色はきれいだったよなぁ...。


...すっぴは寒いのがすごく苦手みたいで
籠から出すと真っ先に手の中にスポッと入ってきます。
うーたんも寒いのが案外辛いみたいで
寒いときは真ん丸くなって
文鎮みたいに固まっているのですが
ストーブを点けるとストーブの前にやってきて
ゴロ~ンと寝っころがります。
その姿はものすごーーーいかわいいデス。
  ↑ ハイ、私がバカ飼い主です


それはそうと
なんだか最近はKool & The Gangの映像を見ると
元気が出てしまって...。(笑)
このブログの時の映像デス。
なんつったって、トランペット(向かって右側)の方がツボで...。

ちょっと調べてみたらあの方は
Michael Rayさんという方みたいです。

またネットサーフィンしていたら
Kool & The Gangの2007年1月、
クロアチアでの野外のライブ映像がありました!


Kool & The Gang - Jungle Boogie (Live 2007)

メンバーの入れ替わりが激しいKool & The Gangですが
この映像にはあのトランペットのMichael Rayさんがフロントに!
若いころのおちゃめな感じが無くなっちゃった???と思いきや
映像中盤でぴょンぴょン跳ねてくれたりして
会場を盛り上げてくれていました。やっぱり最高ー!
それにしても、吐く息が白い!!
とってもとっても寒そうだけれど、
お客さんも彼らのライブで熱くなったこと、
間違いナシですねーーーーっ。
本当にGrooveがすっごいかっこいい!!

Jungle Boogieはかなり前のアルバムに入っています。

「Wild and Peaceful / Kool & the Gang 」(1972)

もともとはベースのKoolを中心とした
ハイスクールの仲間から結成したとか...。
45年も前のことのようです!!!!
それに今もなお活躍中で
2007年に発表されたアルバムもまたとってもイイ...。
素晴らし過ぎます...T-T。

彼らと同世代のブルースバンドのおじさんたちも
先日もおっしゃってましたが、
大人になればなるほど続けるのは本当に大変だけれど
「音楽」がとても素晴らしいものなので、
やっぱりやめられない、やめるなんて考えられない、って。(笑)
私も、音楽ができることにいつも感謝していかねば...
としみじみ思っています。

寒いけど、がんばるぞーーー!オー!


| コメント(0)


20090224.jpg

数日前、
PC復活二週間目にしてまたもやクラッシュ。
「もう新しいPC買ってやる!!!!!」と
意気込んでPCショップに行ったものの
「そうか、世の中はvistaなんですね...」
と、いきなり尻込み。
しかもたくさんあって
いろんなものの違いがわかない...。

結局出たついでに
大好きな「きなこのおはぎ」を購入して家に戻り
使用してから一ヶ月の間に二度もクラッシュしたPCをリカバリ。
5年保障に入っていたので修理には出せるらしいのですが
聞いてみると修理に一ヶ月かかるとな...。

ところがどっこい。
うっかり、後から追加した1Teraのハードディスクをつけたまま
リカバリしてしまって
リカバリ後立ち上げると、、
1TeraハードディスクさんのほうがOS起動のドライブに
新しく生まれ変わってしまいました。

もともとついていたハードディスクに原因があったようなので
もしかしたら今度こそは安定するかも...。
一抹の不安をかかえながらも
しばらくこのPCさんとお付き合いしてみることにしました。

さ、メモリスティックに
保存保存、と。

そんなイライラの極地の時、
肩の力をぬけさせてくれるのは
やはり
うーたんだったりすっぴだったり音楽だったりするのですが、
アロマの効果もすごい!、と思う今日この頃。

香水はつけない私ですが、
先日も仕事に出たついでにふと立ち寄った雑貨やさんで
あまりにも香りがいいので
ついついきれいにパッケージされた
ハンドクリームと香水等のセットを買ってしまいました。
 (大変安価だったということもありますが...)

アロマのお店が流行るのって
なんだかわかるわぁ...。

それから音楽。
リラックスというより
燃える!、といったほうが正しいのですが...。

ネットラジオでMarcus Johnsonさんの曲が流れて
かっこよかったのでYouTubeでちまちまさがしていたら
やっぱりありました!ライブ映像!


Marcus Johnson - Maxin'

「Maxin'」というと
ついついドナルド・フェイゲンさんの曲?とか
ウクレレ漫才、牧伸二さん?とか
思ってしまいがちですが(ワタシだけか...)、
別の曲ですー。(笑)

Smooth Jazzって、
CDやラジオで流して聴いていると
BGMとしてさらりと聴いてしまいがちなのですが
やっぱりライブだとすごい!熱い!
ダイナミクスがたまらない!
ライブの中でのプレイヤー同士のかけあいや、
お客さんのもりあげなどの相乗効果で
アルバムとはまるで違うものにしてくれる...、
という音楽が、私は好きなので
つい好きなアーティストのライブアルバムがあると
欲しくなってしまいます。

Murcus Johnsonさんのライブアルバムもありました!

「In Person: Live at Blues Alley  / Marcus Johnson」(2002)

さて今日も元気に出かけてまいりますかー!


| コメント(0)


20090222.jpg

昨日は
久しぶりにブルースバンドのバンマスから連絡があり
歌ってまいりました。
千葉の西白井駅のすぐ横「アンの家」という
とっても素敵なライブレストランでした。
行きは松戸で待ち合わせをして車で移動し、
帰りは車に乗せてもらって戻ってきてしまったので
西白井という土地がまったくどこがどこだかわからず、
なんだか違う国に行ってきたような不思議な感覚。

それにしても
また行ってみたくなるようなとっても素敵なお店でした。
アンの家
私はチャイを飲みましたが
これが本当に美味しかったですっ!!!!!!
ライブもとっても楽しかったし、
素敵な夜でした!!!


最近はまたネットラジオをよく聴いているのですが、
一昔前にくらべて、ネットラジオのチャンネル数の多さには
本当にびっくりしてしまいますね!

ソウル・ファンク系のチャンネルを流してかけていたら、
The Ohio Playersの「Skin Tight」がかかりました。
く~、サビがかっこいいなぁ。

「Skin Tight / The Ohio Players」(1974)

ちらっと映像も探してみたのですが、
この映像もいろんな意味ですごいです...。
見所満載。


Skin Tight Live 1975 - The Ohio Players

この映像を探していたらまたまたすごいかっこいい映像も発見。
これはたまりません!!!!


Ohio Players Billy Beck-See Complete Show on ValleyGoldShow.com

これはしびれる!
The Ohio PlayersのWilliam "Billy" Beckさんの
TV番組「The Valley Gold Show」での
生演奏の映像なのですが、
Rad.命の私にはたまらない映像でした。

それにしてもBilly Beckさん、
田舎の親戚のおじさんにどことなく似ている気が...。(笑)


| コメント(0)


20090217.jpg

先日買い損ねたEric Benetさんの
アルバム「A Day in the Life」、
古本屋さんにまだありましたので
今度はちゃんと購入して参りました。

「A Day in the Life / Eric Benet」(1999)

いやぁ、素晴らしい!
Georgy Porgyはやっぱりかっこよかったし、
Roy Ayersお父さんのVibeが漂う「When You Think Of Me」には
すっかり身も心も溶かされてしまったし、
Me'shell Ndegeocelloさんの低い声が生える
ミドルテンポの「Ghetto Girl」はローズの音とかアレンジも最高だし、
コード進行が心地よい「Love Of My Own」みたいな
バラードもやってみたいなぁ、なんて新たな野望もできたし...。
この曲たちが聴けて良かった T-T。

こんな寒い夜にはこんなホットなバラードを...。


Eric Benét singing "Love Of My Own" 10.8.08


あともうひとつ。
素晴らしいスピーチの映像を...!
1992年、ブラジルで行われた国連会議で、
12歳の少女セヴァン・スズキさんの素晴らしいスピーチです。
私はものすごく胸を打たれ、
しょっぱなから涙が止まりませんでした。


伝説のスピーチ 環境サミット@リオ

大人達がいけないんだ!、と
改めて身が引き締まる思いです。
12歳の少女に、姿勢を正していただいた。

これからの未来が希望に満ちたものであるべき子どもたち、
人間が壊してきた自然の中で
いつも必死に生きている動物・植物たちに、
本当に申し訳ない...、と思いました。

ネットで最近のニュースを見ていると
笑っちゃうしかないような事が政治の世界で起きていたりして、
基本的なふるまいからちゃんとしなくちゃいけない、と
最近つくづく思ったり...。

まだまだ道は続いている、
がんばろう!と思います。

また素晴らしい映像に出会うことができて
YouTubeにアップしてくださった方に感謝、です。


| コメント(0)


20090216.jpg

学校で熊本からの出張帰りの生徒さんに
「デコポンクッキー」いただきました。
とっても美味しいですー。
 (ごちそうさまです!)

最近、かぼすもいただいたりして
柑橘系にご縁があります。
柑橘系の香りとかピーチとかフルーツの香り、
最近すごく惹かれます。

私は頻繁に頭痛になるのですが、
良い香りのおかげで気持ちも体もリラックスできたりすると、
うまくいくと治る時があります。
アロマテラピーの効果ってすごいんだなぁ、
と実感。
最近はウォーターメロンのお香も
お気に入りだったりしてます。

ま、いろいろやってもダメな時は
EVEのお世話になってしまいますが。(苦笑)

毎度、とってつけたようですが、
音楽も私にとっては
頭痛も治っちゃうような強力な効果があったり...。

今日は先日に引き続いて、
Kool & the Gang のYouTubeを見ては
ハッピーな気持ちになっていました。

この方たちの楽しそうなお顔ったら
ホントに素晴らしいです。
もちろん音楽も最高!!!


Big Fun - Kool and the Gang

Kool & the Gang の映像を観てると
 (一昨日書いた「Get Down on It」の映像は特に)
メインボーカルのJTテイラーさんの向かって右隣で
トランペット&コーラス&ダンスの方に(お名前わからず)
どうしても目が行ってしまう...。
...いろんな意味で
私はあういう人になりたい。(マジで)

これはDVDにもなっているそうですー。
1982年に撮影されたドイツの音楽番組 「Musikladen Rockpalast」での
ライブパフォーマンス、だそうです。

「Best Of Musikladen / Kool & the Gang」(1982年撮影)

これもゲットせねばばば!!!


| コメント(0)


20090215.jpg

すっぴは右足が悪いのでいつも歩くときは
かなり不自由そうに見えます。
でもすっぴはそんなこと、全然お構いなし!って感じで
いろんなところを自分の足で
ぴょんぴょん飛び回りたいみたいです。
ぴょんぴょん跳ぶ姿がこれまたかわいい。
  ↑ 動物バカ


Eric Benetさんのライブが
来週、Billboard Liveで行われますね。
ジェフローバーさんのアルバムで歌っていたり、
本物正統派ボーカリストという印象で、
一枚アルバムも持っていますが、
実はそこまで聴きこんでいなくて...。

でも、最近来日公演があるせいか
ラジオでもよくかかりちょっと気になっていました。

で、先日Kool & The Gangのライブアルバムが
売っていた古本屋さんで、
Eric Benetさんのアルバムも
これまた格安で売っておりました。

「A Day in the Life / Eric Benet」(1999)

購入しようかどうかすごく迷ったのですが、
なぜかちょっと購入を躊躇。
家に戻ってからいろいろ調べてみたら
買っておけばよかった、と後悔。
ロイ・エアーズさんが参加してたり、
フランク・マッコムさんの曲を歌ってたり、
TOTOの名曲をカバーしていたり...、と
気になりどころ満載でした。

格安だったんだから、ケチるなっての >-<。

近々またその古本屋さんに寄ってみようかと思います。
↑ そういう時は、大体もう無いんですよね >-<

TOTOの名曲「GeorgyPorgy」のカバー、
ライブ映像がありました!
日本でのライブのようですね。


GeorgyPorgy-Eric Benét

かっこいいですっ!!!!


| コメント(0)


20090214.jpg

今日もまた暖かかったですねー!
家の中にいるほうが寒い。
べランダでうーたんと戯れているとき、
汗ばんでしまいました。

今日のうーたんは
暖かかったせいかはわかりませんが
気持ちが大きくなっていて
伸び伸びとした面白い行動が見れました。

うーたんにはうーたんの、
すっぴにはすっぴの考えがあって
動物ってホントに面白いです。
人間と違って「遠慮」なんてもんがないので
そのまっすぐな気持ちがまた心を打つ。
ま、私は動物バカですけど。(笑)


二日続けて資料探しのため同じ古本屋さんへ。

初日、ちょっと覘いたCDのコーナーに
Kool & The Gangのアルバムが!
うわ!しかもすごい安い。
でもタイトルに、「Greatest Hits...」とか書いてあるので
「ベスト版だったらいらないな~」、
と思ってスルーしたのですが、
今日も本を求めて同じお店に行ったついでに
もう一回Kool & The Gangのアルバムを手にとってみました。

「あ!なにこれ!LIVEって書いてあるじゃない!」

すごいタイトルのライブアルバムだ。
なんともわかりやすい。
即購入。

「Greatest Hits Live / Kool & The Gang」(1993)

こんなグレーテストヒッツのナンバーばかりのライブ、
すごい盛り上がるだろうなぁ!
サウンドはシンセの音とかブラコン王道センスで
私には「イエス!」って感じなのですが、(古いともいう)
やっぱりグルーブが最高!
Get Down on It - Cerebrationへのメドレーなんて
「みんなで楽しもうぜ、カモーン!」なんてなサービス精神満載で
本当に素晴らしすぎです!
 (メインVoがJTテイラーじゃないのが少しさびしいですけど)

「Get Down on It」はとっても好きな曲で
地元のSOUL系の曲ばかりかけてくれるお店「DEEP」で
緊張しながらリクエストを頼んだ思い出があります。
お金ないけど音楽がいろいろ聴きたくて
ウーロン茶とおしんこで数時間ねばっていたあの頃。
 ↑ 今もほとんど変わってないか(苦笑)

YouTubeで「Get Down on It」の映像がありました!

本格的に春を迎え初夏がやってくるちょっとくらい前に
TMaMもライブをやるかもしれないお話がありますので
Kool & The Gangのような白い衣装でダンスして
派手にやりたいと思います! ( ↑ これはウソですー)

春が楽しみです。


| コメント(0)


20090211.jpg


PC、復活です。(たぶん)
いろいろ調べていただいたのですが
大体原因も絞れてきて、
結果的にハードディスクも追加しちゃったし
今のところすごくストレスレスです。
あ、回文。
「すれすれトスはストレスレス」
意味わらかなくてすみません。
 (Nさん、お風邪のところ、
  本当にどうもありがとうございました。T-T。)


快適環境でYouTube。
ジョージ・デュークさんのライブ映像!!!


George Duke - Silly Fighting pt.1 (Live - Japan 1983)

ベースはLouis Johnsonさんだし、
ギターはPaul Jackson,Jrさんだし、
ドラムはSteve Ferroneさんだし、
そりゃぁもぉグルーブ感がたまらないぃぃぃぃ!
なんなんでしょうかー。あのノリは!!!
最高です!

それにパソコンも快適で
最高です!

「Silly Fightin' 」が収録されているアルバムは
「Guardian of the Light / George Duke」(1983)

前年の1982年のアルバム「Dream On」に引き続き
ご機嫌な素晴らしいアルバムです...。

それにしても「Silly Fightin' 」って言葉。
 (直訳:ばかばかしい喧嘩)
なんかイイですね。(笑)


| コメント(0)


20090210.jpg

今日は暖かかったですねー。
梅がすこしずつ色付き、
ベランダから見える景色も華やかになりつつあります。

「春の暖かさ。」
歳追うごとに素晴らしいものだと思うようになってきました。
春は待ち遠しい...。

冴えない火曜日の午後。
そんな日は
私のgod、Rad.の音楽を...。

心が折れたりしてしまったとき、
迷ったとき、
血迷ったとき、
最後には私はいつもRad.の音楽を聴きます。

いろいろな音楽が好きで刺激も欲しくて
たくさんの音楽を聴きますが、
最後には必ずRad.です。
悲しいことがあったとき、
うれしいことがあったとき、
そんなときもRad.です。
Rad.を聴くと
全ての軌道修正ができる。

そんな音楽に出会えて本当によかったなぁ、と
心から思います。
その昔、タワーレコードで視聴して
「みきちゃん、絶対聴いたほうがいいよ!」と
私にメールをくれた友人に大感謝です。

私の宝物の一つ。
Rad.が1人でステージに立つ映像です。


RAD. solo - Time To Change Geneva 2008

二年前、
大好きなこの曲を生で聴いたときは
言葉では言い表せない感動がありました。
一番大事なものが何か、を
教えてくれる私のバイブルです。

「Time To Change」はRad.の1992年の
1st アルバム「radified」に収録されているのですが
おそらくもう入手困難 >-<。
 (iTuneでmp3はゲットできマス)

昨年発売されたベストアルバムもよかったら是非。
「Lady of Funk : the Best of Rad. / Rad.」(2008)

Rad.パワーで充電できたので
また明日もがんばるゾーーーーーーー!
おっと、その前に
パソコン直しますーーーーーーーー>-<。


| コメント(0)


20090207.jpg

うわ、ずいぶんご無沙汰してしまいました。

最近はどうにもこうにも物事がスムーズに進まず
心も折れがちですが...、そんなときこそ音楽!
本当に音楽って素晴らしい!

先日、新しく変えたばかりのデスクトップPC。
困ったことにどうやらハードディスクが良くないらしい...。
ハズレだったのか?

バックアップなどはマメにとる様にしているので
データの損失事態たいしたことはないのですが、
復旧作業やインストール系でものすごい時間を使うので
こりゃもう、パキっと切り替えて、
ハードディスクを取り替える作業に挑戦してみようか、
とただ今模索中です。

そして、先日、紅茶でやけどをしました。
紅茶でやけどするヤツがあるか?って感じですが、
私自身、びっくりしました。
過加熱っていうものでしょうか?
紅茶に豆乳を入れ電子レンジで温めチン!
取り出してかき混ぜようとスプーンを入れたら
パンッ、と紅茶が爆発(大げさなようですがホントに)。
右手に熱湯がかかったわけです。
寝ぼけ眼の早朝で頭もボーっとしていたので
あんまり覚えてなかったのですが、
豆乳に膜が貼っていたのかな。。。
膜が破れて爆発したものかも。

...いやぁ、でも
湯葉って美味しいですよね。

なんにしても、うっかり屋なので←バカともいう
常にいろいろ注意を払わなくてはいけない、と
失敗してから気づくことばかりです。


ちょっと落ち込み気味で仕事先に向かい、
途中乗り換えの秋葉原駅で
カロリーメイトの荒川良々さんのポスターを見たら
1人でなんだかぷぷっと噴出してしまって...。(笑)
笑ったら元気が出てきて、
そしたらシャッフルにしていたiPodから
Weather Reportのトリビュートアルバムの
「Palladium」が流れてきて...、
オマーハキムさんのドラムを聴いていたら...
くーーー!
かっちょいいーーー T-T!!!
元気がすっかり回復。
あぁ、私って本当に単純。

「Celebrating the Music of Weather Report」(2000)

そしてもちろんYouTubeで「Palladium」の映像を
探してみたのですが、
大好きな「Young and Fine」のWeather Reportの
ライブ映像があったのでこちらを...。
これを見て元気にならなくてどうする!?
というくらい素晴らしい映像です。
  (これのDVDはHMVで販売されていました)


Weather Report - Young and Fine

Joe Zawinul (key),Wayne Shorter (t.sax)
Jaco Pastorius (bass),Peter Erskine (dr)

これももちろん正座して聴かせていただきます。
Peter Erskineさんのフルショットで
叩いている姿に泣けました。
というか、、、
この4人は神です、ホントに。

やっぱり、YouTubeをちゃんとみたいので
PCをちゃんとしなくっちゃ!!!!

あ、荒川良々さんといえば、
主演映画「全然大丈夫」。
とってもとっても好きな映画です!
全然大丈夫じゃない人たち満載の物語。
全然大丈夫 オフィシャルサイト

ま、生きてりゃ、時々いいこともあるよね。(笑)
うーたんもすっぴも元気炸裂でなによりです。


| コメント(0)


20090201.jpg


日曜日から月曜日へと曜日が変わる
直前の時間帯、
かけていたFMラジオから
チック・コリアさんのバンドReturn To Foreverの
「Spain」が流れてきました。
たくさんの方がカバーされている名曲なので
よく耳にすることがあるのですが
オリジナルは久しぶりに聴いたなぁ。
うーん、素敵!

以前YouTubeでアル・ジャロウさんの「Spain」の
ライブ演奏を見たことを思い出し
また探して聴いちゃいました。

これも、やばいです!!
本当にかっこいいです!!


Spain - Al Jarreau in 1990

なんといっても素晴らしいミュージシャンの面々。
Piano : Joe Sample
key : Philipe Sassie
Guiter : Buzzy Feiton
Bass : Freddie Washington
Per : Lenny Castro
Ds : Steve Gadd
この映像は
正座して聴かねばならないです、ホントに。

...改めて、アルジャロウさんのボーカルって
本当にすごいな、と思います。
まさにリスペクトです T-T。

そしてそして改めて
映像ってやっぱりすごい勉強になる!と思いました。
またまた映像をアップしてくださった方に大感謝です。

この映像で演奏しているLA系のミュージシャンが
ほとんど参加している
アルジャロウさんの名盤が
ライブアルバム「Tenderness」。

「Tenderness / Al Jarreau 」(1994)

ベースがマーカス・ミラーさんだったり、と
ちょっとずつ違うのですが...。

このアルバムが出た頃の
マシュケ・ナダのライブ映像も。
おなじみのカバサを持っって歌うスタイルが最高です!


Al Jarreau - Steve Gadd - Mas Que Nada

ちょっとブレイクのつもりが
うーたんをだっこしながら
映像に夢中になってしまいました。
一緒に観ていたうーたんは
飽きたらしい...。(笑)

あ、そうそう、
ちなみに今日2月1日は「Spain」の映像で
ピアノを弾いていたJoe Sampleさんの
70歳のお誕生日だそうです。
Happy Birthday!!!!


| コメント(0)


2011年5月

Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31