2008年10月アーカイブ

20081031.jpg

先日は
姪っ子まりピンの誕生日でした。
Happy Birthday Maripiiiiiiiiiiiiin!!
誕生日お祝いスカイプで
彼女の笑顔を見て
元気をいっぱいもらったので、
偉大なるおばちゃんとして(←ウソ)
『DSi』をプレゼントする約束を
うっかり…、
ついうっかりしてしまったのですが…、
果たして
あんな人気商品、
ゲットできるのだろうか??

DSiは音楽も聴けたりするので
音楽好きの彼女には
ずっと欲しかった品数薄いDSLITEアイスブルーよりも
興味があるみたい。
ま、がんばって手に入れますですよ。


それはそうと
いよいよ明日から11月!
気合を入れて
風邪をひかないようにしなくては!
Frank McComb氏のライブも11月。
行けるかどうかはさておき、
YouTubeで
彼の映像をちょこちょこ見ては
またまた元気をいただく…。

ゴスペル曲「His Eye is On The Sparrow」の
弾き語りを発見。
「Frank McComb sing "His Eye is On The Sparrow"」
「Sparrow=すずめ」というところに
ついつい反応してしまう私ですが(笑)…、
FrankMcCombさんって本当にすごい。

YouTubeにあがっている映像を見ていて思うのですが
ホントにいろいろな場所で演奏していて
そんな音楽に対して懸命なところにも
またまた惹かれてしまいます。

私がとても感銘した映像はこちらですT-T。
Frank McComb - Love Natural
昨年の演奏のようです。
「Love Natural」は大好きな曲なのですが、
さらに、演奏に向かう姿勢とか…
すべてにやられました…。

音楽ってすごいな。




20081028.jpg

昨日はブラジルのTV番組「Altas Horas」でしたが
今日はアメリカのTV番組「Soul Train」の映像を…。
昨年、日本にも来日したBrickの映像!

「Brick - Ain't Gonna Hurt Nobody」

くーーーーーー、超かっこいい!
こんなの生で観てしまった時には
踊らないわけにはいかないだろうなぁ~。

BrickのMySpaceはコチラ

イイデスッ!
文句なしの
超好みのタイプです(笑)。
YouTubeでの映像の
エンディングの中途半端具合も
グーッです!

さてご機嫌な音楽で
思わずノリノリですが、
思うように仕事がはかどらず
ちょっとしょんぼり気味。
いやでもホント、
やっぱり音楽には
いつも元気付けられるわ~T-T。

今日は一つ、
ちょっと興味深いことを発見。

うちのベランダは特殊なコトに
土が埋まっていてプチ草原状態、
なぜだかミントの葉が
勝手に育ち
うーたんのデザートになっています。

うーたんは
虫さんが落ち着いてくる時期になると
そのベランダで
一人運動会の日々になるのですが
先日もようやく
うーたんも運動会の季節に突入し
毎日、いつ外に出してもらえるかと
目をキラキラさせています。

今期、初かけっこの日、
うーたんはたぶん自分が走りやすいように
たくさん生えているミントの枝を
プチプチと歯で噛み倒し、
草原を運動場に変えました。

ところが、
なぜか、中央に生えているミントの枝、
二本だけ噛み倒さない。

なんで二本だけ
残しているのかなー?
と思ったくらいで
そんなに気にしていなかったのですが、
今日、その理由がわかりました。(たぶん)

今朝、
カメラでミントの葉をパシャパシャ撮っていたのですが、
その倒されていないミントの枝に
今日の写真の幼虫君が
へばりついていたのです。

そういえば、
数日前からそこにへばりついていたな~、
と思った瞬間、
そうか!うーたんは幼虫君がいたから
噛み倒さなかったんだー!
と、納得。

うーたんの優しさか?
ただ単に幼虫君が邪魔で倒せなかったのか?

真相はわかりませんが、
自然の生き物同士のつながりを
少し、感じましたー。(笑)
生き物っておもしろいなー。




20081027_2.jpg
すっぴ、うーたん頭上より、監視中


昨日のタニア・マリアさんに引き続き
YouTubeでブラジル音楽モノを探していたら
ジョアン・ボスコさんの映像を発見ー。

…その昔
CDショップでプラプラしていたら
ブラジルモノのコーナーに
私の義理の兄と同じ名前だったので
なんだか気になってしまって購入したのが
彼の音楽を知ったきっかけです。

その時のアルバムが
「O Bebado E Equilibrista / João Bosco」(1997)

このアルバムを聴くと
ジョアン・ボスコさんが
ものすごくブラジルの皆さんに
愛されていることとか、
愛されている理由とか、
いろいろ伝わってきます…。
素晴らしいベストアルバムです。

後に我々もバンドで彼の代表曲
「Coisa Feita」や
「Preta-Porter de Tafeta」などを
カバーしたりしたので
ジョアン・ボスコさんの曲の深さを
しみじみ感じる機会もあったのですが…。
…彼の音楽を聴いていると
やっぱりやっぱり
生き様、を感じてしまいます。
スタイルや格好だけでない
彼の生き様…に
泣けてしまいます T-T。

このアルバムに
「Papel Mache」という素晴らしい曲が
収録されていますが、
この曲はホントに奇跡のようなイイ曲です。

YouTubeでその曲のライブ演奏を
見つけました。
Joao Bosco - Papel Mache - Altas Horas

帽子をかぶった髭の方が
ジョアン・ボスコさん。
一緒に歌っているのは
ブラジルのロックバンド「スカンキ」の
サムエル・ホーザさん。
世代を超えて
イイ曲はイイ!!
ホント、素晴らしい空間です…。
Que coisa mais linda!

ちなみに
「papel mache」とは
紙で作ったお人形のことだそうです。
なんだかロマンティックです。




20081023.jpg

すっぴは
このじーっと動かないちっちゃい鳥さんに
時々何か、話しかけています。(笑)
何の相談してるのかな??


ちょっと仕事で悪戦苦闘。
目も気持ちもシバシバしてきたので
気分転換にYouTube。

昨日のブレンダ・ラッセルさんに引き続き、
憧れの女性ミュージシャンの映像をーっ、
と探していたら
ありました!ありました!
すっごい元気が出ちゃう映像!!!

タニア・マリアさんのライブ映像。
ホントにすごい迫力で
「やっぱりこうでなくっちゃ!」と、
気合が入ります!!!

Tania Maria - Don't Go (Live)

ものすごい難しいことを要求されているのに
ちゃんとついていく観客の皆さんもすごい。
ピアノの前で座って歌う印象があったので
立ってキーボードを弾きながら歌うタニアさんにも
またまたしびれちゃいました。
かっこよすぎデス!

そしてやっぱり
タニア・マリアさんではずせないのが
「Come With Me」。
昔、バンドで時々カバーしていましたが、
またいつの日か、演奏したいなぁ…。

「Come With Me」Live (1996)

顔が怖いとか、
怒っているみたいー、とか
そんなことを通り越して
人間としてかっこいい!
生き様が見える音楽に
ハッとしてグッときまくりですT-T。

タニア・マリアさん。
やっぱり
憧れる女性ミュージシャンの一人です…。

いや~、
気分転換のつもりが
仕事に戻れなくなってしまいましたー。(苦笑)




20081025.jpg

日々の練習が
大変楽しい今日この頃。

電車での移動中、
iPodで久しぶりにブレンダ・ラッセルさんの
アルバムを聴いていました。

とても素敵なメロディー・曲をかくのに
コテコテな感じの臭さが一切なくて
いつも垢抜けたサウンドで
ブレンダワールドを
創り続けている…。
憧れの女性ミュージシャンの一人です。

雨上がりの街を
見ながら
「Walking In New York」を聴いていたら
あまりの素晴らしさに泣けてきてしまいました。

「Paris Rain / Brenda Russell」(2000)

家に戻ってから
YouTubeで
「Walking In New York」の
PVを発見。

Brenda Russell "Walking In New York"

すごくすごくすごくすごくすごく
幸せな気分になる映像です。
ついついライブ映像ばかり
探してしまいますが、
こんなPVもいいなぁ…。
ブレンダさん、ホント、素敵T-T。

音楽は素晴らしいね~、うーたん。(笑)




20081022_01.jpg

うーん、今日も爽やか!
ガットギターの
Phil Sheeranさんのアルバムで
さらに爽やかに…。

「It's a Good Thing / Phil Sheeran」(1995)

キーボードのGregg Karukasさんが
参加しているので
購入したアルバムですが
うーん、ホントに気持ちがいい!

プロフィールを見ると
ブラジルではロメロ・ルバンボ氏に
師事されていたとか…。

どんな道を通ってきたのかを
少しでも知ることができると
さらにもっと深く
その人の音楽を聴きたくなってしまったり…。

あ、でもそれは
音楽だけに言えることじゃなくて
なんでもそうか…。
何かにのめり込む入り口って
ルーツを知ることが始まりだったりしますね。

それはそうと
このアルバムのThe Spinを聴きながら
最近愛読している
イタリアへオリーブオイルの買付けの旅をしている方のブログ
「オリーブ食堂」
読んでいたりして。
なんだかもう、気分は地中海の
海老とかオリーブとかにまみれています。
あー、おなかすいたー。

写真を見れば見るほど
記事を読めば読むほど
旅がしたくなります…T-T。

すっぴは
最近おうちも新調し
広くなってかなりご満悦です。
つい先日、
体の中央から出ている羽が変な形になり
もしかしてストレスで毟ってしまっているのか?
と不安になりましたが
なんと新しい羽が生えるための羽管でした。
一週間で羽管も取れ立派な羽になりました。
もっともっと鳥さんのこと、勉強しないとなー。

100円ショップで購入した
天井から吊るす籠が大活躍。
すっごいお気に入りらしくて
いつもその籠の上で
羽繕いしたり
うとうと眠ったり。

20081022_02.jpg
「あたちのハンモック~♪」




20081021.jpg

午前中、
かけていたFMラジオから流れてきた
The Doobie Brothersの
「Minute by Minute」。

「Minute by Minute / The Doobie Brothers 」(1978)

…ホント、
素晴らしいアルバムですねT-T。

今は
一曲ずつネットで購入できる時代ですが、
やっぱりアルバム収録曲は
全曲を通して
ミュージシャンの想いを知りたい
私であります。
「Minute by Minute」は
しびれるアルバムです。

さてさて
テレビのない生活。

これが
結構快適なことに気がつきました。
理由は様々ありますが、
まぁ、
当面全然必要ないなー、と
思っております。

そこでひとつ、
事実を知りました。
(知っている方も
 いらっしゃるかもしれませんが…。)

私はNHKの番組が好きで、
テレビのある頃はよく観ていました。
「仕事の流儀」なんて
そりゃもぉ
視聴必須番組でした。
でもテレビがないので
もうなにも観れない。

引き落としのNHKの受信料は
ひとまず解約してもらったほうがいいかな??
ということで
NHKに連絡。

知らなかった事実を
そこで知ることになります。

テレビが壊れて
テレビを購入する予定もないので
受信料引き落としを
ひとまず止めていただければと
思うのですが…、
のような問い掛けに、
「ワンセグの携帯電話をお持ちなら
お払いいただきますので!」
と有無をも言わせない口調&
ワンセグの携帯電話所持の
有無も聞かれずに
電話は切れました。

「ほぇ~、そうなんだ~」

でも、うちは電波悪くて
携帯のテレビ、
まったく映らないんだよなぁ…。

友人に話したけれど
それは彼女も知らなかったということで
手羽先食べながら
そのことを討論。
結論、
「もう一度、聞いてみたら?」
ってことになりました。

そうだよなぁー。
観てないのに
もったいないオバケ。

あ、
写真は叔父&叔母の
無農薬畑の傑作。
サツマイモ5兄弟デス(笑)。




20081020.jpg

作業中lastfmを聴いていたら
Norman Connersさんの
「Sing A Love Song」が
流れてきました。

この曲、すっごい好きなんですけど、
この曲が入っているアルバム、
ちょいちょい思い出しては
時々amazonとかで探しては
在庫ナシで…T-T。

「Mr C / Norman Connors」(1981)

ま、気長に探そうと思います。
なので時々lastfmでかかると
大変嬉しいT-T。
あ、YouTubeでも聴くことだけは出来ますが…。
Norman Connors feat. Glenn Jones
- Sing A Love Song (1981)

このアルバムも1980年ごろの作品。
いい時代ですな~。


昨夜は姉を通じてお友達になった
U子さんのライブを観に
横浜 Thumb`s Upへ。

久しぶりにフルショットのドラム、
大音量のハードロックのライブで
テンションもグッとあがってしまいました!
 (ライブ中、ついついノリノリな私 (笑))

やっぱりロックはかっこいいなー!!
それに
ロックスタイルのU子さんが、
とてもとてもキュートでした!
(私の位置からうまく写真撮れずT-T)

そして久しぶりの横浜でもあったのですが、
車を走らせ駐車場を探している時、
「あ!」
と懐かしいお顔を発見!
走っていたので止まれませんでしたが
Radio365の先輩DJの方が
歩道を歩いていらっしゃいましたー。
流石にRadio365の本拠地、横浜。




20081019.jpg

昨夜は友人と
あの幻の手羽先で有名な
「世界の山ちゃん」に行き
うぉー、
食欲が止まらないぞー!
そんな秋の夜。

今朝もとても冷えました…。
冬は一歩一歩近づいていますね。

今日は朝から
Rad.のライブアルバムで
元気をいただいています。

「Live At The New Morning in Paris / Rad.」(2004)

わたしにとってRad.は
毎日かかせないビタミン剤みたいなもので
彼女の音楽に
いつも心に栄養補給させてもらっています。

彼女の音楽を聴くと、
「人の真剣な姿や心意気」は
やっぱり胸にずしんと伝わるなぁ、と
改めて思います。

「人の真剣な姿や心意気…」
実は
昨夜の「世界の山ちゃん」の前に
カンニング竹山氏の
単独ライブに行ってきました。

カンニング竹山単独ライブ

いつもお笑いライブに誘ってくれる
友人からのお声かけだったのですが…
いや~、とても楽しかったです。
いえ、楽しい、というより
一言、良かった!デス。

竹山氏の真剣さがビシビシ伝わってきて
驚いてしまう話あり、
感心してしまう話あり、
すごいシーンなのに
不覚にも涙してしまう、そんな場面あり。

最後のお父様のお話、
…良かったなぁ。
内容はすごいけど、
泣けちゃいました。

お笑いのことは本当によくわからない私ですが…、
…お笑いというより
劇団の公演に行った気分!
なんだかホント、
とっても良かったデス…。

そんな後
「世界の山ちゃん」でご飯。
名古屋名物、オンパレードで
普段あまりお目にかかることの無いメニューに
盛り上がってしまいました。

写真のプリンは
友人からのいただきもの。
あの「花畑牧場」
塩キャラメルプリン。
くー、
もったいなくて食べれないー。




20081017.jpg

見沼のヨン様、
ネコちゃんズにご飯タイム。
自分のご飯より
ネコちゃんズのご飯のことばかり気にしている
心優しいヨン様です。
ここに見えるは4匹ですが
今1匹入院中で、
ここには8匹ほどいるそうです…。
(↑ネコオヤジ道まっしぐら)

今日はlast fmを聴きながら作業。
結構夢中になって作業していたせいか
音楽は適当に流して聴いてしまっていたのですが
スティーリー・ダン先生の
「Jack Of Speed」のイントロがかかると
「お!」と、
ついつい作業を中断して
聴き入ってしまいました。

「Two Against Nature / Steely Dan」(2000)

久しぶりに聴いたけれど
やっぱりスティーリー・ダン先生は
しびれます…。
仕事なんてしてる場合じゃぁ、
ありませんですよ。

その後にかかった曲は
Frank McCombさんの
「Future Love」。
うぉ~、
仕事が全然進まないっすーーーー(笑)、
うほっほっほっ。

last fm
ストレートやらカーブやら
いろんな球で
心にストライクーッ、を決めてくれる
メークミラクルなサイトですね、ハイ。




20081016.jpg

Lalah Hathawayさんのアルバムで
ちょっと一息。

「SELF PORTRAIT / Lalah Hathaway」(2008)

「Breathe」のサウンドチェックのシーンが
YouTubeに…。素晴らしい…。
Soundcheck Wolf Trap Part 2

胸に染み入る歌声を聴きながら
窓を開け
空を仰ぐ…。

「貧乏金無し」、と
まったくひねりがありませんが、
「働けど働けど暮らし楽にならず」、と
こっちもひねりはありませんが、
それでも
1日48時間くらいは欲しいくらい
時間はなかったりして、
そろそろクリスマスソングを
練習したりしなくちゃいけないんか?
なんて季節になっているほど
時の経つのが早いことに驚いたり…、
そんな日々が続いている私は
ただただ元気なのですが
みなさんはお元気でしょうか?
(なんつー文章)

…ま、それでも
好きな音楽をやっていられるだけ
本当に幸せで
特に練習をしている時は
無心になることができるし、
大変贅沢な時間だと、
最近しみじみ思います。

そんな日々でも
あら不思議!
うさぎやすずめのことになると
「あれもこれも…
 買わなくちゃいけないんじゃないかしら?ん?」
と、いろいろ購入してしまったり。

こんなに「いきもの」好きになるとは
自分で自分に驚いていますが
うさぎやすずめのおかげで
気付かせてもらっていることが
これほど多いものか、と
動物やさらに自然の大きさまでにも
またまた驚かせてもらっているのであります。

それはそうと
「いきもの」と書いて
先日届いた音楽サイトからのE-Mailを思い出しました。

新譜の宣伝のメール。
タイトルには
アーティストの名前を短縮して書かれているのですが、
これがまた、すごく面白い。

たとえば
「ドリカム」「ミスチル」「ガルネク」…など、
まぁその呼び方は解る…。

それがそのメールには
「いきものがかり」 を 「いきもの」
と書いてあったので
思わず吹き出してしまいました。

確かに
いきものがかり を 短縮すると
「いきがかり」 となり
まったく意味の違うバンドになってしまうー。
なので
「いきもの」で正解!
ビンゴー!

そういえば
今でも私のwebの師匠は
我々のことを
「トゥメミ」と呼んでくれています。
泣ける。

今日は秋晴れ。
素晴らしい空の色ですー。




20081015.jpg

すっぴに負けず
うーたんも元気ですー。
今日は満月。
出先からの帰り道
空を見上げると
うーたんの故郷は
光に満ちていました。
秋深し、
隣は何をするうさぎー?

今日は
昔からとっても好きな映画のサントラを
流して作業。

「How Stella Got Her Groove Back
 (ステラが恋に落ちて) / Soundtrack」(1998)

わー、もう10年も前の映画なんだ...。
大人系ブラックムービーなんですけど
参加アーティストが
本当に豪華なサントラで
出だしからやられまくりなアルバム。

出だしの
「Mastablasta '98 / Stevie Wonder& Wyclef Jean」の
grooveにいきなりハートを持っていかれるし、
「Luv Me, Luv Me / Janet Jackson& Shaggy」の
ジャネットのコーラスにはかわいくてやられちゃうし、
「Beautiful / Mary J. Blige」の
美しすぎるハーモニーにはたぶん眩暈すら覚えます。
っていうかこの三曲が並んでいるだけで
ブラックミュージック好きならば
買わないわけにはいかない。
他に、Boyz Ⅱ Menやら
ミッシェル・ンデゲオチェロさんやら
ダイアナ・キングさんやら
収録されてたり
してなかったり...。(←いえされてます)

BookOffなどで見かけた場合、
即ゲット、即刻救出願います。
(たまに250円くらいで見かけます T-T)

あ、
私の地元・大宮でのライブ、
日程だけ確定いたしました!
12月10日(水)、
大宮:宮原「DiningBar neiro」で
ピアノの杉山泰さんをお迎えして
ライブを行います!
まだ詳細は出ていないので
また追って告知させていただきます。

お近くの方は是非是非
遊びにおいでいただけると
嬉しいですー!




20081014_1.jpg

今日はブラザーズジョンソンの
2003年のライブを聴きながら仕事。

「STRAWBERRY LETTERS 23 LIVE / THE BROTHERS JOHNSON」(2003)

このアルバム、
DVDもついててお得な感じ。
ライブ映像では、
西海岸のカラッとした陽気、
太陽の光がとってもまぶしい!
青空の下で野外ライブ、、
すごい開放感で気持ちよさそうー。

「Land of Ladies」とか
グルーブだけでない素敵なメロディーの曲に
特にハッとしてグーッ、
なのでありますー。

さて
ありがたいことに
ちょいちょい
ご心配の声をいただくので
今日はちょっとすっぴのことを。

すっぴがやってきてから
もうすぐ3ヶ月になりますが…、
とにかく元気です。
一番元気で
一番偉そうです。

20081014_2.jpg
やってきた頃の羽の無い時代

この頃、
ホントに死んでしまいそうだったので
元気になってよかったなぁ、と
しみじみ思います。

普段は
一緒に遊んであげられるときは
家の中で放しているのですが、
とにかーーーく
飛ぶのがヘタ。

(たぶん巣から落ちたとき)
右足を痛めたのが原因なのか?
それによってバランスが悪いのか?
とにかく飛ぶのがヘタです。

それでうまく飛べないと
八つ当たりして
「ギュピギュピギュピギュピーッ!
 (もう何でうまく飛べないのよっ!ホンットむかちゅくわ~!)」
と言いながら
くちばしで突っついてきます。

そんなー、わたしに言われてもー。
練習するしかないでしょー。
歌も一緒だわよー。
でも逆ギレする気持ちはわかるーT-T。

この逆ギレが結構痛いデス。(笑)
…でもへっちゃらですー。(苦笑)

そしてフリースの生地が大好きで
フリースの上で砂あびの動作を
気が済むまでやってます。

気が済むまでやると
手のところまでピョンピョンやってきて
「手の中に入れてよー、もぉ」、と言わんばかり、
手の甲をツンツンします。

そして手の中で頭を撫でられ
「ぴぃーぴぃー(気持ちいいーでしゅー)」と
うっとり。
でもちょっと撫で方が違うと
「ギュピギュピギュピピピッ!
 (ちょっと、そうじゃないでしょーッ)」
と、ものすごい勢いで噛み付きます。

これがかなり痛いデス。(笑)
…でもへっちゃらですー。(苦笑)

謝りながら撫で方を変え
その撫で方に納得すると、また
「ぴぃーぴぃー(気持ちいいーよー)」と
うっとり。

これを1日3~4回
くりかえしているすっぴです。
ホント、
お姫様です、すずめなのに。

最近は
鳥カゴの天井から吊るした
籐の籠のブランコが大好きで
ふと見ると
ゆ~らゆ~ら揺れてマス。

ではでは
すっぴ通信はまた近々…。




20081012_1.jpg

仕事が一段落したので
近所のパン屋さんまで
気分転換に歩いて行くことにしました。

映画「転々」の影響からか、
最近散歩が好きなんです。(笑)

歩くと
普段見えないものが見えてくる。
いろいろなものとの出会いが
また楽しい。

パン屋さんで
メロンパンと
くるみパンと
クイニーアマンを
購入。
きっとコーヒーが美味しいでしょう。

帰り道の出会いを
携帯でパシャリ。
今日は色がとてもきれいなので
モノトーンではもったいない。
カラーでアップします。

20081012_2.jpg
アサガオ

20081012_3.jpg
コムラサキの実
ムラサキシキブに似ているけれど
コムラサキの実はおだんごみたいに
実同士がたくさんくっ付いているのだそう

20081012_4.jpg
アゲハ
駐車場のエントランスの道路にいて
危ないので…

20081012_5.jpg
お花に移してみました
羽ひろげたー


家に帰り着き仕事再開。
めずらしく
ドビュッシーのCDをかけ、
「月の光」が流れているとき
ふとうーたんをみたら
お手々を揃え、
耳をスピーカーに傾け
なんだか聴いているような様子。

故郷のお月さまを
思い出したのだろうかー(笑)。


先日の金曜日は
河村ふうこさんと
毛利みきさんの
イラストレーション展
を見に
表参道に行ってきました。
本当に本当にかわいくて
最高に素敵!!!!

15日の水曜日迄です。
ぜひぜひ素敵な世界へ。
とっても優しい空気に包まれ
幸せな気分になります…。




20081009.jpg

Frank McCombさんが
11月にコットンクラブにやってくる。
うー、ぜひとも行きたいところなのですが。
とりあえず今は
彼のアルバムで我慢。
それにしても素晴らしいのでR。

「Live In Atlanta / Frank McComb」(2007)

「Wasting Your Time」なんて
断然ライブのバージョンのほうがいいし…。
「Love Natural」なんて聴いてると
うう、っと涙が出てきます。
やはり行くべきか…。


ところで昨夜、
地元大宮のお店(Dining Bar)に行ってきました。
写真はそのお店のエントランスです。

オーナーが10代の頃からの友人で
一緒にバンドをやっていた時期もありました。
お店はとってもとっても素敵で
古民家を改装し
自分たちで作り上げたのだそうです…。
お酒の種類もたくさんあって
なんといっても食事が美味しいじゃありませんかーっ!
常連さんの多い
本当に隠れ家のような
素敵なお店でした。

久しぶりの再会で
新たにいろいろな驚きや発見もあり
話がはずみ、大変楽しい夜でした。

偶然やら奇跡的なご縁。
共に歳を重ねることができ
大変嬉しいなぁ…、
としみじみ思いました。

ハッピーな気分で家にたどり着き
PCを立ち上げると
時々、素敵な写真と共に
いつも励ましのメールを送ってくださる
北海道のTさんから、
メールが届いておりました。
北海道の素晴らしい景色と共に
音楽活動がんばってください、という
いつものお言葉に励まされ、
あぁ、本当にがんばりたい……、と
改めて思いました。

続けていくことは
大変なこともたくさんあるけれど
時々こんな風に
ご褒美があったりして
また続ける勇気と力をいただけるので
やっぱりがんばれる。
たくさんの方に支えられていることを
こんなときにも実感します。

いろいろな思いが重なり
思いがけずホントに嬉しい夜になりました。

まだ確定ではありませんが
こちらのお店で
年末にライブを行うかもしれません。
一味違ったハートフルなライブを
         (↑すごいアバウトだけど)
おおくりしたいな…、と
思っている私であります。

確定したらまたご報告いたしますー。




20081006.jpg

昨日はなんとなく蒸し暑かったけれど
今朝はちょっと、寒い…。
朝一番、lastfmで流れた曲は
Eric Benetさんの
「I Wanna Be Loved」。

「Hurricane / Eric Benet」(2005)

手の中にいるすっぴの体温と
あたたかくやさしい歌に
なんだかほんわり
癒されてしまいました。

そんなほのぼの系の朝を迎えているのに
写真が稲川淳二さんで
すみません。

ここ最近
楽しい仲間のみなさんと
お会いする機会が続き
先日もいつものおもしろメンバーで
映画の話やら
血液型の話やら
思い出話やらで
五時間も笑いっぱなし。
しまいには笑いすぎで
顔が痛くなってしまいました。
写真の稲川淳二さんは
仲間の中の
稲川淳二さんのツアーに行った女の子が
ライブ会場で購入した
淳二のシルエットライトで
壁を照らしてみたところのもの。
お料理のチヂミとかにも
照らしてみましたが
うまく映りませんでした。(苦笑)
今、
彼女のオススメでドラマ「怪奇大家族」を
観ている私であります。(結構面白い)


話変わって、また先日
Renajaのルネちゃんのお誘いで
彼女の級友で
現在アフガニスタンで国際援助で働いている方に
いろいろなお話を伺うため、
吉祥寺に行ってきました。
情勢悪化のため退避勧告、
一時帰国で日本に戻ってきているというタイミングでした。

ものすごい過酷な状況の中で
いろいろな問題を受け入れ、
また共存している彼女は、
とてもたくましくて
とても頼もしくて
とても美しくて…。
ご一緒させていただいている間、
本当に素晴らしい
貴重な時間をすごさせていただきました。

最後にルネちゃんが
彼女にRenajaの「友よ」の
歌の贈り物をしたとき、
なんだかウルっT-T、ときてしまった。

すぐに現地に戻られるということ。

どうかどうかご無事で。
またみんなで再会できることを
強く思いました。

自分の知らない現状や
歴史を知ることは
やっぱりとても大切なこと。
知らないで済ませず
知る努力をしなくては、
としみじみ思ったり…。

その後はUNOで盛り上がったり
レコーディングをしたり…、と
なんともバラエティにとんだ一日でしたが、
とっても楽しかった…。

いろいろな想いをのせて
またライブをおおくりできるといいな。
TMaMも年内にいつもとは違った形のライブを
開催できそうになってきました。
また詳しいことが決まったら
サイトで報告いたします。

今日も一日、がんばろーっと。




20081004.jpg

今日は散歩日和。
秋晴れで気持ちいいデス。

朝から
Brothers Johnsonの
「you make me wanna wiggle」(YouTubeで聴けマス)
音楽の力を借りて元気元気。
「Light Up the Night / Brothers Johnson」(1980)

うーん、いいな、アフロ。
やっぱりミュージシャンは
このくらい怪しくないとダメかな。
TMaMアフロ化計画、進めようかな…。
(↑どなたもサポートしてくれなくなるぞ、こりゃ)

それはそうと
TMaMのサイト
mp3の音源を3曲、ダウンロードできる企画が
始まりました。

「bitter sweet rain」
「untill the kiss」
「時がくるまで」

どれもこれもすごい懐かしい曲ばかり。
我々の一番最初の曲達デス。
ありがたいことに
「ライブで聴きたい」とおっしゃってくれる方が多く
ただいまライブで演奏するかどうか?の
検討中の3曲デス。
たぶんどれかは演りマス。
CDではもう発表する予定がないので
よろしかったら
是非ダウンロードしてみてくださいm(_ _)m。




2011年5月

Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31