2008年3月アーカイブ

0328.jpg

先日、仕事の関係で
テレビ朝日に行ってきました。
未知なる世界を少しだけ拝見し、
とても良い体験をさせていただきました。

音楽に限らずなんでも
モノをつくるということは
そりゃまぁ、
過程で苦しいこともたくさんあるけれど、
辛すぎるよ~、と思ってやるよりは
前向きに面白がったほうが
やっぱりいいものができる、と
改めて思った夜でした。

帰りは深夜になってしまいましたが
未来に明るい光が見えた気がして
頭は冴え冴え。
最近お気に入りの
Average White Bandのライブアルバムをかけ
高速道路の運転を楽しみました。

「Soul & The City / Average White Band」(2006)

「Soul Searching」精神で
毎日を送って行きたい…。




0327_1.jpg

あ゛あ゛あ゛あ゛~!
肩こり&頭痛がーーーっ!
しかも
時間が経つのが早いーーーっ!
もう来週は4月ではないかっ!
いけないいけない、
人生、あっという間だゾー。

仕事をしながら
Average White Bandの
ライブアルバムを聴いていたら
そんな想いがピークに…。

「Soul & The City / Average White Band」(2006)

いやー。
このアルバムが
こりまた最高なのだ T-T。
キレ&コクのあるバンドサウンド。
しびれまくりです。

「When Will You Be Mine」
「Queen Of My Soul」
「Soul Searching」
「Whatcha Gonna Do For Me」
辺りでは
ついつい体がノッてしまい
二年前に渋谷DUOで観た
ライブの興奮が蘇ります。

音楽は楽しいな。

とにかくTMaMも
ライブをやらなくてはっ!

…ki910moさん曰く
O型は行動力の人だとか。

よーし、
動いてみるかーっ!

それはそうと
ki910moさんの血液型研究、
ぜひとも本にしていただきたいくらい
興味深いものでした。

なんでも突き詰めると
おもしろいですな~。




0326_1.jpg

私の怠けでしばらくお休みしてしまった
usagi-san blog
サーバーを新しく移転していただいたので
(どうもありがとうございますっ!!)
この機会に再開いたしました。
親バカ的うさぎ日記ですが
よかったらうーたんに会いに
ブログに寄っていただけると嬉しいデス。

今日も昨日に引き続き
イリアーヌさんの少し古いアルバムを。

「The Three Americas / Eliane Elias」(1997)

雑誌スウィングジャーナルか何かで
イリアーヌさんのピアノを知り、
CDショップで視聴し…、
なんつー、かっこいい女性ピアニストなんだ!
と衝撃を受け、
ついでに歌もすっごい良くて…
ブラジル出身の彼女のサウンドは
私のハートにストラーーーーイクッ。

このアルバムの1曲目の
「An Up Dawn」には
センスの良さに眩暈すらしたことを
記憶しています。

今、聴いても
素晴らしくて眩暈がする…。




0318.jpg

おおっと、
また久々の更新になってしまった。
バタバタしながらも
なかなか前に進めない日々ですが…、
週末には桜が楽しめそうで
今からワクワクです。

うーたんも最近は雨の日以外は
毎日ベランダでサッカー練習。
しかし毎日何時間も、
よくあきないでがんばるな~。
うーたん、エライ!(←ウサギバカ)

それにしても
仕事→ご飯→仕事→おやつ→仕事→ご飯→仕事
なんて一日を送っていると
運動不足もいいところ。
友人ファミリーが
WiiFitを購入されたそうで
かなりイイよ!
と大評判の声を聞き、
ちょいとうらやましいなんて思ったりしています。
でも我慢我慢(常に金欠)。
あー、海…行きたい。

最近は
もっぱらRadのアルバムばかり
聴いていますが、
今日はイリアーヌさんのアルバムを。

「Around The City / Eliane Elias」(2006)

ラテンテイストも含んだ
天才女性ピアニストのイリアーヌさんにはめずらしく
かなりポップなアルバム。
ボブ・マーリーやベックのカバーなんかも
演奏しています。

タイトルチューンの「Around The City」は
なんか懐かしくて、
イリアーヌさんの歌声がクセになる
ポップな打ち込みサウンド。
でもライブで生バンドでやったら
またカッコ良さそうだわー。

それにしても
イリアーヌさんのピアノはやっぱりすごい!




0314.jpg

Rad.のシンセベースを聴いていたら
ジョージ・デュークさんの曲も聴きたくなって
アルバムをひっぱりだしてみました。

「Dream On / George Duke」(1982)

このアルバムの1曲目にトラックされている
「Shine On」には
青春時代の思い出があり、
とっても懐かしい。
なんと言っても
Bメロの展開にはメロメロです。
バイロン・ミラーさんのベースも
ブイブイきてます。

それからなんつったって「Someday」!
この曲のアレンジのかっこよさには
感動ものです。
ジョージ・デュークさんの
シンセベースも最高。

音楽は楽しいな。

楽しいと言えば
今日は気のおける友人達と一杯。
いやー、すごい楽しかった。
人生いろいろ、島倉千代子だけど
がんばるしかないですん。




0313.jpg

今日は打ち合わせで赤坂へ。
赤坂駅、赤坂見附駅、溜池山王駅のどこからでも
行ける場所なので
いつもどの駅から行こうか…、
と結構悩む。
そしてどの駅から向っても
必ず迷ってしまう私。

打ち合わせの後寄った
Tully's Coffeeで
コーヒーが出来上がるのを待っている間、
カウンターの上にCDが置いてあることに気づく。
手にとって見てみると
”ベン・シドラン監修
「 Vol.2 スムースグルーヴ フロム ゴージャズ」”
と書いてある。

1曲目のタイトルに「Mood Swing」!

うおっ!懐かしい!!!

早速、帰宅後、
ベンシドランさんのプロデュースの
Bob Malachさん(Sax)のアルバムを
ひっぱりだして
久しぶりにじっくり聴いた…。

「Mood Swing / Bob Malach」(1995)

発表当時
ハマってよく聴いていたので
本当に懐かしいっ!
しかも、やっぱりかっこいいっ。
スティーブ・ガッドさんのドラムで
ウィル・リーさんのベース、
ラッセル・フェランテさんのキーボード、
ロベン・フォードさんのギター…
てなわけなんだから
カッコよくて当然なのですが…。
ボブ・マラックさんのサックスが
これまた都会的で素敵すぎる!

それにしてもロベン・フォードさんのギター、
…しびれマス。

流石、Tully's Coffee、
ナイスな選曲!
ダブルチーズフォカッチャも最高デス!




0310.jpg

今週はブルーノートに
スーパーキーボーディストの
ジェフ・ローバーさん
ドラムのリッキーローソンさんと
出演される週…。
行きたい、行きたい。
けど行けない…。
昨年のアルバムもすごい良かったし、
ジェフさんのリーダーでのライブなので
ものすごい、残念 T-T。

3月は毎年、
なんだか慌しい気がする。

春に向けて
いろいろと動き出す月なのかな…??

ジェフさんの最新のアルバムでも
数曲歌っていた
Eric Benétさんのアルバムを聴きながら
仕事。

「Hurricane / Eric Benét」(2005)

とってもとってもスウィートでR。
なかでもバラードの
「I Wanna Be Loved」はグッときます。
TMaMにも
こんなゆったりしたバラードがあってもいいかも…
なんてなことを思ったりしました。

ってかなり前から
「あれ?バラードはまだ???」と
言われてたり…。
(Kanettiさん、すんませんっ >-<)




0309.jpg

暖かな光が気持ち良い日曜日、
あたたかく気持ちの良いサウンドの
Brandon Fieldsさんの曲
「Old San Juan」が聴きたくなって
久しぶりにアルバムをひっぱりだしてみました。

「Other Places / Brandon Fields」(1989)

サックスのBrandon Fieldsさんのアルバムなので
インストがメインですが、
「Old San Juan」(オールドサンフォン)は
セッション・ヴォーカリストとしても有名で
めちゃくちゃ歌のうまいフィルペリーさんが歌う
歌モノ。
ドラムのカルロス・ベガさんを初め
ミュージシャンも素晴らしくって
日曜日の暖かい日差しに
ステキな音楽で
幸せな気分になってしまいました。

プエルトリコの街、「オールドサンフォン」
写真で見たことしかありませんが、
風と光がとっても気持ち良さそうな
本当にステキな街みたいですね…。

うーたんも
風と光がとても気持ちの良い春が
大好きだね。




0305.jpg

今日はRad.の新譜の発売日。
朝からライブアルバムでノリノリ。
仕事もかなりはかどりました。

私の人生、
Rad.様様なのであります。

「Rad.: Live In Japan / Rad.」(2008)

アルバムの1曲目にトラックされている
「Make Every Second Count」は
私はとっても大好きな曲だったので
ライブで一曲目に演奏されたときには
興奮しすぎて鼻血が出るかと思いました。(笑)

ライブアルバムが出てからは
毎日、この曲に「渇」を入れていただいてマス。

「一秒一秒を意味あるものに…」という
Rad.からのメッセージだと思って…。

あー、
TMaMもまたライブやりたい~。
次はいつになるかな???




0304.jpg

Rad.の新譜「Rad.: Live In Japan」が
iTunesで発売されてから
聴きまくりの毎日。
(CD発売は3月5日!)
今日は電車に乗っている時間が長かったので
またまた移動中は
Rad.の音楽を存分に楽しんでしまった。

「Rad.: Live In Japan / Rad.」(2008)

昨年の来日ライブの感動が蘇りまくりです。
ライブでは聴き逃していたことや
気づかなかったことが
聴けば聴くほどたくさん発見できて
改めてRad.の素晴らしさを堪能しておりますです。
「Layin' Low」の前のRad.の鍵盤のソロなど、
ライブならではのインプロビゼーションが
本当に素晴らしくて泣けてしまいます T-T。

また今年も彼女の音楽を
生で聴けるかと思うと、
嬉しくてたまらない!
と同時に
身が引き締まる想いです。

がんばろーーーーっ。オーッ!




02_29.jpg

2/28の四谷三丁目でのライブに
おいでいただきました皆様、
お忙しい中、
本当にどうもありがとうございました!
お久しぶりにお会いできた方もいらしゃって
元気なお顔が拝見できて
とても嬉しかったデス…。

リーダーとの音楽活動は
以前のボサノヴァバンドから10年になりますが
その頃からずっと支えてくださった方が
ライブにお見えになってくださって
演奏中、音楽を聴いてくださるお姿を見ると、
時々涙が出そうになります。

「応援してます、がんばってね。」
こんなにありがたいお言葉はありません。

ライブ後にあたたかきお言葉を送ってくださった皆様にも
この場で改めましてお礼を言わせてください。

『いつも本当にありがとうございます!!!!』

くーーーーー、
最近は歳のせいか
ちっとのことでも涙もろくていけねぇやぃ。
チーーーーーーーーン。(鼻かみ音)


28日は3セットの演奏だったのですが、
最後の3セット目に
カバー曲をやってみたりしました。
チャカ・カーンさんが歌ってとっても有名な
「What Cha' Gonna Do For Me」です。

当日合わせなのに
ミュージシャンの皆さんは
流石でございます。
(ありがとうございましたっ!)

それにしても
お客様の若い皆さんが
チャカ・カーンさんのワチャゴナを知らなくて、
ついでにキラー・カーンさんも知らなくて
ジェネレーションギャップを感じました。(笑)
モンゴリアン・チョップ。




2011年5月

Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31