2008年1月アーカイブ

kamome.jpg

念願の映画「かもめ食堂」を観ました。

ふとTVをつけたら
CSで放映されていて…。
しかし、
すでに物語は半分くらいまで
来てしまっていました。

それでも…
なんか、よかった。

かもめ食堂の女性店主が
物語の最後のほうで
「かもめ食堂が、ついに満席になりました。」
というシーンがあるのですが…、
ついつい涙があふれてしまった。

たった数秒の言葉に
たくさんのたくさんのあふれる想いを
凝縮することができるのだなぁ。

また最初からちゃんと観ようと思います。

映画「かもめ食堂」サイト

この映画はフィンランドが舞台の映画ですが、
フィンランド、と言えば、
TMaMもMySpaceでつながっている
ミュージシャンTuomo

昨年末に、
新しいアルバムのワールドツアーで来日。
渋谷でライブがありすっごい行きたかったのですが、
スケジュールと懐(かなし…)の調整がつかず
泣く泣く断念 T-T。
でも、数日後、J-WAVEで
深夜、その模様がOnAirされていたので
なんとか聴く事ができました。
いやホント、やっぱり生で聴きたかった。
ライブがこれまたかっこいいんです!

MySpaceでは数曲、
Tuomoの音楽を聴くことができますが、
私がとっても好きな曲は
「True Friend」。
この曲は、優しくて澄んでいて本当に泣けます。

「MY THING / Tuomo」(2007)

冷たい風が頬を打つ1月最後の日ですが、
2つの北欧に
心がホッとあたたかくなりました。




amaenbo3.jpg

あまえんぼうさぎ。

今日は仕事をしながら
インターネットラジオ
「The Urban Adult Choice 70's, 80's, 90s - 2007」
を聴いていたら
ジョニー・ギルさんの「Maybe」がかかり
泣けてしまいました。

ジョニーさんの歌は
いつ聴いても胸にグーッと沁みこみます。

「Let's Get The Mood Right / Johnny Gill」(1996)

ラジオでかかったMaybeという曲は
後半に向ってどんどん転調していくのですが、
その転調がたまらなく想いを強めていき、
泣けてきちゃうんです。
これもやっぱりあの深く包み込むような
歌声あってのすばらしさか、と…。

「どーもすみませんでしたーT-T。」と、
涙なくてしては聴けない、
優しくてあたたかい歌です。

ラジオっていいな。




ashigatsumetai.jpg

うーたんは、
外に出て遊びたいものの
霜の降りた土の上は足が冷たいらしく
どうしていいかわからず
人の膝の上に乗ることにしたらしい…。
しもやけ要注意。

今度のライブで
何かカバー曲を…
なぁんて思ったりしているのですが、
これがまた…
なかなか「これだ!」って曲が見つからない。

ボサノヴァやジャズではなくて
ポップスで何かいい曲はないかしら???
と、探しまくっています。

私的には
RAD.の曲をはじめ、
Tania Mariaさん、シモニーニャさん、
マリーナ・ショウさん……
いやいやAORに戻って
Ambrosiaの「Biggest Part of Me」なんてな名曲も
いつの日かやりたい…
という希望はあるのですが…。

なにせ、リハなしで出来る曲、
ということで
幅は狭まる訳なんです。

いろいろ引っぱり出していたら
マイケル・ジャクソンさんのアルバムにたどりつきました。
「Off The Wall」のアルバムから、どうだろうか???
てなことでQuincyJonesさんのアルバムの
Brandyさんの歌声を聴いたりして…。

「Q's Jook Joint / Quincy Jones」(1995)

Brandyさんの歌うRock With You…、
まままままままままじでいつ聴いてもかっこいいです。

…はー、やっぱり音楽は楽しい。

しばらくカバー曲探しに
悩みまくりそうです。(←かなり楽しい)




bikecat.jpg

そうそう、
年末からEd Mottaさんにもはまっています。
ブラジルのソウルマン。

「Poptical / Ed Motta」(2003)

言葉こそポルトガル語ですが
ほとんどアメリカ音楽。

はじめて彼の歌声を聴いたときは、
bossa cuca novaの2001年のアルバムで
 イパネマの娘で歌っていました。)
かっこいいブラックがイパネマ歌ってるー!
と興奮した記憶があります。

彼のイパねーちゃんの歌声は
YouTubeにありました。
エヂモッタ氏:イパネマの娘

後半一緒に歌う女性はブラジルのシンディローパー。(ウソです)

エヂさんとは同世代。
アルバム「Poptical」に収録されている曲すべてが
私にはストラーイクッ。
エヂ氏の好きなものが痛いほどよくわかる。

「Pra Se Lembrar」(思い出すために…みたいな意味)を聴くと
よーし、がんばろーっ!と元気がでます。

最近
すっごい寒いけど…、
風邪ひかないようにがんばろーっと。

あ、TMaMのMySpace
先日のライブの音源がちょろっと聴けます。
音は録りっぱなしであんまりよくないのですが、
後半、ミュージシャンのみなさんの演奏、
とっても熱いあるよ!
よかったら聴いてみてくださいm(_ _)m。




jyoetsu.jpg

雪の世界に行ってきました。
トンネルを抜けたらそこは、一面銀世界。
別世界。
泣けてくるくらい美しい。
「来てよかった…」と思いました。

あ、もちろん
Donald Fagenさんの「Snowbound」が
頭の中でヘビーローディング。

「Trans-Island Skyway EP / Donald Fagen」(1994)

しかも
EPに収録されている
(Bass, Drums, Vocal Only)のバージョンのほう (笑)。
「Blue Survivor(bass.drums.vocal only)」が
これに影響を受けたのは言うまでもありません (苦笑)。

素敵な仲間との楽しい旅。
笑いっぱなし&転びっぱなし(痛い)の二日間でした。
またいつの日か行けたらいいな。




irete.jpg

うわっ。
やっぱりブログの調子が悪いか…?と思っていたら
知らない間に直っていた!!
(ki910moさん、改めましてありがとうございますー)

昨日1/18、
Billy Barew's Beer Bar青山での
「"Blue Survivor"リリース記念ライブ Part2」に
おいでいただきました皆様!
お寒い中、本当にありがとうございました!

昨日のライブから
ドラムに麻生祥一郎さんをお迎えしました。
優しい笑顔がとっても素敵なドラマーさんです。
また2月も
ピアノの杉山さん、ギターの植田さん、ドラムの麻生さんの
フルバンドメンバーで
四谷メビウスでライブを行います。
ガッツンガッツンとお送りしたいと思っております。
お時間がありましたら、是非遊びにいらしてください!
どうぞよろしくおねがいいたしますっm(_ _)m。

最近よく聴く音楽…。
RAD.熱は相変わらずですが
Wilson Shimoninha熱が再燃しております。
MySpaceのつながりでシモニーニャさんの近況がよくわかったりもするので
さらにはまっている感じなのですが。
とにかくYouTubeのライブ映像がかっちょいい!

「Live Sessions At Trama Studios / Wilson Simoninha」(2003)

「Lá Vem O Homem」のPVもまたイカシテマス。
「そこにその男はやってくる」ってタイトルも
なんだかイカシテマス。
キューーーーーーッ、しびれる。


…そんなこんなで
またブログ、ぼちぼち始めます。
よろしくおねがいいたします。

ベランダでひとしきり走り回ったうーたん。
「寒いから中に入れて~。」だって。




2011年5月

Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31