2006年5月アーカイブ

kinoko.jpg

あ~、きのこの山が止まらない。

アメリカの超人気番組
「American Idol」のSeason5の決勝を見ました。
結果は姉から聞いていたので知っていましたが
規模の大きさに圧倒されました!凄い!
そしてさらにゲストがすごい~!
ゲストでPrinceが出演されるとテレビで見たので
「もしかしてバックミュージシャンでRad.が見れるかも!」
とわくわくだったのですが、姿は発見できず。残念。

でも久しぶりに
ディオンヌ・ワーウィックさんのお姿を拝見!
もうあの声と存在感は素敵過ぎます~。
バート・バカラックさんとメドレーで共演。
ああ、素晴らしき80’s…という感じでした。

テレビを見た後、
ディオンヌさんの私が一番好きな曲、
「For Everything You Are」をすぐに聴き、
改めて素晴らしさに浸りました。
「Reservation For Two / Dionne Warwick」(1987)

この曲、ホントに泣ける。
Kashifさんがプロデュースしているのですが、
この辺のサウンドは本当に青春だ~。

ディオンヌさんといえば
ホイットニー・ヒューストンさんの叔母様ということで有名ですが、
TMaMのアルバムreasonの「everything you are」のタイトルは
詞を考えている時、
たまたまディオンヌさんのこの曲を
聴いていたところから発展していった事は
全然有名じゃないっすね、ハイ。

いやぁ~、American Idol、
ホントにすごかった。
とっても勉強になりました!

そんなこんなできのこの山、完食!


| コメント(2)


banana.jpg

この曲はいつ聴いても
心をスカッと爽やかに洗ってくれる。
パット・メセニーさんのBetter Days Ahead。
「Letter from Home / Pat Metheny Group」(1989)

爽やかな季節に
風にそよがれながら昼下がりに聴きたいかも。
パットさんのギターさんはもちろんのこと
ライル・メイズさんのキーボードがたまらなく気持ち良い~。
昔、ジョシュア・レッドマンさんのライブに行ったとき、
パット・メセニーさんが共演されていたのですが、
すっごいすっごい良かった(T-T)思い出があります。
(↑当たり前デス)

ちなみに
TMaMのミニアルバム「The New World」で
全曲ゲスト参加してくださっているジャズギタリストの笹原孝之さんは
「巣鴨のパット・メセニー」と囁かれている。
身内ネタで恐縮ですが、私、
「The New World」での巣鴨のパット・メセニー笹原さんのギター、
すっごい好きなんです…。
聴けば聴くほど…のスルメ系ですわ~。

写真はバナナに付いてるシール。
うーたんがバナナは食べてくれるので
(ほんの3かじりぐらいだけど)
ついつい買ってしまう。
バナナのシールってなんだかかわいい。
このままこの壁にバナナシールコレクションしていったら
やっぱり子供時代のタンスとか机みたいに
ベタベタ汚くなるのだろうか…。
「そんなところにシールなんか貼って!」
と、母親に怒られたりして…。(笑)




uuu.jpg

姉から今度は
ボビー・コールドウェルさんの曲を何か教えて…、
と連絡がきたので
またいろいろ久しぶりに聴いてみました。

今年に入って発売された
ライターの金澤さんが監修されている
Mr. AORことボビー・コールドウェルさんのベスト版の
トップを飾る「Special To Me」。
「SPECIAL TO ME~THE OTHER SIDE OF BOBBY CALDWELL~」(2006)

この曲、いつ聴いてもホントに素敵!
これからの季節にぴったりのベスト盤です~。

「Special To Me」…
オリジナルは1978年の
デビューアルバム「イブニングキャッスル」の曲なのですが
本当に気持ちの良い曲です!
とても30年近く古い曲とは思えない…。
…なぁんて、何気なく書いたけど
えーー、もう30年も前になるの~?
うぇ~、マジですか~。

そういえば全然関係ないけど、
ボビー・コールドウェルさんと私、
誕生日が一緒でびっくりしました。
(なんか…嬉しい)

うーたんがここ3日くらい
ご飯を食べないというストライキをしている。
心配で病院に連れて行ったりしたけど
特に病気っぽい感じではないとのこと。
栄養剤の注射をお尻にブスッ。
私には感情のありったけをぶつけてくるけど
お医者さんの前では大人しくいい子にしてました。
うさぎ専門のお店でいろいろ伺ったら
どうやらうさぎさんは食に関してかなり気難しいとのこと。

ストライキ中、なんとか食べてくれるのは
キャベツ、ほんの少し。
痩せちゃうよ~、うーたん。
君はSpecial To Meなんだから
ずっと元気でいてくれ~T-T。


| コメント(4)


donuts.jpg

今日は仕事をしながら
Pieces of a Dreamの
You Know I Want Youを聴いて…
うっとりしてしまった。
「We Are One / Pieces of a Dream」(1982)
いやぁ、これぞ大人のラブソング、大人のデュエット。
かっちょいーT-T。

この曲を聴くと
連日ボサノババンドで車で遠出していた頃のことを思い出す。
いつも一緒に現場に向かっていたドラムの方の車で
このアルバムを聴こうと持って行ったら
ドラムの方はこの曲がつぼに入ったらしく、
鎌倉からの帰り道、深夜の高速道路で、
この曲だけを大音量でヘビーローディングして
帰った記憶がある。
懐かしい思い出。

C・ナポレオンさんの歌声が素晴らしすぎて
胸に染み入ります。
「いろいろすみませんでした」と謝りたくなります。(なんだそら)
ベーシストなのに歌もうまくてすごいなぁ。

いい音楽がたくさんありすぎて果てしないです。

閉店間際のミスタードーナツで
ハニーチュロをゲット。
一番好きなチョコファッションが売り切れで残念。
…夜食にいただく予定。




choco.jpg

運転中FMを聴いていたら
どこかで聴いた曲が…、
「あ、ソーホーのサンバだ。」

昔よくブラジリアンユニットのバンドで
小野リサさんのバージョンをアレンジして
演奏していた曲なのですが、
ラジオでかかったソーホーのサンバは
この曲の作曲者のパウロ・ジョビンさんと
歌姫アストラッド・ジルベルトさんのバージョン。
James Lastオーケストラのアルバムのものだった。
「LAST / ASTRUD GILBERTO&JAMES PLUS」(1986)

たまたま昔中古CDショップで購入して
当時何回か聴いたぐらいだったので
ああ、懐かしい~!
と思って家にもどってから
今日いただいたベルギー産のチョコを
コーヒーでいただきながら聴いてみました。

ソーホーのサンバって
やっぱりホントにいい曲だなぁ。

しかしやはり本場のチョコも
うまい、うますぎる、十万石饅頭。


| コメント(0)


omamori.jpg

最近レコーディングで悩んでいる曲のアイデアのために
家にあるCDで気になるアルバムをいろいろ聴いている。

たらたら探していたら
塩谷哲さんのアルバムが出てきた。
露崎春女さん(現=Lyrico)のコーラスワークが
クラクラするほどかっこいい
「Magic, dream, or true love?」を
久しぶりに聴いてハッとしてグッと来たーっ!
「88+∞ Eighty-eight plus Infinity / 塩谷哲」(1998)
塩谷さんもLyricoさんもかっこよすぎるっ!
おかげでいろいろ進められそうです。

日曜日の生徒さんに
手作りのお守りのお話をうかがった。
お守りにまつわるお話も興味深く、
またそのお守りの形がとってもかわいかったので
私もゲットしよう~!と思っていた矢先、
今日偶然にも夜のクラスの生徒さんに
いただいてしまった!
(どうもありがとうございますっ!T人T)
写真は今日いただいたお守りの写真。
タイのおばあさんが手作りで作られたお守りらしい。

このお守りは
お守りが持ち主のかわりに
災難を引き受けてくれるお守り、というお話をうかがった。
たとえば
持ち主が足を痛めるはずなのに
変わりにお守りの足がほつれてきたりするとか。

大切にします。
どうもありがとうございましたT-T。


| コメント(2)


lonely.jpg

終電に近い淋しいホームで
20分近くも乗り換えの電車を待っているとき
Steely Danの「Deacon Blues」を聴いていたら
なんか声をあげて泣きたくなった。
「Aja / Steely Dan」(1977)

この曲にはいつも本当に要所要所で励まされるT-T。
もう曲がとにかくすごくてただただ泣けてくるのですが、
歌詞が………さらに泣けてくる。

今製作中のTMaMの新しいアルバムで
自分なりにあげたテーマとかぶり
なんだか本当に泣けてしまった。

敬愛するアーティストには
何度心を救われたことか…。
本当にありがたい存在…T-T。
私が尊敬するアーティストも
また彼らが尊敬しているアーティストに救われて
やっていけたりしているのかな?

な~んて
Deacon Bluesを何度も繰り返し聴きながら
ぐるぐると考え
間の悪い待ち時間を過ごしていたら
あっという間に20分は経って
電車が来た。


「うさぎって淋しいと死んじゃう…」
ということをよく聞くのですが
それは結構あたっているかもしれません。
うーたんは本当に淋しがり屋で
気がつくといつも足元にいます。
足元で寝そべってたり顔を洗っていたり…、
こちらが注意を払っていないと
思わず踏んでしまいそうで…、あぶないあぶない。
うーたんがいないと淋しくて死んじゃうのは
私のほうなんだけどね。


| コメント(3)


tv.jpg

ふとテレビを付けたら
NHKでキューバの事を放送していた。
うわっ、最初から見れば良かった>-<。

平均年齢60歳以上というソンのバンドの
リードボーカルのおじいさん。
なんと82歳だという。
見えないっ!
歌声もホントに素敵でかっこよかった!
バンドのみなさんとお食事をしている風景も
なんだかすごくよかった。
練習後、
昼下がりに木陰で気のおける仲間と
飲む一杯は相当美味しいのだろうなぁ。

音楽という元気の注射を打っているから若いんだ、
とお話していました。
音楽をやっていなかったら、もう死んでるよ(笑)、と。
明るくて最高ーッ!
こうやって音楽を楽しんでいけたらいいなぁ。

ハバナの映像にもかなりやられた。
古い車や使い捨てライターを
大事に大事に使って物を大切にする心とか、
いろいろとハッとさせられました。

ハバナの景色が印象的だったので
テレビを消した後、
ハバナの写真がたくさん使われている
アルバムだったことを思い出し
Roy Hargroveさんのアルバムを
ひっぱりだしてみました。
「Habana / Roy Hargrove」(1997)
このアルバムは当時Swing Journal誌で
一押しされていて、
雑誌でみたジャケット(ジャケはこちら)
あまりにもかっこよかったので
ほぼジャケ買いの勢いで購入したのですが
流石に一押し…中身も最高です~。
私は
「Dream Traveler」と
「Mountaings」が大好きなんですけど
Royさんはもちろんのこと、
すっごくギターさんがかっこいいです…。

ハバナ、行きたい~。
もう行きたいところばっかり。
でも映像と音楽で
ちょっと旅行した気分になってしまいました。


| コメント(2)


shop.jpg

一昨日Eliane Eliasさんをブログで書いたので
今日は仕事をしながら彼女のCDを聴いています。
うーん、やっぱりいい~。
ライブに行きたい。
ベースのマークジョンソンさんと一緒に演奏している曲で
一番好きな曲が「Caipora」。
「The Three Americas / Eliane Elias」(1997)
カイポラ、という言葉は
ブラジルで森の動物を守護する女神、ということなのですが
この曲はやっぱりその女神さまの曲なのかな。

世界に名をはせるミュージシャンと対等に活躍されている
美人でかっこいいイリアーヌさん。
前に雑誌でイリアーヌさんの生き様を
特集していた記事を呼んだことがあるけれど
激しかったり、時には穏やかだったり…
海の波のような彼女の人生を読んで
ホントに女惚れしちゃいました。

そうそう、
昨日は仕事で銀座をぐるぐる。
銀座のお店の多さにはホントに驚きです。
闘って生きていく強さに圧倒されました。
私もがんばろう…。


| コメント(0)


kutsusita.jpg

カーペットの柄に沿って寝そべるうーたん。
白い靴下履いてるみたい…。

車で出かける用事があり
今日はピアニスト木住野佳子さんのCDを持って出発。
このアルバムは雨の日のドライブにぴったりなんですもの!
「RENDEZ-VOUS / 木住野佳子」(1997)
この頃の私はジャズばかり聴いていて
しょっちゅうジャズのライブに足を運んでいたのですが
行きたくて行きたくて仕方なかった木住野佳子さんのライブは
結局いつも都合が合わずいけなかった…。
木住野さんのこのアルバムの出会いは
当時働いていた会社の有線。
社内では毎日インストゥルメンタルの
チャンネルに合わせていたのですが、
毎日同じ時間にかかる「JANGA」、
聴けば聴くほど気になって
仕事中、こっそり有線に電話して聞いたのでした。
すぐに購入して一時期毎日聴いてました。
ジャズピアノというよりも
このアルバムは全体的にとってもポップ。
フュージョン好きにはたまらない音色。
ブラジルのミルトン・ナシメントさんの名曲
「VERA CRUZ」なんかも入っていて
とにかくとにかくすっごい素敵なアルバムです!
…なんというか、
心の洗浄をしてくれるような感じ。

アルバムを買ってクレジットを見た時の感激も
よく覚えています。
プロデュースにPhilippe Saisseさん!!!
(なるほど!)
ベースがMarc Johnsonさん!
日本の女性ピアニストさんが
世界で活躍するアーティストと共に音楽をつくり
ピアノにまっすぐと向かっているジャケットの中の写真に
とても感激した記憶があります。

本当に素敵なアルバムです…T-T。

そういえば、マーク・ジョンソンさんが
イリアーヌ・エリアスさんのバンドで
近々来日、ブルーノートに来ると
記事で読みました。
うわ~、イリアーヌさんのライブ。
マジで行きたい~。


| コメント(2)


kirie.jpg

Mark Jordanさんのアルバム「Blue Desert」(1979)は
全曲最高の本当にすっごいアルバム。
1曲目の「Generalities」の爽快感たらないし、
「From Nowhere In This Town」は燃えるし、
「Beautiful People」はすごくきれいな曲でテンポもグッとくるし、
「Release Yourself」のメロディーの締めの展開にくらくらします。
この曲、「リリースユアセルフ」という女性コーラスが
「優勝セール」と言っているように聴こえてしまう…。
そんなわけで
デパートで優勝セールなんかをやっているのを見かけると
ついMark Jordanさんを思い浮かべてしまいます。

ミュージシャンの方も素晴らしすぎて
涙チョチョギレ・正座して聴きたいアルバムです~。

涙チョチョギレといえば、
先日都電荒川線の写真を撮った日に
都電荒川線のサイトを探したら
涙チョチョギレ級のすっごい仕事をされている人を発見してしまった。
都電荒川線の風景を切り絵にしたものが
サイトで壁紙のダウンロードができるようになっているのですが、
もうこの切り絵の凄さときたら!!!
何年も切り絵の世界でやってこられた
熟練のおじいさまを勝手に想像していたのですが、
なんと調べてみたらとてもお若い女性の方でした!!
山本 祐布子さんという方で
いろいろ作品を見れば見るほど
スーパーウーマンです!すごいっ!
切り絵、イラスト、広告・エディトリアル・プロダクト、テキスタイルデザイン、
着物のデザイン、本の執筆などなど出てくる出てくる!
私は都電荒川線の切り絵で知ることができたのですが、
幅広いご活躍にまたまた感動してしまった。
写真はその切り絵のMy PCデスクトップですっ。

枠を決めてしまわずに
「Release Yourself」ですね~。


| コメント(3)


meron.jpg

セブンイレブンのホイップクリームメロンパンが
とっても好きなのですが、
しばらく食べていなかったので
買おうと寄り道したら
「ストロベリー&ホイップメロン」というものに
変化していました。
お~、これはさらに甘い~、濃厚です~。
食べるのにガッツが入りました。
甘くないコーヒーとセットでグ~ッ。

以前のブログに書いた
「SAMAMBAIA / Cesar C. Mariano e Helio Delmiro」(1981)」
のアルバム。
コンピレーションしか持っていなかったので
3ヶ月前くらいにアルバムを注文していたのですが、
もう注文した事をすっかり忘れていたので、
今日突然届き、感激してしまいました。

気持ちの良い今日のお天気にぴったりのアルバムでした!
「Carinhoso」を聴いたら
ますます海辺のそばに住みたくなったし、
「Curumim」はぜひとも練習したいと思いました。(ダメもとでも)
ギターとピアノというシンプルな編成のアルバムですが、
これまた中身は濃厚です~。


| コメント(0)


cosme.jpg

Radio365のPodcast番組が昨夜アップされました。
(と、思う…)
iTunesに反映されるのはどのくらいの時間がかかるのかな?
今回ラジオで
ちょっと営業的に別バージョンで作ってもらった
「Wanna be」インストコーラスバージョンをOn Airしております。
聴いていただけると嬉しいです。
リーダーのギターがメロディーラインです。

ギターといえば、
これからの季節にぴったりの曲がっ!
Doc PowellさんのアルバムLaid Back(1996年)の
「Tropical Love」。
これまたお天気の良い日に
海岸沿いなんか
ドライブしちゃっているときなんかに聴いたら
気持ち良過ぎてとろけちゃうかも。

写真は先日いただきました化粧品。
(ありがとうございますっ、T人T)
じつはいただいた時、
完全にマニキュアかと思って、
今朝、付ける気満々で爪を切ったり磨いたりして
「よし、付けんべ!」と
気合を入れてキャップを開けたら
口紅でした。
これはホントに驚いた。

思い込みってすごい。
木曜日の夜からずっとマニキュアだと思われて
デスクの上で待機していた
とってもかわいい色の口紅さんでした。


| コメント(2)


samui.jpg

今日はなんて寒い1日だったのだろうか!
うーたんも寒くてペッタリです。
今日はラジオの収録をしたので
間もなくアップされと嬉しいです。

Richard Teeさんの映像が見たくて
またまた引っぱり出してしまった、
「Grover Whashington Jr. / In Concert」(1981)のLD。
今時レーザーディスクですか!?という感じですが、
今日はホントに焦ってしまった。
LDのデッキが反応しないのですもの!
汚れているのかな?と思いクリーニングしてもダメ。
もう完全に観るモードに入っていたので
見れないなんてやだーーーーーーーー!
10分の格闘末、(しつこくPlayボタンを押し続けた)
読み込んでくださいました。
あ~、このDVDを買うとか、
なんとか対策しなくちゃ。

だって、この映像はもう教科書そのもの。
神棚ものです!
いつ観ても新たな発見がある。
いつもはついついアンソニー・ジャクソンさんに目が行き
いつのまにかアンソニーさんの首の動きを
一緒にしている自分がいたりします。
Come Morningのイントロのときの
Richard Teeさんのアップがしびれます。
あとなんといっても
Zack Sandersさんの青い光るめがね。
(↑それはどうでもいいだろう…)
とにかくこの映像はすごい!
このライブ映像は無人島に持っていく一枚です。

でもこの映像を見ていて
Richard TeeさんもGrover Whashington Jr.さんも
もういないんだなぁ、と思ったら泣けてしまいました。

このときのライブを生で聴きたかった。
タイムマシンにお願い~♪




may.jpg

今日は久しぶりに気持ちの良いお天気の1日でした。
この季節が一年で一番好きなのに
最近はなんとなくスカッとしなくて
ぐずぐずの日がつづいたのですが
やっぱりこの季節はこうでなくちゃ。
緑がまだ青くてホントにきれい!

気持ちのいい日差しと風だったので
「あ!」と思い出して
Rohn Lawwenceさんのアルバム「see ya around」を
引っ張りだしました。
「Rohn Lawrence / see ya around」(1998)
一曲目の「Spend A Little Time」は
もうこの季節にぴったり!
Rohn Lawwenceさんはその昔、
正に当たりのジェケ買いで知ったギタリストさんなのですが、
いやー、めちゃくちゃうまくてかっちょいい!
歌モノのバランスとかいろいろ含めて
私的にはフィルアップ・チャーチさんを思い起こすのですが…。
あ、そういえば、最近、リーダーも
こんな感じのギターを弾きます。
(あ、また怒られる…)

それはさておき
とにかく気持ちの良い~アルバムです。
ちなみにRohnさんの
1994年のアルバム「Hangin' On A String」も
すっごいイイです~。

そうそう!
私がアシスタントでお邪魔している日曜日クラスの、
山口拓三先生率いるDTPクラスのみなさんが
「NEW BMW Z4 Creative Competition 2006」というコンペに
Graphic部門で一時審査を通過しました!
これはホントにすばらしいT-T!!!!!
投票が始まっているのでよかったら皆さん、
是非ご参加くださいませ!
いやぁ~、ホントに大賞を受賞して
カンヌ広告祭に行って欲しいっ!




akubi.jpg

姉から
「スティービーワンダーさんのお薦めの曲を教えて」
とメールが届いていたので
家にあったスティービーさんのアルバムを
今日はかたっぱしからかけていました。
姉からは自分のお気に入りの曲リストが届いていたので
それ以外から選曲。
流石に姉妹なので姉が好きな曲は私も全部好きでした。

うーん、
と言っても本当に本当に素敵な曲ばかり…。
「do i do」とか「Fun day」とか「Ribbon In The Sky」とか…
いろいろ挙げてメールを送りましたが
さて、気に入ってくれるだろうか?
(たぶん、ストライクゾーンだと思う…。)

「For Your Love」もおすすめしました。
「Conversation Peace / Stevie Wonder」(1995)
1995年のアルバムでわりと近年のものですが、
発表より10年くらい前にはもう既に作っていた曲だそうです。
ただただ聴いていると泣けて泣けて…。
後半の転調はもうせつなくて鼻水ものです。
嫌なこともすべて許せてしまいそう…な
愛に包まれた曲です…T-T、泣ける。

写真はうーたんの「あくび」の瞬間を撮ろうと
あんまりうまく撮れなかったもの。
うーたんは前足をうーんと前に伸ばしながら
ホントによくあくびをしています。
あくびの時と普段の時と
まったく人相が変わるのでかなり笑えます。
うー、もっとちゃんと撮りたい~。


| コメント(3)


toden.jpg

ジャズピアニストのハンクジョーンズさんの
お話をいろいろうかがったので
家にあったハンクジョーンズさんの
アルバムをいろいろ引っぱり出してみました。
にも書きましたが
やっぱりアーネスティン・アンダーソンさんのアルバム
「Hello Like Before」(1977年)のハンクジョーンズさんの演奏が
しびれます~。
このアルバムは1トラック目の
ビル・ウィザースさんの曲「Hello Like Before」だけ
なぜかRodesで、これまた超~かっこいいのですが、
もちろん2曲目以降のピアノもすっごいかっこいい!
(語彙が少なくてすみませんっ!)
1918年生まれのハンクジョーンズさんは
今年の7月でなんと88歳だって…。
そんなに大大ベテランの方なのに、
今も基本の練習+レパートリーを増やそうと
新しい音楽を探し求め続けているんだそう…。

ひゃーーーー参った!
しびれる!かっこよすぎ!
(決して若手ではないけれど)
私なんてホントにホントに超~ひよっこ。
もっともっともっともっと練習しなくっちゃ!
と心に渇が入りました!

年齢を重ねるごとに
人が一生懸命やっているものに
胸を打つ度合いが増しています。
88歳になっても音楽を続けまだまだ追い求めているハンクさん、
そんな歳の重ね方にあこがれます…。

そんなことを思いながらハンクさんのピアノを聴くと
もう涙チョチョぎれもんです。

そうそう、
このアルバムの最後の曲「Bird of Beauty」の
1分18秒あたりで
アーネスティンさんの歌声のすぐ後に
かすかに
「All Right!」という男性の声が
ヘッドフォンで耳を澄ますと聴こえます。
たぶんハンクさんのかけ声です。

もぉ~、かっこよすぎ~。

あ、写真は都電荒川線、王子付近です。
都電と並んで車を運転するときは
なんだかどうしていいのかわからなくて
いつも緊張します。
でも都電もなんか風情があってかっこいい!
ちょうど信号待ちで一緒だったのでパチリ!
セピアのせいか古い写真みたい…。




shue.jpg

午前中、
銀行&郵便局などなど野暮用を済ませる。
流石にお休み明け、
銀行のATMは長い列になっていました。
移動の車で
Average White Bandの
「What Cha' Gonna Do For Me」を聴きながら
気分もうきうき。
外回りから戻り
仕事をしながらlast fmを聴こうとアクセスしたら
なんと最初にかかった曲が
Chaka Khanさんの
「What Cha' Gonna Do For Me」。

この曲は原曲であるAWBのほうより
Chakaさんバージョンを先に聴いたのですが
ホントにホントにどっちもかっこよすぎ。
思いがけず連チャンで聴けて
またうきうき。

そしておやつにコージーコーナーの
ジャンボシュークリーム。
さらにうきうきだぜぃ、イエーイ。
それにしてもあの金額で
このボリューム。
ありがたくて泣けてきます。


| コメント(2)


sarerugamama.jpg

やっとやっとやっと
「tmam.info」が認証されました~!
長い道のりでした。
(ki910moさん、本当に本当にどうもありがとうございましたT-T)
間もなくサイト全体が引越しされると思います。
今後ともtmam websiteをどうかよろしくおねがいいたします!

今日はせっかくのいいお天気のお休みなのに
家でパソコンばかりしているのももったいないので
朝、うーたんを連れてお気に入りの公園に行ってみました。
流石にうーたんも慣れてきました、お外遊び。
普段はいやがるリードも
外での興奮状態では気にならないらしく
いきなりだっこから飛び降りて駆けっこ。
お外で走るのが本当に好きみたい。
でもサンサンと太陽が輝く日向はどうもダメみたい。
すぐ日陰に走っていきます。
いっぱい遊べてよかったね~。

Leon Wareさんの「Holiday」を聴く。
「Musical Massage / Leon Ware」(1976)
いやぁ、いつ聴いてもセクシィだわぁ~。
しかも少し遅めのこのテンポ、
ドラムのJames GadsonさんとベースのChuck Raineyさんで
もうたまらない~。

夜は風が凄い音を立てています。
うーたんの耳がいちいち反応してます。


| コメント(2)


rizotto.jpg

今日もとってもいいお天気だった!
GWが良いお天気だと
得した気分になる。
でも外に出かけたわけではなく
家にこもってパソコン作業。
大好きな曲をかけながらの作業は
はかどるはかどる。
今日はRichard Teeのアルバム
「Bottom Line」(1985)の「If you want it」
出だしの音色からしてたまらんっ。
やっぱりリチャティのローズとピアノは最高ですっ!

気分転換に最近はまっているリゾットを食べる。
先月近所でセリを買ってから
リゾットを作るのにハマっているのですが、
野菜をたくさん入れて食べるのが
ホントに美味しい。
今日はほうれん草がたくさん入ったリゾット。

GWもあと少し。
最後まで
いいお天気だといいなぁ。


| コメント(0)


nanja.jpg

この連休
近所で毎年行われているアグリフェスタ(農業祭)が
行われているので
今年もまた覗いてみた。
3月に従弟の結婚式で久しぶりにあった親戚のおじさんが
植物にとても詳しくて
いろいろなエピソードも交えて話をしてくれた木の苗木が
アグリフェスタの会場で発見!
おじさんに教えてもらってから
ネットで検索したりしていたので
実物を見ることができて感激!
キンモクセイのようなとても甘いいい香りがした。
この木の名前は
「ナンジャモンジャの木」。
本当にこういう名前なのだ!

ちょっと笑っちゃう。

連休中、
そろそろ本腰を入れなくてはと思っていたレコーディングを
進めている。
コーラスのアイデアが欲しくて
先日ブログで書いたMica Parisさんを思い出し
他のアルバムを聴いてみたりしていた。
1996年のアルバム「Black Angel」も
以前よく聴いていたアルバム。
Mica Parisさんはエレガントさもありながら
ものすごいパワフルでホントかっこいい。
「stay」は初めて聴いたとき
「うぉ~、なんてかっこいいんだー!!!」
と燃えた記憶がある。

やっぱり音楽はいいなぁ。

サイトのアドレスを今移管中であります。
移管中のブログ更新なので見れない方には
突然見れるようになって陰で更新していたかのように
なってしまっていますが…。
間もなく新しいアドレスが使えるようになると思います!
「見れないよ~」とご連絡いただきました皆様、
どうもありがとうございますっ!


| コメント(0)


2011年5月

Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31