2006年3月アーカイブ

soaps.jpg

うぉ~、今日もギリギリのアップ。
2ヶ月ブログを休まずアップしているなんて
奇跡だ…自分でもびっくりです。
でも続けられるだけ続けてみよう…
と思っております。

今日はものすごいバタバタしながら
なんとか3月中に!!!と思って
Radio365の収録をしました。
(そのバタバタぶりも収録されてます)

実は先日、大変素晴らしい石鹸を購入しまして…、
LUSHさんというお店で購入したのですが、
LUSHさんからラジオでの放送の許可を
いただきましたので
今回ジェットストリーズンで
取り上げさせていただきました。
聴いていただけると嬉しいです。

それからそれから
私共のすっごい懐かしい曲と、
一番新しい曲、2曲をOn Airしております。
懐かしい曲は
2001年発表の「偶然世界」、
新しい曲は
今年MDが終ったばかりの「Joy Ride」です。

「偶然世界…」
自分でもすっごいすっごい久しぶりに聴きました。
はずかC~やら、新鮮やら。

もしも、もしもmp3で欲しいと思ってくださる
奇特な方がいらっしゃいましたら
また以前のようにサイトでのmp3配布を
お願いしたいと思っています。

よかったらご一報くださいませT-T。

明日もお天気がよくて
しかももうちょっと暖かいといいなぁ。
お花見日和になるといいですね。




sakura.jpg

風は冷たいけど
いいお天気だなぁ。
last fmでもよくかかってくれる、
George Bensonさんの「Breezin'」が
似合う季節にだんだんと近づいてきていて
気持ちも晴れやかになります。
「Breezin' / George Benson」(1976年)

今住んでいるところで
一番素敵だなぁ~、と思うことは
家の目の前の桜並木。

今日もたくさんの人が桜の下を散歩していました。

どこまでも続く花の道に、
赤毛のアンのエンディングテーマ
「さめない夢」のシーンを
思い出しました。

いつの日か引越しをしなくていけないので、
昨年の今頃は、
「来年はもしかしてこの桜を見れないかも???」
と思っていたのですが、
幸せなことにまた楽しめることができました。
でもおそらく今年で最後になりそう…。
しっかりこの地の桜を堪能したいと思います。


| コメント(2)


taiyaki.jpg
「たいやき、これはクリーム」

TMaMのアルバムにはリーダーのアレンジにより
ホーンセクションがふんだんにちりばめられている曲が
多いのですが、
なかなかライブでアルバムと同じだけの
楽器を揃える事が出来ない悲しい現実。
でも少人数でのライブも好きだし、
それはそれでがんばりたいのですが、
いつの日かライブで、
生ホーンセクションの方々にお願いして
演奏してみたいという野望があります。

今日はホーンセクションもかっこいい
Average White Bandの曲、
「Soul Searching」を引っぱり出してみました。
「Soul Searching / Average White Band」(1976年)

いきなりなめらかにやってくるイントロの
ホーンセクションがたまらんっ!
かなり遅めのテンポで
ひっぱってひっぱって演奏してて
超~かっこいいのです~。
ライブとなると、
ついつい前のめりになりやすいのですが
こん風にひっぱってひっぱって
余裕で演奏してみたい。
…精進、精進。

たいやきは邪道かもしれないけどクリーム派。
今川焼きもクリーム派。
でも一番好きなところは周りの小麦粉系の部分。
肉まんでもまわりが好き。
要するに粉系の部分が好き。
中身はいいから
粉の部分だけのも作ってくれないかなぁ、
と密かに熱望。

そんなわけで
ついつい蒸しパンを見かけると
買ってしまう私でありました。


| コメント(4)


hanakkori.jpg
「はなっこりー」

今日もgrooveものばかり聴いていました。
サックスプレイヤーRonnie Lawsさんのアルバム
「Pressure Sensitive」(1975年)の1トラック目の
「Always There」。
これはたぎる!
燃える!
おかげで仕事もさくさくはかどる、はかどる。

そうそう…、
ひさびさにヒットの野菜と出会いました。
その名も「はなっこりー」。

私は香港が故郷の義兄の影響か、
だいぶ大人になってから
中華が大好きになりました。
(小さい頃はどちらかというと苦手だった。)
中でも極々プレーンな
空心菜の炒め物(青菜の炒め物)が
大好きなのですが、
この野菜「はなっこりー」は
ちょっと空心菜に似ている。
オイスターソースとか
とりがらスープとかで
中華風に炒めると最高に美味しい~。

丸ごと全部食べれてしまうので無駄もないし
ビタミンCや食物繊維も豊富だとか。
ブロッコリーと中国野菜「サイシン」から
誕生した野菜だそうです。
 詳しくはコチラに。

チェッチェッコリー♪みたいな
名前もかわいい。
はまりそうです~。


| コメント(3)


maichan.jpg

実家のわんこ、まいちゃん。
お父さんが大好きな女の子です。
うひ、かわいい (^~^)。

ココ最近の流れでまたしても80年代音楽。
Earth,Wind & Fireのアルバム「Powerlight」(1982年)を
聴いていました。

おおおおっ、と思う音楽は
「1982年」の作品が多いよね、と
よくリーダーとも話しているのですが、
このアルバムもまさにストライク。

このアルバムで一番好きな曲は
「side by side」。
もぉ~、たまらなぁい、かっこよくて。

このアルバムをウォークマンでよく聴いていた頃、
電車で村上龍さんの
「コインロッカー・ベイビーズ」を読んでいたので
このアルバムを聴くたびに
コインロッカー・ベイビーズを思い出します。
このころはわざとボロボロの古着を着てみたり、
(今もうさぎに噛まれてボロボロだったりして…)
やさぐれてみたい年頃でした。

コインロッカー・ベイビーズのエンディングの
白い白い明るい世界(私の中では)と
このアルバムのエンディング曲「Miracles」が
重なって勝手に映画のように映像を創造して
感動していた記憶があります。

ああ、青い春。

音楽っていろいろなことと結びついて
またいろんな思いを生んでくれるのですよね。
これまた素敵だ。

しかし、やっぱりE,W&Fはイイーっ!


| コメント(2)


dogs.jpg
「先日の結婚式でいただいたクロームのお箸置き」

今月から参加させていただいているDTPのクラス。
「何でもいいから自分のかっこいいと思うものを
 クラスで発表する。」
という毎週決まった課題がある。
すごくいい課題だなぁ、と思いました。
人前で発表することで、
「かっこいいものを探そう」という
アンテナがもっともっと働くし、
他の人の発表からたくさんの刺激を
与えてもらえる。

音楽もデザインもwebも…他にもいろいろ…
なんでも隔たりはないのだと思う。

あっ!と思った絵から浮かぶ言葉があったり
おっ!と思った本から浮かぶ音楽があったり
えっ!と思った言葉から浮かぶ絵があったり
…世界はぐるぐるまわっている。

ここのところ、
shalamar-Breakwaterとブラック系を聴いているので
また同時期のL・T・Dを引っ張りだしてきました。
「Shine On / L・T・D」(1980)

L・T・Dってなんか株式会社みたいな名前だけど
「Love,Togetherness & Devotion」の略称。
熱いグループ名に負けない熱いナイスなグルーブは
超かっこいい~!

「You Gave Me Love」は
まるでシェリル・リンさんの超代表曲「Got to be real」から
影響されていないわけないよね、
というくらい似ている。
みんな影響されあって進んでいくのだなぁ!
私がDJとかやるとしたら絶対この2曲は繋げてみたい。

80年代後半、MTVでブラコンのべたべたのPVを
録画しまくっていたころ、
Jeffrey Osbornesanさんという歌のうまい
優しい笑顔が素敵な男性の映像がよく流れていた。
完全にボーカリストだと思っていたのだけど、
彼はL・T・Dのリーダーでリードボーカルで
しかもドラマーだったみたい。
去年発表された彼のソロアルバムも
チラッと聴いたらなんだかすごくよかったので
近いうちゲットしようと思います。

まだまだご活躍されているかと思うと
すごく嬉しくなる。
もっともっと自分もがんばらなくちゃと渇が入ります。

また今日も刺激を与えてもらいに
これから仕事!がんばりま~す。


| コメント(0)


kouen.jpg

春が近づいてくると思うとホントに嬉しくなる。
さいたまの桜は
よ~く探して、数本ちらっと咲いているか?
と言ったぐらいですが、
今日の暖かさで
きっと桜は咲く気満々だろうなぁ。

昨日のshalamarにつられて
今日は同時期の「Breakwater」を聴いていました。
まだすこし冷たい春のさわやかな風にぴったりの曲、
「Say You Love Me Girl」。
これまたご機嫌なサウンドです~。
車の窓を開けて風に吹かれながら聴きたい曲。
このアルバム、特に後半の3曲がイイ~!しびれる!

そして、このアルバム
「Splashdown / Breakwater」(1980)の
ジャケットがまたすごい!
銀色のつなぎになんだかものすごい分厚そうな
黄色いブーツ。
とても春のそよ風にあたりながら聴くのとは関係なさそうな
スペーシー…いやちょっと間違えると
水道工事の業者さんのような衣装の
そんな彼らがまたとても好き。

そんなジャケ写が気になる方はココに。
(ジャケ写クリックで更に大きく見れます)

うーたんも春の公園で大ハッスル。
犬だらけの中、
うさぎ男一匹、がんばって走り回ってました。




mause.jpg

ホントにご機嫌です、last fm
大好きなのに忘れていたあの曲、この曲を呼び覚ます!

いろんなジャンル分けをしているタグがあり、
私は大体
「adult contemporary」とか「quiet storm」とかが
お決まりのチョイスになっているのですが、
なんとそこで私の青春だった「shalamar」がよくかかるのです!

shalamarを聴くと、レンタルレコードやさんだけが
頼りだった高校生時代を思い出します。
と言っても、この曲のオリジナルの発売は1978年なので
私はリアルタイムで聴いていたわけではないのですが…。
(そこまで歳食ってないれす)

かちょえ~~曲を求めて地元の貸しレコード屋さん、
上野のcisco、渋谷のciscoに通った青春時代。
(昔のciscoは今みたいなかんじじゃなかった…と記憶している)

それにしても
「Take That To The Bank」ってすごい歌詞だなぁ。
あの頃はそんなに気にしなかったけど…、
簡単にいうと
「銀行に取りに行ってきなさい、愛を」
ってこと…?
すごい、すごいよ、この歌詞。
普通、思いつかん!

しかし、やっぱりこの曲は何度聴いても元気になる!
ラスエフで聴いた後、ちゃんと聴きたくなって
CDを引っぱり出してきちゃいました。

shalamarの女性ボーカル、ジョディ・ワトリーさんは
モデルのようなスタイルで超かっこいい人。
ソロになってからもずっと好きだった。
ずいぶん前、横須賀の茶蘭花さんで
ライブの前のリハのとき、
居合わせたお客さまの女性と雑談をしたのですが、
「私、ジョディ・ワトリーとすごい仲いいんだけど、
 あなた、知ってる?」
と言われて、そりゃぁもぉ!と興奮した事もありました。

とにかく、shalamar、すごくイイですT-T。
(1982年までが特に)

実は私の右手首にマウスだこができていて
かなり痛い。
ふと立ち寄った雑貨屋さんで
鳥のうーたんみたいなぬいぐるみがあったので
マウスだこ防止手首まくらとして買ってみました。

う…かわいくてつぶせない…T-T。




fly.jpg

「うー、1ピクセルがどうしてもずれる…」
午前中からずっと頭を抱えていたのだけど
さっきやっと解決。
完璧なゴミソースの見落とし。
本当に某局長さんがおっしゃるとおり、
ソースは大事ですね、ソーッスね。

ずっと「last fm」を聴きながら作業していたのだけど
問題に気がついて解決したとたんにかかった曲が
Patrice Rushenさんの「Remind Me」。
まさに問題に気がつかされた私にぴったりのタイトル。
しかし、「ラスエフ」、いいです。
かなり楽しめます!
あんまり聴きたくない…、という曲も
飛ばすことができるし、使えば使うほど面白い!

あ~、すっきり。
鳥さんのように飛んで行きたい気分。
これで心置きなく出かけられる。


| コメント(2)


sanpo.jpg

リーダーのアイドルMichael McDonaldさんの
「Tell it like it is」を聴くと、
いつも冬にぴったりな曲だなぁ、と思う。
「Tell it like it is / Blue Obsession」(2000)

都内では桜も咲き初めているし、
冬ももう終わり。

うーたんがどう思うか確かめたかったため
昨日の結婚式の後、
先日の公園にうーたんを連れて行ってみた。

もう日が落ちそうで風も冷たく
まさに冬の終わりの公園で
念のためうーたんのきらいなハーネスを付けて
芝生の上に下ろすと…、
まんざらでもない様子。

うーたんは嫌なことは嫌だと
体を使ってちゃんと言ってくれます。
どうやら公園は好きみたい。

しばらく、どうしたらいいのかわからなくて
じっと様子をうかがってましたが
そのうち顔をふきふきし始め
とうとうかけっこしだしました。

よしよし、公園は気に入ったみたい。

もう少し暖かくなってから
もっと明るい時間に
また遊びに行こうと思います。

「Tell it Like it Is」…、
「恋はきどらず」という邦題がついたこの曲は
あのファンキーなネヴィル・ブラザーズの
アーロン・ネヴィルが1960年代半ばに大ヒットさせた曲だとか。
マイケルマック氏しか聴いたことがなかったので
元歌が聴きたい今日この頃です。
冬の歌が合う季節のうちに
聴かなくっちゃ。


| コメント(0)


marriage1.jpg

とてもいい結婚式でした。
あかちゃんのころから兄弟のように
一緒に大きくなったような従弟は
いつの間にか
すごく頼もしい人になっていて…。
今日の晴れ舞台は
感動的でした。

MISIAの「Everything」がかかった時は
感動と曲の効果で泣ける泣ける。
いろんな想いがあふれてきて
胸がいっぱいになりました。

あまりにうれしくて
飲めないお酒を彼の妹である私の従妹と飲み、
ご機嫌なパーティでした。

幸せになってね。
そしてこれからもよろしく!


| コメント(4)


toriutan.jpg

Donald Fagenさんの新譜「Morph The Cat」はすごい。
本当にすごい。
聴けば聴くほど泣けてくる。

今日は出かけるコースにお墓参りを入れ
「Morph The Cat」を車にセットし出かけた。
墓地は私の家のすぐそばで
車で15分くらい。

風の強い午後の墓地は
お彼岸でも人はまばらだった。
日差しは暖かかった。
私の前に誰か来ていたようで
供えたばかりであろうお花が
風でバタバタ揺れていた。

おばあちゃん、午前中に来たのかな?

おじいちゃん子だった私は
従弟の結婚式が控えてることと、
最近おうちでやんちゃしているうーたんのことを
報告した。

またドナフェと共に移動。
「The Great Pagoda Of Funn」が流れて
なんだか涙が出そうになった。
なんでだかはわからないけど、
たぶん強い風にあたったのと、
日差しの強さと、
3月の冬の終わりと
春の始まりのまじった雰囲気が
きっとそんな気持ちにさせたのだと思う。

墓地のすぐそばに
「見沼自然公園」という公園がある。
家からもほんの車で10分くらいのところ。

時々裏道としてその脇を通りかかるのだけれど
その公園に降り立ったことはなかった。
なぜか今日は公園に呼ばれるように
車から降り、
木々の合間から見えた池のほうに
足を運んだ。

そこはまるで楽園のようだった。
こんないいところがこんなにそばにあったのか…!

風が強すぎて
ほとんど人はいなかったけれど
水辺に鳥がたくさん。
途中で買ったパンをベンチで食べようと
手にしていたので
鳥にちぎってあげたらものすごい数の鳥が
集まってきた。
中でもうーたんになんだか似ている
小さめの鴨が気になる。
かなり鈍感なようすで
すぐ隣にパンくずをなげてもなかなか気がつかない。
すぐに大きい鳥にとられてしまう。
見れば見るほど雰囲気がうーたんに似ていたので
「鳥のうーたん」と名づけてみた。
しばらくそばにいてよびかけてると
偶然なのか解ってくれたのか
岸によってきて私の後を追うようになった。
これには驚いた。
さらに驚いたことに
手のひらからパンくずを食べるではないか!

どうやらこの鳥は
「オナガガモ」の女の子。まだ子供。
大きな鳥に追われてビクビクしながら
生きているようだけれど
元気にがんばって欲しい。

気がついたら
日も傾きかけ、かなり時間が経っていた。
体も冷え切っていた。
また来るからね、と約束して
後ろ髪をひかれる思いで鳥のうーたんとさよならした。

車で走り出すとドナフェが
「The Night Belongs To Mona」を歌っていた。
また泣けてきた。
なんでだかはわからないけど、
たぶん強い風にあたったのと、
日差しの強さと、
3月の冬の終わりと
春の始まりのまじった雰囲気が
きっとそんな気持ちにさせたのだと思う。

家に帰るとうーたんがじっと待っていた。


| コメント(0)


daibutsu.jpg

ああ、今日も何とかぎりぎりブログに間に合った…>-<。

今日の天候はまるで嵐のようだった。
早朝東京に到着した秋田の叔父夫婦と叔母夫婦を案内に
鎌倉をぐるりとまわった。

鶴ヶ丘八幡宮ではすっごく良いお天気だったのに
鎌倉の大仏さんのところでは雷ゴロゴロ。
逗子をドライブ中は大雨。

ビリーホリデイが歌う名曲の
「stormy weather」を思い出した。
もともと同タイトル映画の曲だったそうなのですが、
映画も観てみたい。
(調べたら1943年の映画でした)

久しぶりに会った叔父、叔母達は
全然変わりなく、元気で、会話も楽しく、
とてもいい旅になった。

久ぶりに
秋田にも行きたい。

運転中、ずっとラジオはWBC中継。
もぉっ、すばらしいっT-T。
おめでとうございますっ!
日本代表の皆様!
あさってもがんばってくださいっ!




goron.jpg

今日はうーたんと水入らずの土曜日。
最近毎日のように出かけていたせいか
心なしかうーたんの機嫌が悪かった。

来週からさらにバタバタの予定なので
今日はゆっくりと過ごす。
リーダーから新しい曲もビシバシ届いているので
歌詞も進めつつ、コーラスワークも考えつつ、
仕事もしつつ…。
同時進行しているときって
その時取り掛かっているものより
他のことをいろいろ思いついたりする時がある。
でも何もできなくなるよりいいか…。

Donald Fagenさんの新譜「Morph the Cat」を聴き、
息抜きにlast fmをかける。

今日はうーたんがかなり安心しきって
気がつくと私の横で寝そべっていた。
ちょっと立ち上がって移動するたびに
後をついてくる。
ここのところよっぽど淋しかったのだろうか?
ごみんに、うーたん。

last fmでChaka Khanさんの
「i feel for you」がかかった時、
出だしの
「チャカカーン、チャチャチャチャチャチャチャチャカーン」
の低い声にうーたんが飛び起きた。
どうやらびっくりしたらしい。
ギンギンのギターの音でもジーっとしてたりするのに、
どうしたのかな?

しかし、「i feel for you」は気分爽快!
なぁんてイイ曲なんだろう~。
青い澄みきった空に飛んでいきたくなる。
何年たってもイイ曲は古さを感じさせず
イイ曲だなぁ、と思える!
「i feel for you / Chaka Khan」(1984)

もう12、3年前になるかな?
山中湖jazz festivalで生でChaka Khanさんを聴き
「i feel for you」を演奏してくれたときの感動がよみがえる。

音楽とうーたんとほんわり気分の土曜日でした。


| コメント(4)


jam.jpg
「Mちゃんのジャムとチェブちゃんのチョコ」

今日も仕事中、「last fm」。
「Steery Dan」の「Glamour Profession」がかかったりで、
かなり快適&楽しいです。
自分でCDをかけて聴くのもまたイイのですが、
不意をつかれて好きな曲が流れてくるのは
また聴こえる印象も違う。
とても新鮮です。

おっと、今度はChristopher Crossがかかったぞ~。
うわぁ~い。
昼でも夜でも朝のテーマ、入浴してセレナーデ。
もとい、
「アーサーのテーマ」、ニューヨークシティ・セレナーデ。

昨夜は横浜時代のマブダチNちゃんのお誘いで
銀座でスペイン料理をいただく。
どうやら予約で満席になってしまうお店らしくて
開店と同時にお客様が続々と入店。
スペイン料理なんて
そういえば、どこかのファミレスで
スペイン料理フェアみたいなときに食べたことが
あったぐらいかも…。
基本はシーフード、という感じでした。
大変美味しかったです!

学校ではチェブちゃんにチョコがたくさん入った
詰め合わせのかわいいBOXをいただく…。
どうもありがとぉ~T-T。
激美味でした~。
お気持ちにまた涙です~T○T。

家に戻ると
地元のマブダチMちゃんから
彼女の手作りのジャムの小包が届いていました。
こりゃまたホントに美味しい!
さすが、お料理教室の先生。
りんごの甘みがホントにちょうどよくって
パンだけじゃなくてアイスクリームとか
ヨーグルトにもぴったりだわ~。
本当にどうもありがとぉ~T-T。

昨日は温かいお気持ちと
美味しいものに包まれた1日でした。
ホントにありがとうございました。

おっと今度はSteely Danの「Josie」がかかった!
やっぱり選曲が自分の好き系になってきているかも!!!
すごーい。


| コメント(4)


moon3.jpg

ここ二日ぐらいお月様がとってもきれいだった。
満月だったのかな?
うーん、確かに、
お月様の中には
うさぎさんがいるように見える。
うーたんにはお月様を指差し
「あそこにうーたんのお母さんとお父さんがいるよ」
と言って聞かせてみたりしている。
いつも無視されるけど…T-T。

最近、「last fm」なるものを使い始めた。
自分の好きなジャンルをチョイスして
聴くことのできるインターネットラジオなのだけど
これがかなり面白い。
(以前、radio365局長が前にチラッと
教えてくださったのだけど
このことだったのかな?)
すごく好きな曲がかかるとそれをポチッと登録。
そうすると自分の好きな傾向が割りだされて
選曲されていくらしい…。
まだ使い始めでよく把握していないけれど
ミクシィのように自分のページがあり
自分が聴いてきてチェックした曲の記録が
ズラッと残っている。
「あ?あの曲、そういえばなんだっけ?」
と思ってもしっかり情報が残っているので安心。
それに音もきれい。
(ヘッドフォンで聴くととてもいいデス)

last fmのインターフェースもとてもかわいいし、
ずっとパソコンで仕事をしている人には
かなり楽しめるのではないかな~、なんて
まだ触りたてながら思っております。

そんなlast fmでGrover Washington Jrさん
「Just the Two of Us」がさっきかかった。
くー、かっこいい~。
アルバムではベースがマーカスミラー氏ですが、
ライブでの(うちにあるのはLD(古っ))
アンソニージャクソンさんの顔で弾くベースは
最高です~。
というか、このライブ映像はすごすぎる!
ドラムがスティーブガットさんだし、
キーボードがリチャードティーさんだし、
ギターがエリックゲイルさん。
夢のような映像です~。
(そういえばこのLDも古本屋さんで
980円で売っていたのですよね。T-T)

そんなわけでいろいろな曲がかかるlast fm、
いろいろ聴いて楽しんでみようと思います!


| コメント(2)


wafuku.jpg

ふへ~、Donald Fagenさんの新譜は最高です。
「MORPH THE CAT / Donald Fagen」(2006)
3・14に届きたてのほやほや。
(国内版は3・29と店頭に書いてありました)
どれもこれもドナフェ節。
頭イイ系で、しかもすごくポップ。
やっぱり真剣に丁寧に作られていて
本当に凄い!尊敬するしかないです!
以前のブログにもかいた「H GANG」、
ライブで楽しそうな「SECURITY JOAN」、
「The Night Belongs To Mona」も文句なくイイし、
「MARY SHUT THE GARDEN DOOR」のvibesとRodesの
コンビネーションとか最高です~。
いやホントにもう
どれもこれもビシバシきます。

聴くことができて嬉しい。
素敵なアルバムをありがとうございますT-T。
できれば、是非、ライブでも聴きたい。

それはそうと今度従弟の結婚式があるので
着物で出席しようと思って予行練習してみた。
もちろん自分では着れない >-<。
母がお琴を長い間やっていたせいか
実家には着物がものすごい数あるから
もったいないから
これからは着物もいろいろ着てみよう、と
今回は親子で着物、ということに。

いずれは一人でも着れるように…と
いうことなんですけど
今日の予行練習をしてみて…、
うーん、かなり無理。
これはちょっとやそっとじゃ
かっこよく(ここが大事)着れませんっ。
これからゆっくり教えてもらおうと思います。

祖母に
「昔の人は毎日着物を着ていたのだからすごいね。」
というと、
「普段着と結婚式など正式なときの着方は全然違う、
正式な着方はやっぱり難しいのよ。」
と言ってました。
最近は着物も流行っているけれど…
日本人だし、やっぱり着物もいいよね…、
なんて話をしたりして
女三代で着物とあーだこーだいいながら
格闘してました。

さて、ドナフェのアルバム、また聴いちゃおう~。


| コメント(4)


long.jpg

さっき雪がハラハラと舞っていてびっくり。
空気が冷たくて真冬みたいです。
でもこの寒さも明日までと聞きました。

暖かいことはありがたい…。

ここのところバタバタでしたが、
バタバタのときにさらに追い立てられる気持ちになって
仕事が進むアルバムが
Yesのアルバム「Fragile」(1971年)。
プログレッシブは全然詳しくないのですが、
Yesはすごく好き。
というのは、
曲ももちろんすごくかっこいいのですが、
ボーカルのJon Andersonさんの声もとっても好き。
Donald Fagenさんの声が好き、
のようなノリで好きなんです。
ベースのChris Squireさんの天才ぶりにも惹かれるし、
とにかくこのアルバムは全曲通して全部素敵!
1曲目の「Roundabout」を初めて聴いた時は
あまりのかっこよさにぶっとんだ!
映画「バッファロー66」で
9曲目の「Heart Of The Sunrise」が
かかった時もぶっとんだ!
(あまりにも映画に合うので。)
しかもすっごい(後で笑うしかない)シーンでかかるので
いまやこの曲を聴くとビンセント・ギャロの顔しか
浮かびません。

ジャケットもすっごいイイし、
このアルバムは一つの物語みたいに
世界が広がる。かっこよすぎです。
なぜかホントに仕事も
まるで音楽が追い立ててくれるように
バシバシ進みます。

そういえば、以前ki910moさんが
「人のiPodのラインナップを見せてもらうと
 なぜか大体Yesのアルバムが
 何かしら入っているから面白い。」
とおっしゃっていました。
いろんな人に愛されているバンドなんだなぁ!

昨日、駅のホームから
私の故郷(というほど遠くない大宮)の
街の明かりが遠~くに見えたので
「long distance runaround(遥かなる想い出)」を
聴いてみたりしてみた。
く~、頭いい系でかっこいい~。




choco_cad.jpg

自分のバンドの曲だけど
今日はThe New Worldを聴いて
これから外出しようと思う。

歌詞の中で
「チョコレート」という言葉が出てくるけど
たぶん私、チョコ中毒なんだろうなぁ…。
やっぱり1日1カケはかかせない。
(ま、そもそも1カケでは済まないのですが…)

ここのところは激忙で
そんなときこそ、チョコはかかせない。
元気の元にもなる。
すっごい好きなチョコ、
キャドバリーの フルーツ&ナッツ。
今回も眠気にこのチョコでなんとか過ごせました。
こうなると美容とか気にしてられない。
そんなことではいかんゾ~、と
後で反省していたり。

でもやっぱりやめられないとまらない。
チョコレート依存症なのであります。
虫歯には気をつけます。


| コメント(2)


mabashi_27.jpg

昨夜は千葉の馬橋というところで
J-Blues Bandのライブでした。
1ステージ目はオールディーズ、
2ステージ目はブルースという
2ステージ構成で
私の出番は前半だけの出番。

でもJ-Blues Bandのときは
私はいつも自分が出るというより
ほぼリスナー気分。

今日はいったいどんなステージになるんだろう~、
とわくわく気分なんです。

昨夜は凄かった。
久しぶりに凄かった。
リードギターの伊藤さんがノリノリのときは
バンド全体が燃えてくる。
昨日は伊藤さん、とっても嬉しそうで
楽しそうで最高の演奏でした。

ブルースハープの並木さんもゲストで遠くから
駆けつけてくれて
こりゃまた凄いんです。泣ける。
ハープ一本で食べている並木さん、
本当に渋い、しびれる。
TMaMのアルバムも聴いてくださって
今度ライブでゲスト出演してくださるって
おっしゃっていただいちゃいましたT-T。

ものすごい大きい音量なのですが
それが全然気にならない!
いいステージってそういうこと、
全然気にならないんだよなぁ。
エンディングでお決まりのB B Kingの
「Guess Who」を演奏。
いつ聴いてもいい曲だぁ…。

音楽はやっぱりすごい…。
楽しい!

あー、TMaMもはやくライブやりたいデス~っ。
はやくレコーディング仕上げなくては~っ。


| コメント(0)


fugu.jpg

今朝は自分の悲鳴で目が覚めました。
火サスのような夢でした。
犯人に追われる夢だったのですが、
あまりの怖さに「ヒィ」と声が出てしまったみたい。

これは仕事に追われている心の現われなのだろうか?

それはさておき
昨夜は私の歌の師匠、
Jazz Vocalistの吉野美知子さん
先生のホームグラウンド吉祥寺で
楽しい夜を過ごさせていただきました。
先生とお会いしたのは本当に久しぶりで
いろいろな話で盛り上がりました。

先生はジャズボーカリストですが、
それだけにとどまらないアーティストで
いつも前を向いていてとってもかっこいい大人の女性です。
とにかくオーラが凄い!
駅で待ち合わせをしても
遠目でもすぐにわかるオーラを放っています。

音楽のことアートのこと、
話はつきなくていつも午前様になってしまいます。

先生の2001年のアルバム「After a long spell of rain」を
戻ってから引っ張りだしてきて
セロニアス・モンクさんの名曲「'round midnight」を聴きました。
夜中に聴く「'round midnight」は格別に素敵です。
ずっと闘ってきた大人の女性の強さと優しさが
スーッと通りぬける歌声です。

先生のサイトはただ今リニューアル中だそうです。
新しいサイトの完成もとっても楽しみ。

あ、昨夜のお料理は「ふぐづくし」。
ふぐって美味しいのですね!
初めてのたまらない美味しさでした~。


| コメント(0)


moto.jpg

一昨日は望月さん、
昨夜は映像ディレクターの田代さんと、
2連日で、オートバイと共に生活し、
誰よりもオートバイを愛するお二人にお会いしたせいか…
モト魂に再び火がついてしまった。

田代さんはパリダカやBAJAなどの
世界のラリーレースに出場してしまう
ものすごいパワフルな人。
乗り物の話は熱い!凄い!楽しい!

そんなわけで
駐車場で検切れにされてしまっている
私のオンボロオートバイを復活させようと思う。

実はここのところ
ずっとオートバイに乗りたくてうずうずしていた。
昔は冗談みたいだけど
いやなことがあってもオートバイで走るとすっきりした。
走った後はいやなこともどうでもよくなってしまっていた。

先日、私の大好き№1映画「男と女」の監督
クロード・ルルーシュさんのドキュメンタリー映像を見直したら
「仕事に行き詰ると車で疲れ果てるまで走る」
と言っていた。
なんだかその気持ち、よくわかる。

なんだかんだで
11年も私のそばにいてくれているオートバイ。
乗るのを待ってくれているとしか思えない。
(↑車検通せばいいんじゃん!)

よし、お金かかっちゃうけど、
車検、通すぞ!

次のRadio365収録のときは、
新しい曲「Joy Ride」をちょこっとOn Airする予定です。
はやく、Joy Rideしたいな~!


| コメント(4)


gras2.jpg

今月は嬉しい楽しい約束がたくさん!

昨夜は
アルバム「reason」の「story」のPVを作ってくれたり
本当にTMaMもお世話になっている
イラストレーターの望月さんのお誘いで
国立市のフランス料理レストラン「GRAS」に行きました。

風情人望月さんは
いつもなんでこんなこところ知っているの?
と思ってしまうほど味わい深い素敵な場所に
連れて行ってくださるのですが…
昨日のお店は本当に素敵でした。

フランス料理、というと
結婚式のお食事で食べたことがある…、
といった程度の経験しかない私でしたが
「GRAS」さんは本当にゆったりと落ち着けて
お料理も会話もじっくり楽しめることのできる雰囲気。
インテリアがこりゃまた素敵。
それにお料理…なんと美味しいのでしょうかっ!感動!

ホントにフランスの家庭で楽しく家庭料理をいただいている、
って感じなのです。(フランスに行ったことないけど…)

オーナーご夫婦もまた素敵で…
時々奥様がワインとかお食事を持ってきてくださるときの
会話がとっても楽しかった。
フランス料理だったけど
映画「トスカーナの休日」の
食事のシーンを思い出してしまいました。

で、また店内でかかっていた曲が最高~。
Jazz、Rock、Bossa Nova、Blues…
などミュージシャンでもあるオーナーシェフの
ご趣味だそうなのですが、
ホントにイイ音楽がかかるんです。
Donald FagenさんのFlorida Roomがかかったときは
思わずうれしくて口ずさみながらお食事してしまった。

最近は仕事の合間に急いで食べる、
ということがほとんどだから
時々はこういう贅沢な時間もいいな…って。
「食事をするっていいね」、としみじみ思う夜でした。

望月さん、GRASの皆様、本当にありがとうございました。

いつもとは違った空間だったせいか
今進行中の新曲の歌詞もちょこちょこ浮かんできたゾ。


| コメント(0)


bread.jpg

昨日、打ち合わせの時、
京都のお豆腐やさんの酵母から作られているという
パンをki910moさんにいただきました
中がもちっとしていてとっても美味しかった!
種類によって中にオリーブが入っていたり、
松の実が入っていたり、くるみが入っていたり…。
入れたてのコーヒーと共にいただいちゃったりなんかして
とても贅沢な時間を過ごさせていただいきました。
ごちそうまでした!

週末、千葉のライブハウスで
オールディーズのバンドから声をかけていただいています。
オールディーズのバンド、
というのは営業のためのジャンルで
本当はこてこてのブルースバンド。
1970年代から続いている年季の入った渋い渋いバンド。

ブルースを演奏するときの皆さんは、
とにかく、凄い。
これは聴かないとわかならいのですが、とにかく凄い!

営業的にオールディーズをやっているときは
気持ちが上の空なのが見ているだけでわかるのですが(←ダメじゃん)
ブルースを演奏するときは顔つきまで変わります。
大体みんな気持ちの高揚と共に
ボリュームをどんどんあげていくから
最終的にものすごい音量になり、
大体苦情がきたりして(ホントに)
みんなで終ったあと、
「なんだよな~」とか言ったりしてます。

やっぱり長く続けているミュージシャンはオーラがある…。
かっこいいです。

ブルースがとにかく好きで好きで、
おじ様たちはいつも集まると
大音量でグランドファンク(ロックも好き)とかを聴いて
誰も聞いてなくてもそれぞれが好き勝手喋っている。
もちろんお酒はかかせない。

そんなおじ様たちに歌い始めの頃から、
しっかり叩き込まれたブルース論。
あまりにディープで私は好みが道を外れてしまいましたが
でもやっぱりいいものはいい。
中でも私が好きになったブルースマンは
ブルースハープのJames Cotton
アルバム「100%Cotton」(1974)は最高!
ちょっぴりファンクテイストのブルース、
「one more mile」という曲が特に好き!

ブルースマンのおじ様たちに言わせると、
「あー、あれはダメだね。」と言います。

本当は自分も大好きなのに、
大体いつもひねくれてて素直に「うん」とは言わないところが
好きなものに対しての愛情なのかな…。(笑)

15年来、お世話になっておりますが、
いつもいつもかっこつけているおじさまたち。
私もブルースバンドの皆さんのように
ずっとずっと音楽続けていきたいな、
と思わせてくれる素敵な先輩です。

週末、私も楽しんできますっ!


| コメント(0)


tsume.jpg

今朝もうーたんに足を何回もつんつんされて
起きました。

あ~、またしてもやってもうた。
床の上でうたた寝。
(うたた寝というかしっかり寝ている…)
作業中、
「ちょこっと休憩~」という甘え心が芽生えると
パソコンを前にしてごろんとするのですが、
最近は大体、そのまま朝になっていることが多い…。
しかっし、よく風邪ひかないなぁ~、私。
自分で感心してしまいます。
流石バカは風邪ひかぬ。

床寝で目覚めると、
大体うーたんはお気に入りの椅子の上から
「じーっ」と私を見ている。
「また、そんなとこに寝て…」
と言わんばかりの目つきで。

大体床寝の朝は
乾燥しきって顔はガビガビ、
床の固さのおかげで体は痛いし、
だるだるのよれよれの朝を迎えることになる…。

ああ~、
Al Jarreauさんの名名名曲「mornin'」のような
さわやかな素敵な朝を迎えたい。
それにしてもこの曲、
ホントになんてすばらしいんだろ~か…。

さて今日もさわやかにがんばろうっ!
あたっ、背中痛っ>-<。


| コメント(3)


yagi.jpg

今日は暖かい!
気持ちよくて嬉しくなっちゃいます!

うちのそばに
歩いて15分ちょっとで行けるところに
ミニ動物園があります。
うわさには聞いていましたが
ちょっとついでに寄ってみました。
(↑現実逃避か?)

実は
あのミニ動物園にはうさぎさんがいる…、
という情報をネットで発見したことがあり
前々から訪れてみたかったので、
お天気もいいのでふらふら~っと。

きゃ~、かわい~T-T。
いるいるいる~!

正面に動物園の人気者、
レッサーパンダくんが2匹。
入って右側は鳥の楽園。
(フラミンゴまでいる!きれい!)
左側にやぎさん、羊さん、鹿さん、モルモット集団。
うきょ~、かわい~。

うさぎさんはなんと鳥さんチームのエリアに
一匹だけ…、
「とうほく野うさぎ」という真っ白いうさぎさんが
池の隅っこでちょこっと座っていました。
かわいい…泣ける。

とっても小さなとってもきれいな動物園でした。
動物園の方が大切にしてくださっているのだろうなぁ、
と嬉しくなっちゃいました。

そんなわけで今日の気分は、
ゴンチチさん
アルバム「Blank Ant's Life」(1995)の
3曲目にトラックされている
「Dirac in Zoo」。
これからの季節にぴったりの
なんとも気持ちの良い曲です!
軽快なリズム、テンポにガットギターが気持ちいい~。
最高~!
この曲をバックに
野原をうーたんと駆け抜けたい~。
(うーたんは外が怖くて固まりそうだな…)

また動物園、ふら~っと行ってみよう~。
mikiCo in Zooですけど。


| コメント(4)


taiyou.jpg

今日は打ち合わせで朝から外出。
うーたん、1日放っておいてごめんっ >人<。
信号待ちでまたパチリ。
「太陽にほえろ」みたいな写真になっちゃった。

戻ってきて
テレビをつけたら
ちょうどテレビ東京で「ドリカム」の
ドキュメンタリー番組が始まった。

感動した。
涙があふれて止まらなかった。
作ること、っていいなぁと思った。
そして
私はやっぱり音楽が好きだ!
音楽なしは考えられない!、と思いました。

ドリカムの「love love love」を聴くと
ただただせつなくなります。
すーっ、と素直に心に入ってきて
ただただせつなくなります。
そういう音楽が
すごくすごくイイ音楽なのだと思う…。

そして
尊敬するお二人が
一生懸命に取り組んでいる姿は
本当にかっこいい…。素敵です。
胸をうたれられまくりでした。

音楽ってすごい。
やっぱり音楽だけはやめられない!
と、元気と勇気をくれた1時間でした。

よ~し、TMaMもがんばるのだー!
 (おっと、仕事もがんばります…T-T)


| コメント(0)


hanabi.jpg

今日もぎりぎりアップのblog。

今日は車がなんだかとっても混んでいました。
信号待ち、ふと外を見たとき、
「あ!花火?」
と思って写真をパチリ。
パチンコ屋さんのネオンでした。
まるで花火が本当に上がっているかのような演出。
すごいうまくできているネオンだなぁ。
ズバリ、アイデア賞!

今日はDonald Fagenさんの「Kamakiriad」を聴いて
運転。
先日寄った中古CDショップにも
7枚も並んでいました。
またしても買い占めたくなってしまった。
「Kamakiriad / Donald Fagen」(1993)
カマキリは
ドナフェ好きやスティーリーダン好きの方には
あんまり評判がよろしくないみたいなのですが、
私はこのアルバム、大大大好き。
サウンドももちろん大好きだけど
世界観も本当に素敵、イメージ膨らみまくり。

ドナフェさんの北米ツアーが始まっている。
ミクシィのSteely Danのコミュニティで
セットリストが書かれていました。
 (素晴らしい情報量でいつも助かっております…)
すごい!すごい!生で聴きたい!
と本当にうらやましがるセットリスト。
中でも
The Nightfly
New Frontier
Home At Last
The Goodbye Look
Snowbound
Black Cow
Tomorrow's Girls
I.G.Y.
とか…、うぉ~、日本に来て欲しい。
アメリカに飛んで行ければ
一番いいのですが…。

ドナフェさんの新しいアルバムの曲も聴けてしまう
ドナルド・フェイゲンドットコム
トップのドナフェ写真はなんだかかわいいゾォ。
「H Gang」、いや~んキタキターって感じです。
間もなくの新譜発売も待ち遠しい。

Tomorrow's Girlsの地球侵略はまだまだ続く…。


| コメント(0)


locomoco.jpg

今更なのですが、
マンガの「ゴルゴ13」に実写版があったなんて
知りませんでした。
それもゴルゴ役が高倉健さんとは。
なんて文句なしのキャスティングなんだろうか!
そっくりではないか!

キャスティングといえば先日、
またまたJ-Waveでピストンさんが
マンガ「コブラ」の実写版をやるとしたら…
の話をしていて、
「コブラは阿藤海だな~。」
と言っていました。
あのコブラのコスチュームの赤いタイツを想像したら
ものすごいウケてしまった…。
ホントによく思いつくなぁ~。

ここのところblogで書いていることで
The Winansの音楽を改めてよく聴いています。
今さら…、と言っても
やっぱりいいものはいい!
今日はこのアルバム、
「Decisions / The Winans」(1987)。

1曲目にトラックされている
ain't no need to worryは
私のあこがれのボーカリストのひとり、
大好きなAnita Bakerさんが参加しているし、
7曲目のlove has no colorは
リーダーのアイドル、Michael McDonaldさんが
The Winansのみなさんに負けない熱い歌声で参加。
ain't no need to worryを聴いていると
ホントに、
「心配なんかすることない…」
とゆったりした気持ちになる。(←単純)
バンドも生音だし、
すっごいすっごいいいアルバムだなぁ~、と改めて思う…。

今日の写真はチキンロコモコ。
ワンプレートのご飯って
なんだかお子様ランチみたいで嬉しい。
目玉焼きがあるとまたまた嬉しい。
ああ、ハワイに行きたい~。


| コメント(9)


baum.jpg

昨年暮れ、友人の車の中で聴いて
その時、改めてグッときたRaul Midow。
J-Waveでもよくかかっていたし
気になってはいたものの、
友人とのちょっとした移動の途中で耳にし、
ハッとして、やっぱり買わなくちゃ!
と思ってゲットしたアルバム、
「STATE OF MINE / RAUL MIDOW」(2005)
そのときの、タイミングとか雰囲気とか自分の状態とかで
今まで気がつかなかったことにハッとすることって
よくあります。
ゆったりした音楽も好きだけど
State of mineのような、
秘めた想い、戦っている音楽も大好き。

J-Waveといえば、
昨日、何気なくかけていたDJ Taroさんの番組で
バームクーヘンを特集していました。
私、バームクーヘン、大好きなのですが…、
ついつい、一枚一枚はいで、食べようとしてしまう。
(↑長い間食べていたい為、貧乏性、せこい)

姉が日本に帰ってくるたび
日本でしか食べれないお菓子を食べたがるのですが、
ユーハイムのフランクフルタークランツも
そんなお菓子の一つ。
あの周りの白いのがたまらない~。
…でもそういえば
ここ何年か姉が帰ってこないので
食べていないなぁ。

昨日はDJ Taroさんのラジオを聴いたあと、
たまらない気持ちになって
バームクーヘンを買いに行ってしまいました。
近所で手軽に手に入れることができるバームクーヘンで
一番好きなのはPascoの「厚ぎりバウム」。(写真)
周りの白いお砂糖がたまりませんがな。

ただいま仕事の息抜きにおやつタイム。
「state of mine」を聴きながら、
「バームクーヘン、最高~!コーヒーもうまいぞぉ~。」
今、私の状態はそんな感じです。


| コメント(8)


dontleaveme.jpg

今日は雨がどしゃどしゃ降っていてびっくり。
ちょっと傘をささずに出ただけで結構濡れてしまったり。

行き詰まりの仕事の中、
最近はFlash、楽しくなってきました。
「これをこういう風に動かしたいんだ~!」
そんな欲求がないので
いろいろ試して面白がっている程度ですが。
音楽に合わせて画像を作るのは
すごく面白いかも…、なんて思ったり。

仕事に夢中になっていると、
ふと足をつんつんされ
下を見ると
愛兎うーたんが
「ぼく、ここにいるけど忘れてないよね?」
とアピールしてきます。

くー、おまいはー。
なんてかわいいやつなんだー。

最近は一緒にかけっこしたりしてます。
走る私の後ろを追っかけてきます。
嬉しいとぴょんぴょん跳ねるので
大変解りやすい。
1日に何度も部屋を一緒に走ってます。

数日前のブログで引っぱり出してきた
The Winansのアルバムを今日はヘビーローディングしてました。
やっぱりいいなぁ~。
「don't leave me」という曲はサビがめちゃめちゃかっこいい!

うーたん、ずっと元気いっぱいで
ずっとそばにいてね~T-T。


| コメント(5)


2011年5月

Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31