2004年11月アーカイブ

御礼が遅くなりました。。。
11月28日 新宿LIVEたかのやさんでの
CD発売ワンマンライブにおいでいただきました皆様、
本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に
ありがとうございました。
たくさんの皆様のお陰で無事に終える事ができました。
あんなに嬉しい事はありません。
幸せな時間でした。
これからもみなさんに楽しんでいただける音楽を
おおくりできますよう精進いたします!
これからもどうぞTMaMをよろしくお願いいたします!

(今日は写真がなくてごめんなさい)




tmam4s.JPG

ライブ2連チャンの前のブログ3連チャン。
いよいよ明日からライブ2days。
ライブの案内をハガキやメールなどで出させていただいておりますが
本当に本当に泣けるのが皆様の温かきお言葉。
「ライブ行くよー、がんばってるね!」
とお電話やメールのお返事をいただき
本当に本当に感激です。こんな嬉しいことないですっ。
皆さん、本当にありがとうございます。

明日からの2days、
皆さんに来て良かったと思っていただけるようなライブにしますっ!!!!!!

To Make a Miracle、
奇跡を起こしますっ!
気合いだーっ!




11-24_2.jpg

もぉ〜いくつ寝ると〜♪
あと4回寝ると11/28のCD発売記念ライブ。
昼夜が割と逆になってしまっている私には
大変解りやすい日数の数え方ですね。

そうそう、ミニアルバムThe New World、
ライブにおいでいただける方には、
お持ち帰りしていただくようになりますので
耳にしていただけるようになると思うのですが...、
それはそうと今日の夕方前の空、
まさに私としてはThe New World的な気持ち良い秋の空でした。
The New World的な...、というのは、
うーん、なんというか...、
よし!新しい世界でがんばるぞー!って
気持ちになるような...、ということです!

本当に清々しい秋の空でした。
明日もあさっても、常に新しい気持ちでがんばりたいです。

あと4回寝ると「たかのや」さんでのライブ。
おっと、その前に
あと3回寝ると「横浜SHAKE」さんでのライブがあります。
こちらもオリジナルメンバーでガッチリお送りします!
是非是非お立ち寄りくださいませ。


| コメント(2)


book.jpg

この本は私が小学生の時に大好きで大好きで
何度も何度も読んでいた本。
フランスの作家、アンドレ・モロアさんの「デブの国、ノッポの国」
長新太さんの挿絵と共に
想像力をそそる相当おもしろいお話です。
一種、SFでもあるし、
また人としてどういった姿勢であるといいのか?
なんてなことを伝えようとしているのではないかと
大人になって読むと更にいろいろ発見があります。
私のSF好きもこの本から来ていたりして...。

それはそうと今回のブログのタイトル
「本質をとことん理解してから肉付けをする...」
この言葉を物語の最後の解説の部分で書かれていました。
果たして小学生がこの言葉を読んでわかるのだろうか?
と、思いましたが、
今の私にはよくその言葉の意味が深く身にしみる。
何かを長く一生続けて行こうとするならば
この言葉が身に付いていないと
一発屋さんになってしまうのだろうなぁ...。
この本の最後の解説は本当に奥が深い。
絶対に小学生には難しいと思う。
でも志や意識を高いところに癖づける為には
いいことなのだろう...と思います。

逆に言えば、
本質を理解しないと肉付けは出来ない。
ということで日々厳しく練習、練習、
そしてライブは楽しく演奏する!それしかない!
音楽はやっぱりいい!
それにしても一日24時間は少なすぎる!

なんか今日のブログ、堅いっ!堅いなーーーーっ!
大事なライブ前で緊張したるのかーっ?
「デブの国ノッポの国」読みたい方、
いらっしゃいましたらお貸しいたしますです。(マジで)


| コメント(2)


TMaM5.JPG

オオテラジオでもお知らせされておりましたが
11月28日日曜日、「新宿LIVEたかのや」(家系)さんで
To Make a Miracle CD "The New World" 発売記念ライブが行われます。
たかのやさんのサイトでトップページで扱っていただいておりますが
大変素晴らしい企画をしてくださいました。
『新宿LIVEたかのや"R25"ラウンジミーティング Vol.1』
大人向けの音楽と、
心持ちゆったりしたパーティーテンポで構築されるLIVE&DJを
今話題のラウンジスタイルで楽しむライブパーティー

ということなのです。
ライブハウスでの対バン形式とはちがった
かなりリラックスできるワンマンライブになりそうです。
2000円でCDもお渡しいたしますので
絶対に絶対にもうこんな企画はないと思います!
(すでにCDをご購入いただいている方は1000円です)
あ、ドリンクは別ですね。

昨日、別のイベントでソロで歌を歌ってまいりましたが
その出演者の中に新潟からお見えになった方がお2人いらっしゃいました。
大地震を乗り越え、まだまだ不安が続く日々ですが
それでも音楽を演奏しに東京までお見えになる、、
「好きなやりたいことをがある」、
ということはそれだけで人生を数倍楽しんでいる、と思いますが
「好きなやりたいことをやれる環境にある」、
というのは、これはまさに奇跡に近い!
本当にこの環境に感謝するしかありません。

人生、いつなにが起きるかわからないですし
「The New World」のジャケオビにki910mo氏が
書いてくださいましたが、
「今、To Make a Miracleが伝えたいこと」を
お届けできるというありがたい環境の中、
精一杯ベストを尽くします!
ご協力、応援をしていただいております皆様、
本当にありがとうございます。(号泣)


| コメント(4)


rtebaldi.jpg

運命をも変える、人が人を惹き付ける魅力的なものには
いろいろなものがある。
ディティールだったり、雰囲気だったり…。
目力の強い人は人生勝ち組、と聞いたこともある。
それはやはりその目に宿る力がとても魅力的だから
人生もまた魅力的なものになるのだろうな。

歌声もまたワン&オンリー。
人を惹き付ける魅力になっている人がたくさんいるでしょう。
ここ最近私が聴いて涙した声の持ち主は
前回のdaytime watchで紹介したanita bakerさんと
今回のdaytime watchの主役、Renata Tebaldiさん。
クラッシックではマリアカラスさんと並ぶほど有名な歌姫。
ふっくらとした柔らかくやさしく美しい歌声、
地面から伸びるような力強い声量、
歌う事はこんな素晴らしいことなんだ、と
この方の歌を聴くとまたしても涙がとまりません。

クラッシックがすべて、という母の影響で
ほんの少しだけオペラなどを聴いたりして…
(でもまったくと言っていいほど知らない)
たくさんの、本当にたくさんの素晴らしい声楽家の方がいらっしゃいますが
やっぱり私はRenata Tebaldiさんが好き。
ふところの大きな大人の女性を感じます。
宇宙にも通用する歌声、宇宙レベル、って感じ。(なんだそりゃ)

Renata Tebaldiさんを知り好きになったのも母の影響。
母は高校生のころから大ファンで
来日講演を聴きに行きあまりに素敵で涙が止まらなかったそうです。

今日は彼女の歌う
Cileaのイタリアオペラ"Adriana Lecouvreur"の
" Io son l'umile ancella"で泣けてます。
(でも本当にクラッシック、全然詳しくない)

人を感動させる力ってすごい。
だから音楽はやめられない。
感動を与えてくれる先輩方には敬意が絶えないのであります。




tree2.jpg

昨夜のシェイクさんへのライブにおいでいただきました皆様、
どうもありがとうございました、またホントに泣けました。

昨日はなんとなく暑かったような気がしたのですが
今朝出掛ける時、玄関を出た瞬間、
空気が冷たくて、冬の匂いを感じました。

そして帰り、、、、
最寄りの駅に到着すると駅前の広場で
クリスマスツリーの点灯式典が行われていました。
バスが来るまでで20分近く時間があったので(←超不便)
式典で行われていたイベント見物しちゃいました。
そこでは地元高校生の吹奏楽部が演奏していました。
やっぱり生楽器の音はいいなぁ。
日も落ち冷たい空気の中、一生懸命演奏している女の子たちが
とても印象的でした。
演奏もとても素晴らしいかったのですが(うまかった!)
また一生懸命やっている姿にさらに泣けてきました。
真剣に取り組んでいる姿って、美しいですね。

クリスマスツリーの前でたくさんの家族がとっても楽しそうに記念写真を撮ったり...、
人も少なく小さい街ですがとてもいい街なのだなぁ、と...思いました。
昨日の横浜の夜景は本当に本当に素敵!!!(世界一!)でしたが
今夜のツリーも小さいながらも
ホッと温かい気持ちにしてくれる素敵なイルミネーションでした。

たくさんの人に見つめられてツリーはピカピカに輝いていました。


| コメント(2)


ohtela.jpg
mikiko.jpg

ああ゛〜、懐かしすぎるっ。
MOを整理していたら、こんなに懐かしい写真が出てきました。
四谷にあるブラジル料理レストランでのライブの写真。
我らがidegoo師匠が撮影してくださいました。
このライブのあとに初めて発表したアルバム「sunshin music」の
インレイに使わせていただいたのです。
(idegoo師匠、その節はありがとうございました。)

大寺さんの後ろ毛が短くて髪が真っ黒なのも歴史を感じますね。
(勝手に載せるなっ!って?)
私もコレ以降ですね、髪を伸ばしたのは...。
(というか、放っておいたら伸びた、が正解)

でもでも
過去のライブより、これからのライブ、がんばりますっ!!!!!!!
11/28(日)のCD発売ライブは
To Make a Miracleのワンマンライブになります。
是非是非ご来場ください!
時間、チケットなどの詳細も決まりましたので
「ライブ、その他の予定」にすぐにアップしていただきます、
チェキラーーーーーーーーーーッ。


| コメント(6)


mikiko2.jpg

書き込み出来るときは毎日でもブログ!
ってなわけで今日も「reasonジャケット秘話」。
この写真もアルバム「reason」のブックレットに載っている写真です。
ブックレットではセピアカラーでしたが今日はフルカラー。
以前住んでいた実家、私の部屋でした。
30年近く住んでいた家でしたが(歳がばれるではないか!)、
実家が引越しをした為、もうこの家に入る事はできない...。
私を大人へと成長(中身はまだまだ子供ですが)させてくれて
またいつ時も家族を守ってくれた優しい家でした。
思い出が心の中でたくさん詰まっているから寂しくはない(?)けど、
感謝の気持ちでいっぱいの私のふるさとです。

私の横に寝そべっているクリーム色のギターは
フェンダーのストラトキャスター、マイギターなのであります。
むか〜し、昔、そのまた昔、ギターを弾きながら歌っていた時期もありました。
もう今はそんな無謀なこと...、恐くてとても出来ないですからぁーーーーっ。残念ーっ。


| コメント(4)


ship.jpg

reasonジャケット秘話 その3でご紹介した有明フェリー
reasonのブックレットではこの船体の一部の写真も載せていました。
湾の中を進む、潮風のとても気持ちよい美しい白い船でした。
ブラジルのアーティスト、ロベルト・メネスカルさんの曲で
「o barquinho」(ウ・バルキーニョ)日本語で小舟、
という意味の曲がありますが、
この写真の船はちっちゃい船ではなく、
いわゆる船 navio でした。(←調べてみた)

いつかタイタニックくらい大きな船にも乗ってみたいなぁ。




sample.jpg

今日は祭日スペシャルでブログも2投稿目。
11/9発売のミニアルバム「The New World」のサンプルが
今日届いたのです!
とってもとってもきれいな仕上がりで大満足です!
ジャケットのイラスト&トータルデザインをしてくださいました
大寺聡さん、ありがとうございました!
皆様、音楽同様、ジャケットも楽しみにしてくださいっ!

11/28の新宿「たかのや」さんでのレコ発ライブでも
このアルバムに収録されている4曲は全て演奏します!
是非、ご来場くださいませっ!


| コメント(4)


kamome.jpg

またまたreasonのブックレットに使われている写真の紹介です。
この写真は
長洲(熊本)-多比良(長崎)間を往復する有明フェリー船上からの撮影。

気持ちのいい写真をメンバー写真の間に挟みたかったので選びました。

九州への旅は人生で2回目でした。
高校生の時の修学旅行と、この日、親戚の法事の為に...。
実は法事の前に、大阪の友人
鹿児島の友人(といっても大寺さんのお兄さん)を訪ねてから福岡の法事と向かったので
わたしにとってはかなりの長旅でした。
何か用事があるようなこういう機会でもないと
普段滅多に旅などに行く事はないので
嬉しい再会と出逢い、日頃の疲れを癒してきたように記憶しています。
これも4年近く前のお話なのですが...。

福岡での法事のあと親戚一同で車で乗れるこのフェリーに乗り
長崎島原、雲仙普賢岳、などをまわりました。
雲仙温泉は私の大好きな岸恵子さんの「君の名は」の舞台でもありますし、
そんな場所に行けてとても嬉しかった...、九州を満喫した旅になりました。

とにかくこのフェリー、カモメがすごいすごいすごい!
手にえさを持っていると横まできてくわえていっちゃうくらい
接近してくるし、本当にものすごい数のカモメでびっくりなんです。
渡航時間40分、行きも帰りもほとんどカモメと遊んでいた私でした。




2011年5月

Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31