20170522.jpg

夕陽があんまりきれいだったので
見沼田んぼの景色をパシャリ。
田んぼに水がはるとカエルの大合唱がはじまります。
巣作り用に田んぼの泥を取ったり
水面に飛ぶ虫を取ったりで
ツバメさんたちも元気な姿を見せてくれたり。
5月は本当に美しい。

ここ2週間
いろいろなことがありました。
文章になかなか書き留められなくて...。
でも心の日記にしっかり刻んだ!笑
刺激をくださった先輩方や
共にチャレンジしてくださった仲間に感謝!

5月に予定していた2つの本番が終ったので
ちょっとホッとしています。

さぁ!
6/7(水)の自由が丘のTMaMライブに向けて
がんばらないと!
すっごい懐かしい曲もやることになったので
今の私達で演奏するとどんな風になるのか...、
すごく楽しみです。
決まったカバー曲も、ホントにステキな曲でして、、。
あの曲が演奏できることがとっても嬉しい。
いえいえ、、、、
まずは、リハでやってみないとまだわかりませんね。笑
リハ、、そして新しい場所自由が丘での本番。
心をこめて全力でがんばります。
平日ですがお時間が大丈夫でしたら是非!
この度、なんと!
Trailerを作っていただきました!
自分で作るものとは切り口が違ってとっても新鮮!
ありがたいことです。
ホントに嬉しい。。。
ありがとうございます。

TMaM Live at McCartney 2017 06 07 Wed. <Trailer>


そして、、、
今年の夏の終わりの9月には
「Out of Bounds」と「みかずき」のライブにも参加させていただきます。
もう、両バンドとも難曲揃いなのに
みなさんの情熱が素晴らしくて、本当に刺激的!

先日、みかずきのリハがありましたが
いいものを作ろうとする愛ある現場はホント楽しい!
曲が凄すぎて私はめっちゃ必死ですが、ホント、楽しみです!
がんばるぞー!

OBのリハはこれからですが
先日今回ご一緒してくださるホーンセクションの方々と
顔合わせお食事会がありました。
どんな風になるのか楽しみだー!

そのOBのお食事会のお店のBGMがなんだか心地よくて...。
宴も酣の頃、流れてきた曲がとっても好みのタイプで
ちょっと曲名を調べたくなってソワソワしていたら
メンバーのシゲさんもたけむらさんも同じように気になったらしくて
慌ててShazamで調べました。
こんな感じのBGMに反応する...、
OBメンバーならではな現象で面白かったな。笑

そんなわけで今日の音楽はShazamで調べたその曲を...。
夫婦デュオ「kindred the family soul」の
Jasmine Sullivanさんをフューチャリングした
フロー感あふれる美しい曲です。
アルバム音源とライブ映像、2つありましたのでリンクします。


I am / kindred the family soul

この曲を聴いていて
Marsha AmbrosiousさんのButterfliesを思い出しました。
マイケル・ジャクソンも歌われた名曲ですね。
この曲もブラックミュージックの美しさがあふれる
名曲だと思います。

音楽って
ホント、、、
胸がいっぱいになります。


Butterfiles (Remix) by Marsha Ambrosius ft Michael Jackson


| コメント(0)


20170509.jpg

3年前の今日は姉に12年ぶりに会うために
アメリカに向かった日。
久しぶりの一人海外でドキドキでしたが
とにかくたくさんの刺激を受けた日々でした。
姉の家族にも、義兄の両親や弟妹家族にもゆっくり過ごすことができて
本当に嬉しかったな。
みんな同じように歳を取るわけだし
お互いが元気なうちに
たくさんたくさん逢いたいな、と改めて思った二週間でした。
そんな風に思っても
なかなか思うようには行かず
あれから3年も経ってしまった。
あっという間のようで...
とっても長いようで...。

先月iwashiライブの打ち上げでも
リーダーえんどさんのブラジル子供時代の
同級生の方とたまたま来日していたそのお兄さまが遊びに来てくださって
ブラジルのお話や今住んでいるマイアミのお話をたくさん伺って
話しているだけで外国に行ったような気分になりました。

もちろん、どこに行っても
いろいろな人がいるのだろうけれど、
少し外に心を向けて人と出会うと
自分のハートがあたたかくなる気がする。
世界は広くてあたたかくて愛につつまれて
自分自身とたたかいながらも
自分が自分らしくいればいい、って思わせてもらえる。

チャンスは無かったわけではなかったのに
私は外に向かうドアを閉めてきたなぁ...と思う。
今、ここにきて、それをちょっぴり後悔したりして...。
いやでも
いつでも自分次第でどんなドアも開けられるのだとも思う。

ステキな出会いや体験は
ドアを開けるきっかけにもなりますね。
挑戦する気持ちは持ち続けたいなぁ、、、。
今のところ、それが憧れ。

さてさて今日の音楽は
ブラジルのMPBミュージシャンJorge Vercilloさんが
Luana Malletさんとデュエットしている
美しいMPBの「Quem」を。

先日Jorgeさんのinstagramで
レコーディングミックスダウンしている映像がアップされていて
それがほんの数秒なのですが、すごくワクワクする映像で...。
こちら ↓。

In NYC, mixing english version of "Final Feliz" ( Closest Friend ) with engineer Kevin Killen, Omar Hakim in Drums and Sandro Albert production.

Jorge Vercilloさん(@jorgevercillooficial)がシェアした投稿 -


こういう時のこういう感じって見ているだけでもワクワクする!
英語でのレコーディング、というというところも
チャレンジしている感じがしてワクワクしました。

「Quem」は本当に美しい曲。
まさにブラジルのMPB!という感じ!
いつかは行ってみたい国。。。


Quem - Jorge Vercillo e Luana Mallet (Audio)


| コメント(4)


20170507.jpg

GWは良いお天気に恵まれて
ホントに気持ちのよい毎日でしたね。
関東地方だけかもしれませんが、
こんなにお天気続きの連休は本当にありがたいです。
お天気が良いと気持ちが明るくなる!

それに今年のGWは
気持ちが明るくなるようなことにたくさん出会った
ご褒美のような一週間でした。
家族の体調が心配な一週間でもありましたが
ひとまずは最後の最後で心配から抜け出せたし
この一週間の間にいろいろなことを
アウトプットしてインプットできました。
がんばれる気持ちになりました。
感謝です!

TMaMも心機一転、
いろいろ動き出さねば、ということで
サイトもリニューアルしました。
6/7(水)のライブも
新しい場所でのライブです。
ちょっとずつではありますが、
もっと露出していく方向。(服装とかではなく 笑)
あれこれ考え込まないで
とにかくやれるときにやらないとね!

昔よりどんどん腰が重くなっていますが、
ありがたい助言やアドバイスのおかげで
やっと動き出せそうです。

いろんなところに目を向けると
大変ではあるけれど
音楽を作ることは本当に面白いと思うのです。

自分たちの世界観がどれだけ表現できるのか。
学ぶべきことが多くてワクワクしてきました。

今日の音楽はワクワクをくれたバンドの一つ、
シンガポールの素晴らしいバンド、
The Steve McQueensの「Seamonster」。
魅力的な歌声に、独特な世界観。
初めて聴いたときは北欧系のバンドなのかと思っていました。
そしたらアジアンじゃないですか!
こんなワクワクはありません!
シンガポールを飛び出し
今ではいろいろなところに飛び回ってライブをしていたり...。
アルバム全体を通して本当にステキな曲ばかり。。。

ほら、もうワクワクするでしょう!

シンガポールにも興味が湧いてしまう...。

PVと
スタジオライブ映像と
来日されたときのライブ映像をぜひ。


The Steve McQueens - Seamonster


Lush 99.5FM x Rdio present: 50 Songs in 50 Days ft. The Steve Mcqueens - Seamonster (Original)


The Steve McQueens - Seamonster LIVE @ TOKYO Moon Romantic/月見ル君想フ

ほんっとに偶然ですが、
私、Steve McQueenも大好きなんです。笑


| コメント(2)


20170504.jpg

GW後半の初日は友人と赤羽へ。
彼女がある漫画を読んでぜひとも行ってみたい場所、
ということで半日かけて探索。
探索と言っても、場所を3箇所変え
ただひたすら話をしていたのですが...。笑
お互いのよいところもわるいところも
敬意をもって話せる友人がいてくれることは
本当にありがたい。

陽気が良いので2箇所目は赤羽公園へ移動。
これがホントに気持ちがよくて...。
いつまでも見ていたい緑が広がっていました。

私は30歳を過ぎた頃、
赤羽で働いていたことがあったので
赤羽駅周辺はちょっと土地勘があるのですが、
それにしても変わった。。
とってもきれいになったし、
すごくオシャレなお店が増えました。
センベロで話題になっているエリアも
以前はあんなオシャレ感や賑わい感・特別感はなくて
あのおでんやさんも
あのうなぎやさんも
特別なものではなく
地元のみなさんの日常の一部だった。
話題になる、っていうことは
すごく変化をもたらすことなんだなぁ、って思いました。

赤羽公園から戻って日が暮れてきても
センベロエリアは更に人が増えていて
どこも入ることができなかったので、
別のエリアに移動。
そこで出会ったお店が最高でした。
これぞ私が知っているステキな赤羽!
もう次からは、
赤羽、と言ったらココに来よう!笑

友人との会話はいつまでも続けられるのですが
お店の方のラストオーダーですが、、、の一言に
我にかえり、後ろ髪ひかれつつ
赤羽を後にしました。

こんな特別な日を楽しみに
また日々がんばりましょう。

私の一番好きな季節。
新緑が美しくて
適当に曇っていて
風が気持ちよくて...。

今日の音楽は
そんな時にぴったりなこの曲を。
イタリアのクロスオーバー的なグループ
GAZZARAの「Verdade Ou Magia」。
イタリアのブラジリアンミュージックは
ホントに良いグループが多いなぁ、と思います。

それに、この曲はなんといっても
ボーカルのゲストにイタマーラ・コーラックスさんが参加!
彼女の歌声でさらにブラジルの風が
軽やかに流れます。
心地よい、気持ちの良いサウンド、
今の季節にぴったりです。


GAZZARA Verdade Ou Magia


| コメント(2)


20170501.jpg

先週末、吉野美知子さんのライブに
沼袋Organ Jazz Clubに行ってまいりました。

吉野先生には20代の半ばからもうずっとお世話になりっぱなし。
Jazzの面白さ、クリエイティブに生きることの楽しさを今も教えてくれる大先生です。

私が一山超えなくてはならない時、
いつも支えてくださいました。
こうして20年も先生と交流させていただけること、
本当にこのご縁に大感謝です。

そして、この夜の先生のライブが
本当に素晴らしかった。

一人で沼袋に行き、
カウンターで先生の世界を聴くことが
自分へのご褒美でもあり、
かつ、自分へ喝を入れるためでもあるのです。

先生は本当に素晴らしい。

私が先生の年齢になったとき、
先生のように歌い続けることができるのだろうか。。

ますます美しく、
透明感と優しさ、そして強さを生み出す世界を創り出す先生を
やっぱり尊敬せずにはいられないのです。

先生の歌を聴きながら、
いろいろな想いが駆け巡りました。

いつも、
かっこいいことを自ら見せてくれて
道を示してくれる先生がいてくれるから
もっとがんばらねば! と思うのです。

先生。
ありがとうございました。。。

そんなわけで今日の音楽は
レッスンを受けていたときに歌わせていただいた
コール・ポーターさんの「I Concentrate On you」を。

この曲、先生に教えていただいたKitty Margolisさんの
このライブアレンジが大好きで、
当時、ブラジルバンドでも
ブラジルじゃないけど、ボサのリズムだし!!とかなんとか言って
歌わせてもらいました。笑
ああ、また歌いたいなぁ。

この曲を聴くと、やっぱりノスタルジーで
胸がきゅんとします。
そんな音楽の魔法がステキ。
音楽はいつもいろいろな想いの風を運んでくれますね。


Kitty Margolis / I Concentrate On You

後に、 Joyce coolingさんの「it's you」は
このKittyさんが作られた曲だと知って、
これまた感動したものです。

Kittyさんの「It's You」がこちら。


Kitty Margolis - It's You

そしてJoyceさんの「It's You」がこちら。


Joyce cooling - it's you

そして、JoyceさんのIt's Youで歌っているClaudio Amaralさんは
もうめちゃくちゃ大好きなViva Brasilのリーダー!

もうね...、
クラウディオさんの歌い方がホントにホントに好きです!
Joyceさんの旦那さまはViva Brasilのメンバー。
このIt's Youでもキーボードを弾いています。

そして、大好きなクラウディオさんの歌声で最高なのが
Viva Brasilの「Sonhos」。
iwashiでも定番の曲。

何年もかけて、ずっと好きなもので繋がっていくことの
感動と喜び。
これも音楽の魔法!


Sonhos - Viva Brasil ( from the Festa Album)


| コメント(2)


2017年5月

Su Mo Tu We Th Fr Sa
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      











月別 アーカイブ